つくばみらい市にある懐かしい風情の食堂。

常緑樹の林の南側にある、黄唐茶色の木造2階建て。越屋根風の北西側が店舗で、裏手(南東側)が住まいになってる。

玄関前が駐車場になってた≫人気blogランキング



県道19号の東板橋交差点の1.2km程北の鋭角に交わる交差点にあるが、店はあまり目立たない。

近くにはレストランN'sがある。



店頭にメニューの掲示はなかった。紺地の暖簾をくぐり、玄関引き戸を開けて店内へ。



店内は横に長い長方形型。2列に配置されたテーブル席(4人×3、2人×1)があり、右手が厨房になってた。

いらっしゃいませ、と60代位のエプロン姿の接客係の女性に迎えられて、空いてる席に座った。厨房では、50〜60代位の女性が2人働いてた。ハスキーボイスの調理を担当してる女性が女将さんのよう。もう1人の女性は、野菜を切るなどの作業をしてた。厨房と客席側をいったりきたりしながら、配膳、下膳、会計など接客を担当してる人と女性3人で切り盛りしてる店のよう。



左手がお座敷席(4−6人×2)になってた。



厨房側の壁上部にメニューが掲示されてた。

定食、丼、麺類を中心にメニューは25種ほど。店名に魚の文字が入ってるが、エビフライだけで、魚料理はなく、鶏唐揚げもなかった。



タンメン ¥650

タンメンは、つるつるとした中細ウエーブ麺;の上に、豚肉&野菜(キャベツ、にんじん、玉ねぎ、ほうれん草)がたっぷりのってた。野菜は、しんなりやさしい食感で、サッポロの塩ラーメンに味が似てて、食べなれた味。



チャーハン ¥550

チャーハンは、ごはんと一緒に、豚肉、玉子、なると、長ネギを、少し多めの油で炒めてあった。玉子がまんべんなく混ざってて、香ばしくて、家庭的なチャーハンで、紅ショウガがトッピングされてて、スープが付いてた。



カツ丼 ¥750

カツ丼は、蓋付きの丼で運ばれてきた。蓋を開けると、撹拌しすぎてない玉子とじになってて(卵黄の部分と卵白の部分のある)、玉子の下には、厚さ3cm以上もある分厚いカツが入ってて、ちょっとびっくり。

玉子は全熟に近く、少し甘めのの味付けになってて、玉ねぎも入ってて、昔ながらのカツ丼っぽいのに、カツが厚みがあって、ちょっとワイルドで、男性客が喜びそうなカツ丼で、みそ汁、漬け物ふぁついてた。



肉入野菜イタメ定食 ¥700

野菜炒めは、厚めの豚肉+キャベツ、もやし、ほうれん草、人参が強火で炒めてあって、シャキシャキとした食感で、ボリュームがあった。これに、ごはん、みそ汁、漬け物が付いてた。

ごはんは、炊きたての丼めしで、みそ汁は大根&豆腐の家庭的なものだった。



ミソ焼定食 ¥800

ミソ焼き定食は、周りにいた数人が食べてて、この店の人気メニューのよう。

焦げ目をつけて炒めた、かなり厚め(6〜7mm位)の豚ロース肉3枚に、とろみのある味噌ダレをたっぷり絡めて、キャベツの千切り、きゅうり、トマト、輪切りのレモン、マヨネーズが添えてあって、ごはん、みそ汁、漬け物が付いてた。

甘くてしょっぱい、濃い味仕立て、味噌ダレは、厚めの豚肉にしっかり絡んでて、ごはんのおかずにぴったり。

ボリュームたっぷりで、おふくろの味が食べられる食堂。お昼時間を外しても、客が途絶えず、地域の人気店なのも納得できる。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■『魚光食堂 』
 茨城県つくばみらい市高岡835-26
 電話:0297-58-1281
 営業:11:00~14:00
    17:00~
 定休日:月曜
     火曜午後