阿見町にある食事処。2007年3月7日にオープンした。

切妻交差屋根の淡いブルーの平屋建て。

建物前に数台分の駐車場があった≫人気blogランキング



県道34号の柏根交差点から、西に入って120m行ったところにある。

便利なところにあり、店は目立つが、幹線から少し入ったところにあるので、気付く人は少ないかも。



店頭に、ランチメニューやタイムサービスメニューが掲示されてた。

 

玄関前に、鉢植えの花や金魚が泳いでる水色のプラスチック製の桶が置かれてた。のぞき込むと、金魚が手前に寄ってきて、水面で口をパクパクさせてた。可愛くて、店の人の世話好きが感じられた。

紺地の暖簾をくぐり、玄関引き戸を開けて店内へ。



店内は、ちょっと横に長い長方形型。左手に、厨房とそれに面したカウンター6席があり、広めの通路を間に、右手は18帖の空間に、4つの座敷席がゆったり配置されてた。

奥側にも4人×2の小上がり席があり、宴会用の個室として使えるよう。

いらっしゃいませ、と60代位のエプロン姿のおかみさんらしき女性に迎えられて、席に座った。厨房では白い調理着&帽子を着用した同年代の男性が働いてて、この男性が店主で、夫婦で切り盛りしてる店のよう。

すぐに、おかみさんが、入れたてのお茶を運んできてくれた。出がらしでない、香りのいいお茶だった。おかみさんは、客が来るたびに、新しい茶っ葉を急須にいれて、お茶をだしてた。

 

広めの店内は、カウンターや、通路中央のテーブルの上に花や置物、などが置かれてて、庶民的で家庭的な雰囲気。

お座敷壁にメニューが掲示されてた。ちょっと考えて、3種あるランチから、アジフライ&まぐろブツ¥780と、海鮮丼¥980、海鮮天丼¥850などを注文した。

 

低価格の酒のつまみメニューもいろいろあった。イカの唐揚げ200円などあった。ビールや日本酒、焼酎もあるとのこと。

ちょっと待ってたら、料理がお盆で運ばれてきた。



ランチ:アジフライ&まぐろブツ ¥780

ランチは、揚げもの違いの3種(アジフライ、唐揚げ、カキフライ)から、アジフライで注文。

アジフライは、開き型のフライではなく、刺身風半身のフライ3ヶにキャベツが添えてあった。
まぐろブツは、中鉢に形の不揃いのが8ヶ、大根のツマ、青しそ、わさびを添えて入ってて、これに、ごはん、みそ汁、漬物が付いてた。

アジフライは、鱗、小骨などなく、サクサクと揚がってた。まぐろブツは、量がたっぷり。ごはんは、ツヤツヤ、もちもち炊けてて新米のよう。豆腐、わかめ、長ネギのみそ汁は、おふくろの味のだった。



海鮮天丼 ¥850

海鮮天丼は、ツヤツヤごはんの上に、海老2つ、ベビー帆立、キス、イカ、舞茸、ししとう、なす、さつまいも、の9ヶが盛られてた。天ぷらとごはんには、色が濃すぎない、味のバランスのとれてるタレが適度に掛かってて、上品な天丼になってた。



海鮮丼 ¥980

海鮮丼は、注文してる人が多く、店の看板メニューのよう。

ごはん(酢飯ではない)に、刻み海苔を散し、その上に、鰹、まぐろ赤み、中トロ、サーモン、鯛、帆立、イカ、玉子、有頭海老、イクラが乗ってた。みそ汁、漬物が付いてた。

具沢山で、食べ応えのある海鮮丼だった。内容充実してて、つくば市にある、おはんより良いかも。



ミックスフライ定食 ¥900

ミックスフライ定食は、海老フライ2ヶ、カキフライ2ヶ、さんまフライ2ヶに千切りキャベツが添えてあって、ごはん、みそ汁、漬物が付いてた。

フライは、油切れよくふっくらと揚がってて、さんまの鮮度もよかった。

ゆったりした店内で、お手頃価格で充実した定食が食べられる。内容を考えるとお得価格で、夜も気軽に食べられる。目立たない場所にあるが、つくば方面からは、阿見アウトレットモールに行く途中にあるので、ちょっと立ち寄るのにも便利な店。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■お食事処『楓』
 茨城県稲敷郡阿見町若栗3215-1

 電話:029-887-7302
 営業:11:00〜15:00頃
    17:00〜21:00
 定休日:無休