明治5年創業の水戸の和菓子店『あさ川』。茨城県中心に48の店舗を有する。

ショッピングセンターやスーパーなどに店があるので、買い物ついでに和菓子が買えて便利。

栗葉&イガのぼかし柄の和紙風袋に包まれてる≫人気blogランキング



1棹 ¥556。小さめのサイズのが1棹単位で販売されてる。

和紙(袋)の中には、プラスチックケース(上:透明、下:黒)に入れて、透明ビニールで密封された状態で入ってた。

プラスチックケースの底の部分に、シロップ風の水分が少したまってて、生地からしみ出した糖分のよう。



合成保存料は使われてないが、賞味期限は、買った日の4日後と、栗蒸し羊羹としては、やや長めなので、ゆっくり食べられる。

栗蒸し羊羹の幅より、ケースのサイズ(幅)が大きめなので、ちょっと偏って入ってた。



袋から取り出して、ケースの蓋を開けると、中に、約縦3.5cm×横c16m×高さ2.5cmで、上に栗5ヶが1列にトッピングされた栗蒸し羊羹が収まってた。

栗が、ほぼ等間隔に配置されてるので、5つに切り分けると、1人分にちょうどいいサイズ&量になる。(1棹約240gなので、約48g)



羊羹の生地は、ちょっと硬めで、蒸し羊羹特有のもっちり感は控えめで、生地の中にも、ところどころに小さめの栗が混ざってた。栗は、ほっくり硬めで、生地に半ば埋め込むように、トッピングされてて、表面が乾燥防止と艶出しの寒天コーテーィングされてた。羊羹の生地も栗も、適度な甘さで、和菓子らしさが味わえる。

手作りの和菓子店の栗蒸し羊羹と比べれば、むっちり感など栗蒸し羊羹の鮮烈さは控えめだが、保存料が入ってないのに、賞味期限が長めで、大きさ、値段も手頃で、スーパーなどにあるので、毎年よく買ってしまう。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

『銘菓の老舗 あさ川』
 茨城県水戸市千波町2309-2
 電話:029-247-8080