くら寿司の新メニュー「赤鶏ゆずうどん」。

今月25日に発売開始。

北大路欣也が、食べるなり満面の笑みを浮かべるCMを見て、気になって行った≫人気blogランキング

 

受験シーズンだが、ダジャレっぽい合格祈願メニューというのがあって、商魂たくましい。

2014年12月は、『魚べい』『くら寿司』ともに、前年度比で客数が減り、売上げも減少しているよう。

 

赤鶏ゆずうどんは、メニュー表には載ってなくて、独立して掲げられてた。

 

タッチパネルで注文すると、5分程で上段の高速レーンで、蓋付きの丼に入ったうどんが届いた。

蓋が開かないよう、輪っか式のクリップみたいな器具で、しっかり密閉されてた。



赤鶏ゆずうどん ¥360

クリップ風の器具を外すと、茶&縁が朱色の丼が現れた。

・うどん…幅約5mm、やや平たい角麺
・つゆ…醤油色ややうすめ、まろやか
・具…赤鶏(スライス)、柚子、ねぎ

茶色の蓋を開けると、柚を中央にトッピングした状態でうどんが入ってた。

つゆ表面に、うっすら油分が浮いてるが、ほとんど油っぽさはなく、つゆ本来の、まるやか&あっさりとした味わい。うどんは、断面長方形の角うどんで、形が整ってて、つるつる滑らか&適度にコシがあって、冷凍麺のよう。量は1人前まではなくて、3/5〜2/3程か?

ラーメンの焼豚風に、赤鶏のスライス(皮付き肉)5枚が載ってた。テレビやポスターのより、サイズが小さく、その分枚数が多めになってる。皮表面が焼き色っぽい茶色になってるが、皮自体にパリパリ感や香ばしさはなく、見た目重視でつけた焼き色のよう。均一ではない細長い形の鶏肉で、しっとりめでパサつきなく、弾力もあった。

柚は、風味はあるが、冷凍品っぽく、しんなりとしてて、ネギは、九条ネギとかではなく、通常の長ネギの薄めにスライス青い部分が多めに入ってた。

柚の香りがふんわりと漂い、上品なうどんになってる。



左:かけうどん(平日限定)¥130
右:赤鶏ゆずうどん

黒塗りの丼に入ってる、かけうどんと比較してみた。
・麵&つゆ…同じもの
・具…揚げ玉、ねぎ

麵&つゆは、同じものが使われてるよう。揚げ玉が多めに入ってるので、かけうどんはかなり油っぽい。うどんの量は、1人前よりかなり少なめで、1/2くらいか?



丼は、色が違うが、形&サイズは同じものだった。

うどんのダシは35年の歳月を費やして完成した、こだわりの「7種の魚介だし」、と店は派手に宣伝するが、実のところは、35年前に創業した時から、うどんなどでダシは使ってて、35年の間に変えてきて、今回またこのうどんのために変えてみた、というだけでは?

このダシの風味に合う具材として、赤鶏が選ばれたよう。


かけうどん &ちびころチキン ¥100

かけ+サイドメニューのちびころチキンを追加した方が、サクサク感もあって、ちょっと楽しく味わえる。(投入せずに、つゆに浸しながら食べる)。

肉類が入ったうどんが好きな人なら、この組み合わせで食べるのが私のおすすめ。たったの¥230。

唐揚げうどんと言えば、我孫子駅、天王台駅の立ち食い蕎麦が知られているが、くら寿司で食べられるなら便利。


合格!とん勝つにぎり ¥100

合格!とん勝つにぎりは、そぎ切りにしたソースカツが、シャリの上にのってて、マヨネーズがトッピングされてた。

ソースカツは冷たく冷えてたが、面白さ狙いの縁起物メニューって感じ。

くら寿司は、ラーメン、豚丼などサイドメニューが豊富で、寿司を食べない人が行っても楽しめるようになってる。ラーメンやうどんは、本格的に食べたい人には、熱々ではないし、ボリュームも少ないので物足りないが、
ついでに少し食べたい人には便利な品。

赤鶏ゆずうどんは、平日限定品のかけうどん¥130円と比べて¥230も高いので鶏肉が若干ボリューム不足の印象があるが、上品な味で、ちょっと高級な物を食べたいという欲求を満たすのに良さそう。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■『無添くら寿司』
 営業:11:00~23:00
 定休日:無休