土浦にある居酒屋。大衆割烹と看板にあった。

黒&白の外壁の、入母屋造りの2階建て。Y字路の分岐部分にあるので、あまり目立たない。

建物北側の通りに面したところに、3〜4台分の駐車スペースがあった≫人気blogランキング



ここは水戸街道から分岐してすぐの筑波街道。そのせいか、道の先に筑波山が見えた。

この付近は、花キャベツなど、充実したランチの店が多い地域。



玄関は東側にあった。

 

駐車場側の壁に、ランチメニューがたてかけてあった。

白い暖簾をくぐり、玄関引き戸を開けて店内へ。



中に入ると、正面〜右手に、コンパクトな厨房に面したL字のカウンター9席と、それを囲むように、テーブル席(4人×2、2人×1)が配置されてた。

 

入って左手には、靴を脱いで上がるスペースになってて、和室とトイレがあった。カウンターとテーブル席がいっぱになるとこっちの部屋を使ってるようだった。

いらっしゃい、とカウンター内にいた体格のいい若旦那っぽい30代の男性に、威勢よく迎えられて、開いてる席に座った。カウンターの後ろ側(暖簾の奥)は、広めの厨房になってて、店主らしき60代位の男性が調理をしてて、親子で切り盛りしてる店のよう。奥の厨房からは、店主の奥さんらしき女性の声も聞こえててきてて、家族経営的な雰囲気。

正午前だったが、店内では、すでに数組の男性客が定食を食べてた。

 

ランチメニューは壁に掲示されてた。お手頃価格。

ちょっと待ってたら、黒いお盆で、料理が運ばれてきた。



刺身定食 ¥800

刺身定食は、マグロ、鯛+玉子焼きの3点盛りで、大葉、大根のツマ、海藻、わさびが添えてあって、ごはん、みそ汁、漬物が付いてた。

刺身は鮮度よく、マグロが6〜7切、鯛が5切位と、2人前くらいの量たっぷりだった。



とんかつ+海老フライ定食 ¥1000

とんかつ+海老フライ定食は、厚さ1cm弱くらいのロースカツと12cm位の海老フライ2ヶが盛り合わせになってて、レタス&千切りキャベツ、レモン、マスタードなどが添えてあって、ごはん、みそ汁が付いてた。

海老フライは、サクッと揚がってて、身が透明ではなく、ちゃんと海老の味がした。とんかつは、肉質やわらかめで、衣が肉に密着してて、とんかつらしい味わいだった。この値段で、これだけのボリュームのあるとんかつと海老フライだと、確かにお得かも。



とり唐揚げ定食 ¥750

楕円のお皿に、5〜6cmの唐揚げが7ヶが、千切りキャベツを添えて盛られてて、びっくりするほどボリュームがあった。この半分でもいいくらいだった。



肉野菜炒め定食 ¥800

肉野菜炒めは、注文してる男性客が多くて、ちょっと不思議だった。健康志向の男性が増えたせいかと思ってたが、実物を見て納得。

大きめの皿に、もやし、人参、玉ねぎと一緒に炒めた豚肉がどっさり載ってて、肉野菜炒めというより焼き肉定食という感じで肉の量が多かった。

炒めてある豚肉は、5〜6cmにカットされた、薄切りの豚バラ肉。薄切りといっても、ちょっと厚みのあるバラ肉なので、厚みがある分、弾力があって、食べ応えがある。ちょっと塩分強めになってた。レタス&千切りキャベツが添えてあったが、肉野菜炒めの熱によって、しんなりとして、肉野菜炒めと一体化してた。

正午頃になると、たて続けに、ユニフォーム姿などの男性グループがめがけてきたように入店してきてて、人気店のよう。刺身定食やあじフライ定食など、肉や魚がボリュームたっぷりの定食がお手頃価格で食べられるので、人気があるのは納得できた。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■大衆割烹『喜代志(きよし)』
 茨城県土浦市真鍋5-20

 電話:029-821-2507
 営業:11:30?~
 定休:日曜、祝日