ベルベリーニ広場の南側にあるピッツェリア。

ベルベリーニ駅を降りてすぐ、トリトーネの噴水の真ん前にあって、昼も夜も客が多く、特に昼時は、立ち食いしてる人も多かった。

ホテルのすぐ近くだったので、何回も行ってしまった≫人気blogランキング



店頭の屋外席もあった。



間口2間程の、奥行きがあって、縦に細長い店舗。入口を入ると、正面奥へと通路がまっすぐ延びてた。



左手は、冷蔵庫の中に、ドリンク、ヨーグルト、パック詰めのサラダ、カットフルーツ、ケーキなどが並んでる。

ドリンクや、ヨーグルトなどの商品は、自分で冷蔵棚から取って、奥のレジで会計して商品を受け取る、スーパーと同じシステム。



シンプルなトマトソース&ニンニクのピッツァを12cm位、購入した。



右手は、手前側がピッツァコーナー、奥がトルティーヤコーナーになってる。ピッツァは、量り売りのシステムになってるので、ショーケース内にいる女性スタッフに、希望のピッツァを、欲しいサイズにカットしてもらって、重さを量ってレシートを受け取り、これをもって奥のレジで会計してから、商品を受け取るシステム。



トルティーヤは、計り売りではなく、定額で4ユーロ。若い女性スタッフに注文すると、直径25cmのトルティーヤの生地を冷蔵庫から取り出し、オーブンで温める。これに、並んでいる食材(レタス、キャベツ、酢漬け、紫キャベツ、トマト、ほぐしたローストチキン、フライドポテト)のから、好きなものを載せてもらう。

私の前に注文してたのは、20歳くらいの若い男性客で、女性スタッフが、生地の具を載せる度、腕を回すように振って、もっともっとと、あおって、たっぷり具を載せたボリュームのあるトルティーヤを作ってもらってた。

私の番がきたので、生地に、レタス、トマト、ローストチキンを載せてもらった。女性スタッフが、ローストチキンを、トングで挟んで載せてくれたので、その1回分だけでいいと、ストップをかけたのに、再びトングで挟んで載せようとしてて、強くストップをかけたら、不思議そうな表情をしながら、手を止めてくれた。

早めにストップをかけたのに、下味のついてるローストチキンがたっぷりはいってて、ちょっと濃い味のトルティーヤだった。



店内いちばん奥にレジがあった。

昼頃に行ったとき、店頭のテーブル席で、スーツ姿の若い男性が、トルティーヤをほおばってた。筒状のトルティーヤの中には、たっぷりフライドポテトが巻いてあって、イタリアのトルティーヤは、フライドポテト入りなのには驚いた。

地下鉄の駅前にあり、気軽に買えるので便利な店。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

『Barberini Express』
 Piazza Barberini, 46, 00187 Roma

 電話:
 営業:
 定休日: