株式会社ブルボンのロングセラー菓子。

品名は、表面にねじれ模様が付いてて、ロータリー式の機械で製造していることから、付けられた。

いかがわしい感じもあるが、ロリコン(ロリータコンプレックス)という言葉が生まれる(昭和50年頃)より前の昭和40年(1965)に発売された≫人気blogランキング



外袋を開けると、甘いにおいが漂い、プラスチックの透明トレイの中に、15本が並んで入ってる。約¥100で売られてる。

ブルボンの袋入の菓子の中で、最も古い。

・ルーベラ(昭和47年発売)
バター風味濃厚なラングドシャータイプのクッキー
・ルマンド(昭和49年発売)
ココアクリームでコーティングしてある、薄い生地を重ねて層状にしたクッキー
・バームロール(昭和53年発売)
ホワイトクリームでコーティングしてある、バームクーヘン風のミニロールケーキ
・チョコリエール(昭和52年発売)

新潟で生まれ育った私は、本社が新潟県柏崎市のブルボン商品とのつきあいは長く、社名が「北日本食品工業株式会社」だった頃から、食べてる。

今でこそ、クッキー&チョコ、ビスケット&チョコ、アイス&クッキーなど、組み合わせた商品が豊富だが、ホワイトロリータが発売された頃は、菓子の種類は少なく、マーブルチョコレートやフィンガーチョコレート、一斗缶入りの、かっぱえびせんなどがおやつ主流の時代だった。

昭和40年代半ば頃から、流通が盛んになり、我が家の仏壇にも、和菓子や果物以外にも、様々な洋菓子が供えられるようになった。



表面にスクリュー模様のある、かまぼこ型の棒状クッキーで、ホワイトチョコ風の白いクリームでコーティングしてある。キャンディー(飴)風に、両端をねじって包んであって、包みを開けると、白いクリームの下には、サクサク軽やかな食感のクッキーが入ってる。

甘さが強いので、コーヒーにぴったり。

ホワイトチョコレートという概念もない時代に、フィンガーチョコレートのハイカラバージョン的に登場した。斬新な外観&味で、初めて食べた時は驚きだった。

当時すでにあったフィンガーチョコレートは、チョコレートがかかってる、小指くらいの棒状のビスケットで、1ヶづつ銀紙に包まれてた。チョコレートは、あまり滑らかではなく、中のビスケットも乾燥ぎみで、ザクザクとした食感で好きではなかった。




菓子には、贈答用にデパートなどで売られる高級品と、スーパーなどで売られてる手頃価格品がある。ブルボンの商品はどれも手頃価格だが、デパートで売られる高級品のそれぞれに似た製品がある。私はその両方を食べ比べしながら育った。

ルーベラ    vs シガール(ヨックモック)昭和44年発売
バームロール vs バウムクーヘン(ユーハイム)
ルマンド     vs エコルセ(本高砂屋)昭和45年発売
ロアンヌバニラ vs ゴーフル(風月堂)
2つ並べて食べ比べれば、味や食感の違いは大きくないのに、ブルボンの製品はずっと低価格。普段食べるならブルボン製品がお得。



ブルボンのお菓子は、お手頃価格なのに子供の夢や希望が詰まった味に仕上がってる。

私にとっては、懐かしいおやつ。これをたべれば童心にもどれる。

株式会社ブルボン ホワイトロリータ
 新潟県柏崎市松波4-2-14
 お客様相談センター
 0120-28-5605