つくば市の旧茎崎町のとんかつ店。

切妻造りの懐かしい感じの2階建て。小屋根のある1階部分が店舗になってる。

建物前〜脇に、4〜5台分の駐車スペースがあった≫人気blogランキング



牛久駅の1.8km程北北西の県道143号沿いにある。

通り沿いに営業中の赤い幟がたってた。



店頭にメニューが表示されてないため入りにくい。

勇気を出して紺地の暖簾をくぐり、引戸を開けて店の中へ。



入ると、左手に、広めの厨房とそれに面したカウンター5席があった。



正面が、大きめの丸テーブル(6席)&テーブル席(4人×1)が配置されてて、奥には小上がり席(4人×3)があった。

店内はテーブルがゆったりと配置されてて、のんびり庶民的な雰囲気。

厨房で働いてた40〜50代位の店主らしき男性と、白い三角布をかぶった店主のお母さんっぽい60〜70代の小柄な女性に、いらっしゃいませと迎えられて、席に座った。

 

ランチメニューの設定はないが、とんかつ系メニューは¥900〜と、とんかつ専門店なのにお手頃価格。

 

ラーメンや餃子、ラーメン&御飯もののセットメニューもあって、この近辺の食堂を兼ねてるよう。

 

テーブルの上には、壺入りのとんかつソースと小袋入りのマヨネーズなどが置かれてた。カウンター席の脇が無料コーヒーコーナー(セルフサービス)になってた。

ちょっと待ってたら、正方形に近い大きめのお盆で料理が運ばれてきた。



ロース定食 ¥1000

ロース定食は、白い楕円形の皿に、少し濃い色に揚がったロースとんかつが、千切りキャベツ、トマト、スパサラ、パセリ、レモン、マスタードを添えて、カラフルに盛りつけてあって、これに、ごはん、みそ汁、小鉢(冷や奴)、漬物、白ごま(inすり鉢)が付いてた。



串かつ定食 ¥900

串かつ定食は、濃い色に揚がった串かつ2本が、1本は串を抜いて縦にカットした状態で、もう1本は串付きの状態でキャベツ&スパ皿を添えて盛り付けてあった。

串かつは、長ねぎ→肉→玉ねぎ→肉→長ねぎ→肉→玉ねぎ、と、肉3ヶと、長ねぎと玉ねぎが交互に串打ちされてた。しっかり揚がってて、長ねぎはしっとり、玉ねぎがショリッとした食感になってて、それぞれの持ち味で隣の豚肉の味を引き立ててた。

いろんな店で、串かつを食べてるが、1本の串かつの中に、玉ねぎ、長ねぎ両方を使ってる店は初めて。玉ねぎは、甘みがあってジューシー。長ねぎは、大人っぽい風味で、この2つが一緒に味わえるのはうれしい。



ロース(特)定食 ¥1500

ロース(特)の定食は、ロースかつが、普通のロースかつより、表面積が大きくて厚みもあって、ボリュームたっぷりの定食だった。



ヒレ定食 ¥1200

ヒレ定食は、細めの円柱型のヒレカツで、食べやすく8ヶにカットされてた。パサつきなく、柔らかで、あっさりとした味わい。少し細めだが、長さがあるので、肉の量はちゃんとあった。



盛り合わせ定食 ¥1700

盛り合わせ定食は、海老フライ、串かつ、ロースかつが、千切りキャベツ&スパサラ、タルタルソースを添えて盛り付けてあった。海老フライは大きめサイズので、3つにカットされてた。串かつも大きめ、ロースかつは、4切れで、いろいろ味わえるリッチな定食だった。



ラーメン&半かつ丼セット ¥800

ラーメンセットは、小鉢(冷や奴)、漬物が付いてて、長方形型のお盆で運ばれてきた。

ラーメンは、焼豚、メンマ、わかめ、ナルト、のり、ねぎ入りで、作りたての熱々。麺は、少しウエーブのある細麺で、スープは、混濁少なく、油分まあまあの、昔ながらの醤油ラーメンで食べやすかった。

かつ丼は、厚みのあるロースかつが、玉ねぎ、と一緒に、甘口のタレ&玉子でとじてあった。玉ねぎがたっぷり入ってて、しっかりめにとじてあって、庶民的なカツ丼だった。


コーヒー(セルフサービス)

食後に無料コーヒーが飲めると、ゆったりした気分になれる。

昼時には、作業着姿の男性グループなどが入店してきてて、店主とカウンター越しに話をしてる人もいた。

飾り気はないが、しっかりめに揚がったちょっとワイルド系のとんかつで、専門店のとんかつっぽい。からし合え定食など、阿見の『かつ吉』に似たメニューがあって、関連があるのかも。お手頃価格でしっかりしたとんかつが食べられる。常連客が多いのも頷ける。おすすめ度は、7.1。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

とんかつ『丸三』
 茨城県つくば市高見原1-5-5

 電話:029-872-0169
 営業:11:00~14:00
    17:00~20:00
 定休:日曜、祝日