龍ケ崎市の、創業33年になるそば店。

カラオケの幟がたってて、居酒屋を兼ねてるよう。

建物西〜裏手が商店街の共同駐車場になってた≫人気blogランキング



箱形の簡素な平屋建て。



龍ヶ崎駅の東約1kmの昔からの商店街にあるが、店はあまり目立たない。

玄関引き戸を開けて、店内へ。



入ると、奥に小上がり席4人用があって、手前に4人用テーブル×5が配置されてた。午後1時を過ぎていたので、ほかの客はいなかった。いらっしゃいませ、店主らしき60代位の男性に迎えられて、席に座った。昼は1人で切り盛りしてるよう。

店内は、庶民的で、昔ながらのそば店の雰囲気。

 

メニューは懐かしい感じ。壁にさけのつまみメニューなどもあった。

メニューから、天もり¥800と玉子とじそば¥600を注文した。

店主は注文を取ると、店内右手にある厨房にこもって調理を始めた。

油がパチパチはねる揚げ物をしてる音が聞こえてきた後、お盆にのせて料理が運ばれてきた。



天もり ¥800(税込み)

天もりは、長方形型の器に、薄茶色の細めのそばが、こんもりよそってあって、刻みのりがたっぷりトッピングされてて、天ぷら5点盛り(海老2ヶ、ピーマン、なす、かまぼこ)、そばつゆ&薬味が添えてあった。

そばは、表面がザラザラとしてて、もっちり感の少ないタイプ。そばつゆ&薬味は、2段重ねになった四角重の中に入ってた。そばつゆは、食べやすい中口タイプで、薬味は、小ねぎ&わさび+大根おろしだった。

値段を考えると豪華な内容。



玉子とじそば ¥600

玉子とじそばは、撹拌しすぎない玉子が、山菜、きのこ、かまぼこを入れてとじてあって、具だくさんでボリュームがあった。


酢の物(サービス)

そばを食べてると、店主が酢の物をどうぞと、サービスしてくれた。

きゅうり、わかめ、えのき茸のほんのり甘口の酢の物で、茹でたての小海老も入ってた。暑い季節には、さっぱりとした酢の物がぴったりで、ビールが飲みたくなった。

地域に根ざした昔ながらの蕎麦店で、値段もお手頃で、常連客も多そう。この近くに来た時などに、ちょっと立ち寄るのに良さそう。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■『辰野屋』
 茨城県龍ケ崎市砂町2754

 電話:0297-64-0161
 営業:11:00~19:00
 定休日:水曜日