鹿児島市の黒豚の人気とんかつ店。

鹿児島中央駅の南約250mにある。

片流れ屋根の&アイボリー色の3階建で、1階が店舗になってる≫人気blogランキング



鹿児島中央駅の東口ロータリーから、南へと伸びてる細い道を100m行ったところにある。

2012年に、店主の急逝により閉店したが、常連客の瀬戸口精肉店社長が2013年5月25日、再開した。遺族らの協力で味を再現したらしい。



玄関横のショーケース内に、料理見本が並んでた。



店には、開店30分前の11時に到着。客の姿はまだなく、だれも並んでいなかったので、観光がてら周辺を散策。開店時間数分前に戻ったら、行列ができていた。慌てて、列の後ろに並んだ。

開店時間きっかりに店がオープン。開け放した玄関ドアの内側の接客係の男性にいらっしゃいませと迎えられて、店の中へ。

意外に奥行きのある店内は、縦に長い長方形型。正面奥へと通路が伸びてて、通路左手が小さめのテーブル席(2人×6、4人×1)、左手が小上がり席(4人×3)になってて、奥が厨房になってた。

列の先頭の人から順に、テーブル席に座っていった。混み合う時は、小上がり席は、相席になりますとのこと。

接客係3人(30代位の女性、20歳位の女性、若い男性)が、客席〜厨房を行ったり来たりしながら、席への誘導、お茶運び、オーダーとり、配膳下膳を行ってた。

厨房は棚などで隔てられ、奥では調理を、手前側では、お茶の準備など、接客に付随する作業を行ってた。奥の厨房はほとんど見えず、担当はどんな人か見えなかった(男性と、若い女性っぽい影が見えたような気がした)

 


平日だったので、ランチメニューも3種あったが、ちょっと考えて、上黒豚ロースカツ¥2500と上黒豚ヒレカツ¥2500を注文したら、上黒豚ロースカツと上黒豚ヒレカツは、揚がるのに15分から20分の時間がかかりますと言われた。



テーブル上には、木蓋を載せた、ソースの壷が3つ(左から、ゆず味噌タレ、しょうゆタレ、ソースタレ)並んでた。



塩、からし、マヨネーズは、希望すれば持ってきてもらえる。

ランチメニューの川久ランチ(ロース&ヒレの盛り合わせ)¥1100が人気のようで、食べてる女性グループもいたが、観光客っぽい男性客らは、グランドメニューの、黒豚ロースカツ定食¥1900や、上黒豚ロースカツ定食を注文してる人もチラホラいた。

席と席との間隔が狭めなので、周囲の人たちの注文した料理がよく見えた。

川久ランチは、ロース&ヒレの盛り合わせで、ロースもヒレも肉の厚みが1cm弱程とやや薄く、大きさはハーフサイズ程の小さいものだった。ロースかつランチは、肉の厚みが1cm強程で、サイズは若干小さめだった。グランドメニューの黒豚ロースカツは、肉の厚みが2cm位あって、サイズもちゃんとした大きさのものだった。

値段に応じて、肉の厚みと、サイズ(表面積)も大きくなっていた。

ちょっと待ってたら、黒いお盆で料理が運ばれてきた。



上黒豚ロースカツ ¥2500 +川久コロッケ

上黒豚ロースカツは、黒豚ロースカツよりひと回り程大きいサイズで、厚みもしっかりあった(3cmくらい)。細めのパン粉をムラなくまぶして、こんがりと揚げてあって、キャベツ、レモン&パセリを添えて、ごはん、みそ汁、ポテトサラダ、漬物、ソース用の皿が付いてた。

鹿児島中央駅に見つけた無料冊子のクーポンを持参したので、川久コロッケをサービスでつけてもらえた。

厚みのある肉の中央部分が、ほんのりピンク色で、肉汁がうっすら染み出てて、火を通しすぎない加減で揚げてあるよう。食べてみると、しっとりとしてて肉らしい繊維感&弾力が感じられる。

くさみなく、やわらかで、脂身の部分もくどさ無く、ジューシー。が、薄めに均一に付けてある衣が、ぺろんと薄皮を剥がすように肉から離脱してしまう。金網の上には載せてあるが、カツの下の部分の衣が、特に剥がれやすく、一度に半周くらいの衣がとれてしまって、剥がれた衣を肉くっつけるようにしながら食べ進んだが、やはり一体感は控えめだった。

ソース3種は、ゆず味噌タレは甘口で、しょうゆタレは、甘みのあるポン酢風。塩(粗塩だった)で食べたら、塩が勝ちすぎで、結局ソースがいちばん食べやすかった。

川久コロッケは、厚み2cmくらいで、サクッと揚がった衣の下に、ふわっとしたジャガイモの層があった。加糖などによる、わざとらしい甘さなく、玉ねぎだけのナチュラルで、やさしい味わいのコロッケだった。



上黒豚ヒレカツ ¥2500 +川久コロッケ

上黒豚ヒレカツは、楕円&筒状の形ので、厚みもしっかりあった。中央部分が、ピンク〜暗赤色かかった色をしてて、肉汁が滲み出してた。食べてみると、うっすら酸味っぽいにおいがして、ロースかつより、熟成感がある。肉は柔らかだが、ポロポロ解れるような食感で、弾力などはあまりなかった。ロースカツよりも、衣が剥がれやすく、食べるのにちょっと苦労した。

ごはんは、ちょっと艶がなく、薄口仕立てみそ汁は、ダシの風味も薄く、漬け物は、市販品っぽく、ポテトサラダは、ほんのり甘めのものだった。

鹿児島中央駅から徒歩3分程の便利な場所にあって、観光客が立寄りやすい。老舗とんかつ店の雰囲気で、人気があるよう。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■『とんかつ川久 』
 鹿児島県鹿児島市中央町21-13
 電話:099-255-5414
 営業:11:30~15:00
    17:00~22:00
    (LO21:30)
 定休日:火曜、1/1~2