高速道路のお弁当「どら弁当」と笠間市のB級グルメのコラボ弁当「笠間いなり」。

友部SA、笠間SAでの限定販売。

季節毎に変わる。秋バージョンが出たので買った≫人気blogランキング



友部サービスエリア上りのコンビニで買った。

 

レジ横の冷蔵コーナーの一番下の段に並んでた。すぐ上の段には、「そばいなり」が陳列されてた。



直径16.5cm×高さ5cmの八角形のお弁当としては、ちょっと小ぶりなお弁当箱の中に、
具の異なる5ヶのいなり、厚焼玉子、甘納豆、漬物が入ってて、¥700。
いなりの具は、季節ごとに変わる。



正面脇に貼られてる、原材料と値段の書いてあるシールを剥がして、その下にある、箱外周にぐるりとかかってる、ゴールド色をはずすと、八枚の羽を広げたように、蓋が開くようになってる。(羽の一枚が弁当箱の底にくっついてて、パラッと下におちない)。



蓋を開けると、いなりにラップフィルムを掛けて、その上に、伸縮式の箸、おしながき、笠間マップ、紙おしぼりが入ってた。



フィルムと、その上のものを取ると、いなり寿司が現れる。

厚焼玉子、漬物、甘納豆を軸に、放射状にいなり5ヶが並んでた。いなりは、口を閉じずに、ごはんの上に、緑、黄色、ピンク、オレンジとカラフルな具がのってて、彩りがいい。

上から
◎菊とわさびのいなり
酢飯の中に、黄色の菊花を混ぜ込み、上に、刻んだ茎わさび、水菜がトッピングされてた。ぬめりのある茎わさびが、口の中で、酢飯とよくからみ、水菜の食感でみずみずしい味わいになてた。

◎レンコンとかんぴょうのいなり
酢飯に、刻んだかんぴょう&白ごまが混ぜ込んで、上に、梅酢でピンク色に染めたレンコンがトッピングされてた。レンコンの、しゃきしゃきとし食感と、さわやかな酸味がアクセントになってた。
◎ローズポークのすき焼きいなり
白ごまを混ぜた酢飯の上に、すきやき味で煮込んだ具(ローズポーク、えのき、長ネギ、しらたき)が載ってる。具が細かく切ってあって、それぞれの存在を主張しすぎず、一体化して、油揚&酢飯と馴染んでる。
◎秋の味覚のいなり:栗
古代米の混じったごはんの中に、刻んだ栗を混ぜ込んであって、中サイズの栗3/4ヶが黒ごまをまぶした状態でトッピングされてる。ごはんは酢飯ではなく、古代米の硬めで立体的な食感いよって、栗おこわ風。トッピングされてた栗が、ほっくり甘かった。

◎舞茸のいなり
白ごまを混ぜ込んだ酢飯の上に、醤油味でいりつけた、しめじ&舞茸がトッピングされてた。まろやかな醤油味のきのこと、油揚げとの醤油味の相乗効果で、酢飯を風味豊かに包んでた。

厚焼玉子は、ダシが上品に効いてる、出汁巻き。漬物は、大根&茗荷、きゅうりの2種。甘納豆は、デザートみたいだった。

 

笠間産のコシヒカリ、黒米など、地元の食材で作られてる。数限定で、その日製造した品は、その日のうちに売り切るので、人工保存料(ソルビン酸など)が入ってなくて、添加物も少なめで、体にやさしい。

いろんな味が詰め合わされてて、1人で食べてもいいし、おやつがわりに、分け合って食べてもいい。行楽のおともにぴったり。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

どら弁当『笠間いなり』
茨城県笠間市稲田4114
 電話:0296-74-3111
販売:8:00頃〜売れ切れまで