ローマの人気ジェラテリア。『Giolitti(ジョリッティ)』に続いて、立ち寄った。

細めの路地に面した、アーチ壁の中世風建物の1階にある。キャンデーや、ペストリーなども販売してる広めの店舗で、店頭のショーウインドーには、カラフルなお菓子が飾られてた。

パンテオンの150m北、トレビの泉の500m西と、観光スポットにすぐ近くにある≫人気blogランキング



店はあまり目立たない。地図で確かめて目がけて行ったのだが通り過ぎてしまった。

入り口は2カ所にあり、路地の交差よりの入り口がジェラートコーナーに近かった。

 

引き返して、入り口のメニューを見てようやくジェラート店があるのが分かった。

ジェラートのフレーバーの一覧表が出てた。150種類もある。

 

2つある出入り口の間に、レジコーナーがあり、ここで前払いするシステム。
店主っぽいスキンヘッドの男性が、電話番をしながら会計をしてて、この男性に、注文&代金を支払って、レシートを受け取り、ジェラート売り場に行ってレシートを渡すと、カップやコーンにジェラートを盛り合わせてくれる。

ということで、ミニカップ3ヶを注文&会計し、そのレシートを売り場の男性に渡して、好きなジェラートをそれぞれ2種つづ盛り合わせてもらった。

冷蔵ショーケースの向こう側には、白い調理服っぽいユニフォームを着用した男性が2~3人いて、適当な順番で、客の希望するジェラートを、カップやコーンに盛り合わせて、渡してた。

ジェラート店をはしごするにはコツがある。

■コーンよりカップの方がたくさん食べられる。
コーンで食べるのが一般的だが、方が満足感が高いが、コーンの方が血糖値が上がりやすい。いくつも食べたいなら、カップの方がいい。

■フルーツなどさっぱり系のフレーバー
チョコなどのこってり系のフレーバーは、カロリーが高いので、血糖値が上がりやすくお腹にたまるので、たくさん食べられない。

■欲張らず、小さいサイズ
大きいサイズのを食べてしまうと次がたべられない。
小さいサイズのでも、複数人で行って取り替えっこして食べれば、倍の種類のが味わえる。

夏に、白っぽいおしゃれ着を着てる場合なども、カップがおすすめ。イタリアでは、ジェラートの盛り方が大ざっぱで、安定感がなく、暑い季節には、溶けやすく、なめてもなめても、別の場所のが垂れてきてしまって、自分のペースで食べられない。慌ただしく食べるのなら、落ち着いてカップで食べたい。カップの方が安定してて、タレにくく、さらに、ゆっくり食べても、コーンのように持ち手の部分から溶けたクリームが垂れてしまうこともない。

おいしいジェラート店の見分け方(こんな店は避ける)
■ジェラートの色がど派手
果実&果汁が主原料の場合、発色が控えめになる。
派手すぎる色は、
■てんこ盛りのジェラートが並んでる
アイスクリーム:−18〜−20より、ジェラート:−10〜−16とやや高めの温度で販売されてる。
冷蔵ショーケース内は、開け閉めが多く、温度変化しやすく、長時間の保存には不向き。
容器からはみでるように山盛りなってるのは、人気店のアピールのためだけ。不自然。少なくなったら容器ごと交換する店の方が、商品管理がされてる。てんこ盛りすると、隣のと混ざりやすい。
■他のフレーバーが混じっててる
味がまぜこぜになったジェラートなんか商品価値がない。

 


この店に入ると、左手〜正面〜右手へと、冷蔵ショーケース緩やかな曲線を描きつつ、コの字に配置されてて、中には、様々な色のジェラートが並んでた。



売り場中央には、椰子の木をあしらった太めの柱があって、柱の周囲には、椅子が設置されてて、南国ムードの中で、ジェラートが食べられるようになってた。座る場所があったので、観光の休みに良かった。



フレーバーは100種以上あって、よりどりみどりだが、迷ってしまった。

滑らかなクリームっぽい、ムース系のジェラートもあった。
100種以上のジェラートが並んでて、よりどりみどり。フルーツ系のは、冷凍フルーツが用いてあるようで、果実感はあるが、フレッシュ感は控えめだった。

 

地味めな色のは、チョコレート、ヨーグルト、コーヒーなどだった。



フルーツ系のジェラートはカラフルだった。

 

冷蔵ショーケースの向こう側には、白い調理服っぽいユニフォームを着用した男性が2~3人いて、適当な順番(長く待っていそうな客から対応する)で、客の希望するジェラートを、カップやコーンに盛り合わせて、渡してた。


LIME&FRAGOLA 2.5ユーロ
(ライム、いちご)

ライムは、ほんのり苦みがあって、レモンより渋い味。いちごは、種の混じったピンク色をしてて、甘酸っぱかった。


KIWI&FICHI・NOCE2.5ユーロ
(キューイ、イチジク&クルミ)

キューイは、酸味より甘さを強調してあって、イチジク&クルミは、粒々感&コクがあって滑らか。


MELA VERDE、ANANAS 2.5ユーロ
(青りんご、パイナップル)

青りんごはちょと人工的な味。パイナップルは、果実感があった。

ローマでhは、この店が一番高校生っぽいグループ客などで賑わってた。観光地の近くの通り道にあり、ジェラートが目立つように展示されてあり、ちょっと立ち寄るのに絶好。種類も豊富で、行くと楽しい気持ちになれる店。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

『DELLA PALMA』
 Via della Maddalena, 19-23, Roma

 電話:06-68806752
 営業:8:00~深夜1:30
 定休日:日曜日