龍ケ崎市にある、自家製粉のそば店。

寄棟和風の2階建てで、1階が店舗になってる。

店頭に7〜8台分の駐車スペースがあった≫人気blogランキング



佐貫駅の約1.2km南東にある。県道5号沿いに、大きめの看板が出てた。



建物東側が玄関になってて、古典的な店構え。



玄関脇に料理見本が並んでる。紺地の暖簾をくぐって、店内へ。



店内は、やや縦に長い形。正面奥へと通路が延び、通路の右の窓際に小上がり席(4人×4)があり、左側にテーブル席(4人×3、2人×1)があった。

いらっしゃいませ、と40代位の接客担当の女性に迎えられて、空いてる席に座った。

テーブル席は、中央に凹凸のある太い飾り柱を設置し、小上がり席は、緩く傾斜網代天井+透かし彫りのある欄間があるなど、あちこちにこだわりが感じられる凝った造りになってた。



メニューから、もりそば¥472などを注文した。

テーブル席の左手奥が広めの厨房になってて、40代位の男性と女性が働いてて、店主夫妻のよう。客席側にいた、パート風の接客係の女性と3人で切り盛りしてた。

ちょっと待ってたら、料理が運ばれてきた。



もりそば ¥472

もりそばは、太さ2mm程に整った、薄茶色のそばで、長方形型の器に盛られてた。口に含むと、そばの香りが軽やかに感じられて、甘さ若干抑え気味の中口タイプのそばつゆと薬味(ねぎ、わさび)が添えられてた。

長さがしっかりあって、そばの風味とともに、のどごしよく食べらた。



玉子とじそば ¥577

玉子とじそばは、つゆがほんのり甘口&マイルドでやさしい味わい。とじた玉子の上に、多めの刻みのり、ほうれん草、なるとがトッピングされてて、玉子とじ&花巻風に食べられた。



かつ丼セット ¥945

カツ丼セットは、中盛りのカツ丼&そばのセット。そばは、かけ(orもり)で注文した。

かけそばは、シンプルで素朴な味わいで、カツ丼は、ごはんの上に、ほどよい味加減のダシ&玉子でとじた、厚みのあるトンカツが載ってて、グリンピースが散らしてあった。

これに、みそ汁、漬け物、小鉢(冷や奴)、薬味が付いてて、しっかり満足できた。



天もり ¥997

天もりは、もりそば+天ぷら5点(海老2ヶ、なす、ピーマン、かぼちゃ)、そばつゆ、薬味が付いてて、そばつゆ用の小丼の中に、大根おろし&三つ葉が入ってた。

天ぷらは、少し厚みのある衣で揚げてあって、素材の味をやさしく包み込んでた。

 

左:ミニ天丼 ¥420
右:ミニ親子丼 ¥367

ミニ丼は、セットメニューの丼(中盛り)より、量が少し控えめになってるよう。

ミニ天丼は、ごはんの上に、海老2ヶ、ピーマン、なすが載ってて、タレがやや控えめにかけてあった。ミニ親子丼は、少し甘めのダシでとじた玉子の中に、鶏肉が多めに入ってて、ミニ丼ながら食べ応えがあった。



温かいそばは、重量感のある高足丼によそってあって、冷めにくい。



なべ焼うどん ¥1050

鍋焼きうどんは、大きめサイズの手提げ鍋で運ばれてきた。

木蓋を開けると、5mm程の太めのうどんの上に、海老天、ミニ帆立、ゆで玉子1/2、玉子焼き、かまぼこ、なると、長ネギ、丸麩、しいたけ、たけのこ、わかめが載ってた。

うどんがコシがあって、具の種類が多くて、盛りだくさんな内容の鍋焼きうどんだった。


そば湯

そば湯は、うっすら濁ったナチュラルなそば湯だった。

店内には、そばつゆのにおいが漂ってて、そそられる感じ。このあたりの人気店のようで、昼時は、客が途切れず来ててずっとほぼ満席だった。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■そばの坊『富良野』
 茨城県龍ケ崎市南中島町75-1

 電話:0297-66-8973
 営業:11:00~15:00
    17:30~21:00
 定休日:水曜日