龍ケ崎駅近くにある和菓子店。

南北に細長い、黒い縦板外壁&寄棟屋根の2階建て。

店頭に栗蒸し羊羹の張り紙が出てたので寄った≫人気blogランキング



県道121号沿いにある。

道路を隔てて向かい側の空き地が駐車場になってた。



自動の玄関扉を開けて店内へ。



店内は横に細長い形で、商品の並んだショーケースが左右に分かれて設置されてた。

左のショーケース内には、栗きんとん、栗蒸し羊羹などの上生菓子が並び、上には、羊羹や最中など、少し日持ちする品が並んでた。

 

龍ケ崎太鼓の並んだ竹箕を挟んで、右手のショーケース内には、まんじゅう、だんご、かんぴょう巻きやいなり、太巻きなどの寿司が並んでた。

ショーケースの向こう側にいた、50代位の女性に、いらっしゃいませと迎えられて、並んでる品を少し眺めてから、栗蒸し羊羹¥173と龍ケ崎太鼓¥146を購入した。

 

龍ケ崎太鼓は、赤帯(小豆こしあん&求肥)と茶帯(白こしあん&求肥)の2種あるが、この日は、茶帯は売れ切れてたので、赤帯のみを購入した。




栗蒸し羊羹は、包装紙でくるんで、要冷蔵の青いシールをはってくれた。龍ケ崎太鼓は、消費期限が1週間ほどあるので、包装紙にくるんだ栗蒸し羊羹と一緒に、レジ袋に入れて渡してくれた。



栗蒸し羊羹 ¥173

栗蒸し羊羹は、約縦4×横4.5×高さ3cmの大きさで、重さ約75g。薄い透明ラップに包まれてて、底の部分に、原材料などの記されたシールがはってあった。

密度があってやや硬めの生地の中に、丸ごとの栗がくっつくように並べられて入ってた。トッピングなどないので、一見地味だが、栗が丸ごとたっぷり入ってて、栗のホクホク感と添加物の入っていない素朴な味わいの生地が合わさって、ナチュラルな味わいの栗蒸し羊羹だった。



龍ケ崎太鼓(赤帯)¥146

龍ケ崎太鼓は、どら焼きのアレンジバージョンって感じ。縞々模様の丸形の生地の間に、こしあん+求肥を挟んである。

約縦8×横7.5×厚み3.5cmの大きさで、重さ約99g。真ん中が厚みがあって、ずんぐりとした形になってる。

半分に切ってみると、中央部分に、こしあんと、5mm厚程のシート様の求肥が入ってた。縞々模様の皮はしっとり、こしあんは甘めでサラサラとしてて、もっちり粘りのある求肥によって、ボリュームのある味になってる。

龍ケ崎市の中心にあり、手頃な値段の和菓子で気軽に買える。常連客が多そうだったのも納得できる。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■御菓子処『てらだ家』
 茨城県龍ケ崎市米町3913

 電話:0297-62-0605
 営業:9:00~19:00
 定休日:水曜日