つくば市竹園にある和菓子店。

下妻市の明和8年(1771)創業の『松皮煎餅』で有名な店の8代目が、新しい菓子を作るために平成16年秋にオープン。

暖簾はないが、木格子&天然木看板の老舗らしい店構え≫人気blogランキング



カスミ学園店の東側の道路に面した、6階建てマンションの1階のテナントの1つで、南側端にある。駐車場は、マンション横に2台分と、向かいの駐車場の一画にも2台分あった。

玄関ドアを開けて店内へ。



縦に少し長い方形の店内は、左手〜正面奥にL字にショーケースが配置されてて、その中と上に、商品が並んでた。

縦格子&白木を使った店内は、しっとり上品な雰囲気。店内奥右手には厨房があって、ここで菓子を作っているよう。

 

正面奥が詰め合わせや、やや日持ちのする商品のコーナーになってた。

ショーケースの向こう側にいた、40代位の男性と、60代位の女性にに、いらっしゃいませと迎えられた。



左手が上生菓子コーナーになってた。目当ての栗蒸し羊羹など5種類買うことに。




店の人の手が空いたので、購入する商品名を告げると、小さめのトングで、棚から品を取って、紙箱に詰めて、薄紫色のレジ袋に入れて渡してくれた。

家に持ち帰って早速に食べた。


栗むし羊かん ¥185

栗蒸し羊羹は、約縦3×横4×高さ3.5cmで約59g。上と下の面が凸凹してて、透明ラップに包まれてた。ラップは、しっとりしめってて、シロップ風の水分が若干染み出てた。

羊羹の生地は、固めで、ところどころ、こしあんっぽい粉粉感があって混ざり方にムラがあるよう。生地の中には、大中小の栗がアバウトに混じってた。羊羹の生地も栗も甘めのタイプ。


薄皮まんじゅう ¥134

薄皮まんじゅうは、約直径5×高さ2.5cmで約51g。しっとりとした茶色の皮の中に、粒あんがたっぷり入ってる。私の好きな柏屋の薄皮饅頭と比べえると、皮はやや厚めだった。


豆大福 ¥124

豆大福は、約直径5×高さ3cmで約61g。塩の効いてる粒あんが、少し塩気のある薄手の餅生地に包まれてた。餅生地の中には、薄い塩味の黒豆が4ヶ入ってて、全体に塩味の効いた豆大福になってた。


道明寺 ¥155

道明寺は、約5.5×3.5×高さ3.5cmで約62g。米のつぶつぶ感やや控えめの餅皮の中に、滑らかなコシ餡が入ってた。桜の葉に包まれ、桜の香りが漂い、春を先取りしてる気分。


薯蕷まんじゅう ¥175

薯蕷まんじゅうは、約直径4.5×高さ3cmで約45g。気泡っぽい小さな穴の開いてる薄い黄色の皮でコシ餡が包まれてて、柚に似せて作ってあるよう。ゆずの風味もふんわり感じられた。

インテリアは老舗の和菓子店らしくしっとり上品で、しかも新しい。各商品は、1つ1つが意外にお手頃な価格になってて買いやすい。経営が上手らしく、常連客が多そうだった。自宅用と答えたために、きれいな包み紙をかけてもらえず残念だった。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■手づくり和菓子『翁屋(おきなや)』
 茨城県つくば市竹園2-14-1
  グランデュール竹園 1F

 電話:029-855-4300
 営業:9:00~19:00
 定休日:月曜日