阿見町に30年以上前からある、チャイニーズ店。

方形屋根の薄いピンク色の2階建て。1階部分が店舗になってる。

茨城県立大医療の南西1kmにある≫人気blogランキング



建物南西側に駐車場になってて、送迎用のバスも止まってた。

この道路沿いは飲食店が多く、プチグルメ通りのよう。蕎麦屋ちまたの150mMetre北東にある。



白地の暖簾をくぐり、自動ドアから店内へ。

 

店内は正方形型。左奥に広い厨房があって、その手前にテーブル席が2列に配置されてて、通路を間に、右手にお座敷が3室ほど並んでた(襖を開け放すと、宴会用の広間になる)。

いらっしゃいませ、と50代位の女性に迎えられて、席に座った。



広い厨房では、白髪まじりで調理着を着年配(60〜70代位?)男性2人と50代位の女性1人が働いてて、客席側には、接客係の女性1人がいて、4人で店を切り盛りしてた。家族経営っぽい和やかな雰囲気。

 


メニューから、タンメン¥630、サンマーメン¥730などを注文した。

厨房から、中華鍋で炒め物をしてる、カンカンという音が聞こえてきた後、黒いお盆で料理が運ばれてきた。


タンメン ¥630

タンメンは、縮れた細麺の上に、炒め野菜がたっぷりのってて、熱々で、ボリュームたっぷりだった。


サンマーメン ¥730

サンマーメンは、醤油スープ&縮れた細麺の上に、軽い塩味の餡で絡めた具(豚肉、キャベツ、たけのこ、もやし、ニラ)が載ってた。

醤油スープには、煮干しっぽい風味も感じられて、食べ進むにつれて、醤油味のスープと、軽い塩味の餡とが混じっていく。一体感があるようで、ないようで、ちょっと個性的なラーメンだった。トロミがついてるので、冷めにくく、体が温まる。


スブタライス ¥1090

スブタは、通常の赤っぽい色をしてなかった。大きめサイズの豚肉(約2×2×5cmの拍子切り)が5〜6ヶ、大きめの野菜(玉ねぎ、人参、ピーマン)&椎茸の中に、ゴロゴロと混じってて、茶色の餡で絡めてあった。酢が入ってて、酸味が効いてるが、酢豚というより、煮込み料理みたいだった。

これに、ごはん、スープ、漬け物が付いてた。


チャーハン ¥680

チャーハンは、焼豚、玉子、なると、青ネギなどが入ってて、全体が醤油色に炒めてあった。少ししっとりとしてて、食べやすく、スープが添えてあった。


野菜炒め ¥450

野菜炒めは、楕円皿のこんもりと盛られてた。豚肉、キャベツ、もやし、ニラ、人参、玉ねぎ、竹のこが、強火で炒めてって、水っぽさなく、シャキシャキとした食感だった。

>
餃子 ¥320

餃子は、こんがり焼き色が付いてた。つるんと滑らかで、口当たりがいい皮の中に、ニンニク強めな具が入ってて、ちょっと刺激的な味に仕上がってた。

昼時になると次々と常連らしき客が入ってきた。手頃な値段で懐かしい味なので、入り客が多いようだったのは納得できる。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■『こむろ』
 茨城県稲敷郡阿見町阿見4792-5

 電話:029-887-1424
 営業:11:30~20:30
 定休日:水曜日