かっぱのイラストが目印の回転寿司チェーン。茶碗蒸し食べ歩きシリーズ第3弾。

数年前は、茨城県南のあちこちに店があったが、土浦店→魚べい、牛久店→焼肉きんぐ、などに変わり店舗が減少。

現在、県南では、龍ケ崎、守谷だけになった(茨城県内に6店)≫人気blogランキング



かっぱ寿司は近年、経営が悪化。元気寿司との統合の話もあったが、「株式会社コロワイド」(本社:横浜市西区)が、カッパ・クリエイトホールディングスを買収し、「株式会社コロワイド」の連結子会社(孫会社)となった

「株式会社コロワイド」は、居酒屋「甘太郎」を主軸に、レストラン、和食、ラーメンなどの飲食チェーンを運営する企業。レストラン「ステーキ宮」、焼き肉チェーン「牛角」、しゃぶしゃぶ 温野菜なども傘下にある。
「肉」を中核とするレストランの比率が高かったが、「鮮魚」を中心とする「かっぱ寿司」を加えて、グループ内における「肉」と「魚」の食材比率のバランスをとり、経営の安定化を図るよう。



左:特選茶碗蒸し  ¥194
右:カニあんかけ茶碗蒸し ¥194

特選茶碗蒸し¥194が定番品で、今は季節商品のカニあんかけ茶碗蒸し¥194もあった。

タッチパネルで注文すると、上下2つあるレーンの、上方の特急レーンで運ばれてくる。

茶托風の赤い浅皿の上に載ってる。



黒地&白い模様のちょっと高級感のある器に入ってて、プラスチック製の蓋がかぶってる。

定番品の特選茶碗蒸し¥194を食べてみた。


◎特選茶碗蒸し
具…三つ葉少、きのこ(椎茸、しめじの軸?)
  小海老、ピンクのかまぼこ、鶏肉?

蓋を開けると、三つ葉が少量、申し訳程度にトッピングされてる。

茶碗蒸しの生地表面を埋め尽くすように(面積の半分以上を占めてる)、きのこが大量に浮かんでた。1ヶづつ取り出すと、椎茸よりも、しめじの軸風の部分の方が大量に入ってた。やや黒ずんでて、きのこの風味は控えめで少し苦みがあり、乾燥品のよう。



きのこがとても多く、全部取り出したら、生地が凸凹になってしまった。生地のプルプル感が好きな私にはショック。気を取り直して、茶碗蒸しを上方から、水平にすくうように食べていく。



半分もいかないうちに、固形の物体がスプーンにあたった。取り出すと、ピンク色の物にクリーム色の物が付着する謎の物体だった。食べると、ピンクの部分が鶏肉で、クリーム色の部分が、皮や皮下脂肪のよう。ぽってりとした食感で、クリーム色の部分は脂っぽくて、若干苦みがある。冷凍や化学処理などによって、こんな状態になったのかも。くっついて塊っぽかったが、量としては多めだった。


取り出した具

さらに、ピンクのかまぼこ、小海老も入ってた。かまぼこはピンク色が生地の方に移ってて、かまぼこ自体のピンク色は色があせてた。小海老は透明だった。

茶碗蒸しは、具が多めだが、具に使われてるきのこ、かまぼこ、鶏肉などの質が正体不明で、生地の食感を損ねるだけでなく、味すらも損ねてた。

数年前食べた時はもっと良かったが、買収された後、品質の向上はなされるのか。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

『かっぱ寿司』

 営業:11:00~23:00
 定休日:無休