イーアスつくば、1階レストラン街にあるラーメン店。2012年3月『らーめんけいすけ北海道宿場』としてオープン。2014年1月に『初代 けいすけ』に代わった。

黒い縁取り風の看板&柱格子+白い暖簾の和風の店構え。店頭に、赤い幟が5本が立ち、白、黒、赤と、視覚に刺激的な色使いで目立つ。

休日の昼時だったが、レストラン街はどの店も行列ができてた≫人気blogランキング

 

店頭にど派手なメニューが掲示されてた。4〜5人の待ち客がいたが、店内をのぞいたら、席がかなり空いていたので、入口レジ前にある順番待ちの表に名前を記入して待った。

初代けいすけの黒味噌ラーメンは、国内外の7種の味噌をブレンドし、竹炭を混ぜ込んだラーメン。

東京らーめんけいすけHPによると、2005年6月、文京区本郷(東京大学赤門前)に『黒味噌ラーメン 初代けいすけ』オープンした。その後、毎年のように異なる種類のラーメン店を東京中心に増やし、シンガポールにも支店がある。



10分ほどしたら、接客係の女性に名前を呼ばれて、席へと案内された。

店内は、横に長い長方形型。入って右手はカウンター風のテーブル席になってた。



入って左手は、奥が厨房とそれに面したL字のカウンター席、通路を隔てて、手前にテーブル席になってた。

厨房では、がっちりとした体格の30代位の店長らしき男性+バイトっぽい若い男性2人くらいが働いてて、客席側には20代前後の若い女性3人が接客を担当してた。

 

店内壁には、軒先にぶら下がってる塩鮭、雪の湖の白鳥、などの絵が描かれてて、冬の北陸や新潟を思わせる景色だが、この店とは無関係では。



聞くと、看板メニューは、黒味噌ラーメンとのこと。

1枚110円もするトントロチャーシューというのが興味を引いた。



ちょっと考えて、黒極み(黒味噌ラーメン+豚トロ炙りチャーシュー2枚入が入ってる)¥980、醤油ラーメン¥730、餃子2ヶ¥260などを注文した。



メニューや壁に外税と書いてあるが、¥○80とか、¥○50とかの価格設定になってるため、内税表示のような錯覚がする。

あまり待たず、ラーメンが運ばれてきた。



醤油ラーメン ¥730(税込¥788)

・麺…透明感のある中細縮れ麺
・スープ…背脂、油分中、
・具…肩ロース焼豚1枚、メンマ、なると、
   水菜、粗みじん長ネギ、のり2枚

少し縁の広がった、小さめの白い丼で運ばれてきた。スープ全体を覆うように、表面には、粗みじんの長ネギと、中小の背脂が浮いてた。

スープは、塩分濃いめで、軽く酸味もあって、豚っぽい獣くささがある。背脂は、スープと馴染むような柔らかなものではなく、脂身ならではの弾力を保ってて、平ざるで越したチャッチャ系の背脂ではなく、ミキサーなどで細かくしたのかも。

麺は、透明感があって、高加水系の縮れ麺。プルンと滑らかで、のどごしよく食べらられる。
焼き豚は、肩ロース。柔らかすぎず、脂身は弾力があって、赤身はちょっと肉汁が抜けてて、若干パサつきがあった。水菜のトッピングは、彩りはいいが、スープが冷える要因になるし、ラーメンには合わないかも。



黒味噌ラーメン、黒極み ¥980(税込¥1058)

・麺…黄色い中細縮れ麺
・スープ…黒いスープ、若干粒子感がある
・具…トントロ炙りチャーシュー2枚、メンマ、味玉1ヶ分
   のり2枚、斜め薄切りの長ネギ、糸唐辛子

漆塗りのような風合いの丼で運ばれてきた。メニューの写真は、たっぷり立体的な盛りつけだったのとは違い、実物は、嵩の量が少なく貧相だった。

黒いスープは、ほのかにざらつきがあって、八丁味噌にも似た、しぶみ、酸味、えぐみ、などが口の中に広がる。個性的な味噌味ではあるが、深みというより、雑味って感じ。さらに、糸唐辛子がトッピングされてた。確かに「誰も見た事がない一杯」ではあるが、奇抜すぎて味の調和がとれていないと思う。

麺は、黄色い縮れ麺で、醤油ラーメンとは別の麺を用いてるよう。のりは、薄くて艶がなかった。

トントロ炙りチャーシューは、メニューの写真と違ってて、90%以上が脂身で、赤みはほぼなく、脂身チャーシューというべき物だった。



豚トロは、豚の首(ネック)の部分。豚1頭から300〜500g位しか取れない、きれいな霜降り肉だが、この店のは、スーパーで売られてる品とは肉質が違ってた。wikipediaによれば、豚トロは採肉量は少ないため、豚の背脂をカットして形状を似せたものが代替品として出回っていることがあるが、豚トロは「食肉小売品質基準」には含まれていないので法律的には偽装に該当しない。

  
黒味噌ラーメンと醤油ラーメンの丼 半ライス ¥80(税込¥86)

半ライスは、坪風の深めの器に入ってた。量は大めだが食べにくかった。


めちゃデカ餃子2ヶ ¥260(¥280)

めちゃデカ餃子は、15cmもあるビッグサイズの餃子。大きいだけに、形がそろってなくて、ちょっと不細工。具がたっぷりでボリュームがあるが、餃子の美味しさの要素の香ばしさは少なめ。食べにくかったが欲張り感は満たす。

個性的で奇抜で視覚的に強烈ため、テレビやマスコミで取り上げやすく、話題になりやすく、店側も協力にイメージ戦略を展開している。こだわりが店内にあちこちに書かれてるが、食材(炭も含め)については触れてなくて、どこの国の食材を使ってるか不明。

非常に高価格なラーメンで、味や食材にこだわる私は失望したが、派手な演出でユニークなラーメンが食べられ、テーマパークに入ったような楽しさがあるので、ショッピングモールなどで人気があるのだろう。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

『初代 けいすけ』  茨城県つくば市研究学園5-19-1 イーアスつくば1F

 電話:029-875-7557
 営業:11:00~22:00
 定休日:年中無休