牛久市のそば店。創業して30数年たつみたい。

切妻屋根の木造2階建て。玄関脇に料理見本が並ぶショーケースがあり、昭和の雰囲気。

店頭と、店の裏の道路の向かいに、白い砂利敷きの駐車場がある。車は止めやすい≫人気blogランキング



県道272号の下柏田交差点の1つ南(150m南)の信号の脇にある。信号で止まる度に、以前から気になってた。

紺地の暖簾をくぐって店内へ。



入るとすぐ右手がレジで、左手が客席になってた。テーブル席(4人×2)があり、その両側の奥と手前に小上がり席(それぞれ4人×2)が配置されてた。店内は、庶民的で、小上がりと椅子には、絣っぽい柄の座布団が使われた昔ながらの近所のそば店の雰囲気。

客席左手の厨房から、白い調理着姿の50代位の男性が出てきて、いらっしゃいませと迎えてくれた。厨房では、もう1人50〜60代位の男性が働いててた(兄弟?)。

 
 

メニューも懐かしい雰囲気。3つあるランチセットは日曜もあるそう。



ランチBセット:天丼&もり(orかけ)¥850

ランチBセットは、天丼&もり(orかけ)のセットで、黒いお盆で運ばれてきた。

小ぶりな塗りのせいろに、2mm程の薄茶色のそばがこんもりとよそってあった。そばは、長さがあって、掴んだ箸を40cm以上持ち上げないと、端まで見えないくらい長め。若干かためのゆで加減になってて、しっかりすすって食べられた。そばつゆは、かつおの風味濃いめの、少し甘めの中口タイプだった。

天丼は、海老、なす、青しその天ぷら3つ入りで、少し甘口のタレが、ごはんと天ぷらにしっかりめに絡んでた。タレの色が濃すぎないので、見た目にきれいで、食べやすかった。これに、薬味、小鉢、漬物が付いてた。



ランチAセット ¥750

ランチセットAは、カツ丼&かけ(orもり)のセット。かけそばは、ダシの効いたつゆの中に、長めのそばが入ってて、シンプルで庶民的な味わい。

かつ丼は、厚みのあるトンカツが、玉ねぎと一緒に、甘口のタレ&玉子でとじてあって、グリンピースがトッピングされてた。玉子がちょっぴり半熟で、懐かしい味。



ランチCセット:玉子とじそば ¥600

ランチセットCは、麺類を注文すると、無料サービスとして、ミニのいも天丼がセットにできる。

麺は、玉子とじそばで注文した。玉子が攪拌しすぎてなくて、玉子にコシがあって、つゆが濁らないようにちゃんととじてあった。なると、わかめ、のり、グリンピースがトッピングされてて、ちょっとカラフルな玉子とじになってた。

サービスのいも天丼は、青しその天ぷらも添えられてた。さつまいもがほっくり揚がってて、少し甘口のタレが、ごはんと天ぷらに絡んで、派手さはないけれど、ちゃんとした天丼だった。


かもせいろ ¥800

かもせいろは、長方形型のせいろに、薄茶色のそばがこんもりよそってあって、鴨汁が添えられてた。鴨汁は、鴨肉3〜4ヶと長ねぎが入ってて、余計な油分の風味なく、シンプルな味に仕上がってた。少し濃い味仕立てになってたので、つゆが薄まること無く食べられた。



天ざる+ミニライス(サービス)¥1150

天ざるは、そばの上に、刻みのりがトッピングされてて、脇に色白の衣をまとった天ぷら5ヶ(海老、なす、イカ、青しそ、ピーマン)が添えられてた。海老は、大きめ(ランチセットBの海老天より少し大きいサイズ)で、食べやすいよう。3つにカットされてた。

そばつゆが、どっしり鰹の風味濃厚なので、てんつゆの代わりにもなる。サービスのミニライスを付けてもらったので、ボリュームある昼食になった。

少し遅めの時間に来店したら、常連っぽい年配の男性客が何組かいて、ビールを飲んでる人もいて、店内がにぎわってて、50代位の女性が忙しそうに接客をしてた。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■『花田庵』
 茨城県牛久市神谷1-44-1

 電話:029-874-0139
 営業:10:30~21:00
 定休:木曜日
 全席喫煙可