イオンモールつくば3階のフードコートの丼物の店。

器に、丼ではなく、おひつ(円柱型の木製の入れ物)を用い、ひつまぶし風の食べ方を提案して、他の丼店との差別化を図る。

店の前に行列用ロープが張られ、入り口にメニューが掲示されてた。右手から、レジ→茶碗&箸・しゃもじ→料理が出てくる→薬味&調味料と、トレイを横滑りさせて左へと進むシステム≫人気blogランキング



経営は、イオン系ショッピングセンター内のレストランやフードコートの飲食店事業を行う、イオングループの企業、(株)イオンイーハート(旧グルメドール)。『四六時中』を中心に、レストラン:12ブランド、フードコート:6ブランドを擁する。

『石焼トンテキ ぶたを』の隣にある。

早めの時間だったので、あまり混んでなかった。



レジで、海鮮にぎわい¥790+ミニそば¥150と、豚の生姜焼き¥690+みそ汁¥50を注文すると、ごはんの量を聞かれた。4段階(超少なめ、少なめ、普通、大盛り)あって大盛り無料、普通で注文。そばは、冷or温か聞かれ、冷たいそばを選んだ。

注文して会計を終えると、レジ担当の女性は、すぐ後ろに設置されてる冷水器風の機械の蛇口の下に、小型のポットをかざし、ボタンを押して、湯気のたってる液体を注ぎ入れると蓋を締めたポットを渡してくれた。この液体が白だしで、人数に応じた量をポットに入れてたよう。

 

ポットを受け取り、左に1〜2歩進み、積み重ねてあるトレイから1枚取って、手元のカウンターに置き、その上にポットを載せる。左に横滑りさせながら、トレイの上に、準備されてる食器、箸、しゃもじなどを載せていく。

茶碗の入った籠の脇が40〜50cm程空いてて、ここが、出来上がった料理がでてくる場所になってた。目の前の厨房では、調理担当の女性が働いてて、直径20cm位のおひつに白いごはんを入れ、しゃもじで押しつけるように平たくならしてから、ごはんの上に、注文品の具を盛りつけてた。

 

海鮮系の具は、予め準備されてて、注文後、すぐにごはんの上に、順に載せていくので、ほとんど待つことなく完成して渡された。豚の生姜焼きも、予め焼いた肉が準備されてるのかと思って見てたが、先に次ぎの人の注文した海鮮系の注文品に取りかかってた。数分待って、奥の厨房から豚の生姜焼きが運ばれてきので、それをごはんの上に載せ、温玉を中央にトッピングして、完成させてた。

 

ということで、次ぎの人との順番も入れ替わることなく、豚の生姜焼きが出来上がったので、受け取っり、薬味&調味料を小皿に取ってから、席へと運んだ。



各丼物は、
その1:そのまま丼物として食べる
その2:薬味を添えて、違った味わいで楽しむ
その3:白だしを注いで、だし茶漬けとして味わう。

の3ステップで味わようになってるそう。



海鮮にぎわい¥690 +ミニそば¥150

海鮮にぎわいは、メニュー表にいちばん大きく表示されてて、看板メニューのよう。

ごはんの上に、有頭海老、カニのつめ、マグロ2種、サーモン、イカ、ウニ、いくらが、めかぶ、錦糸玉子を添えて盛り付けてあって、薬味としてレモンと唐辛子味噌が付いてた。

魚介類はどれも解凍品で、大部分は外国産で、ウニは加熱調理品だったが、企業として計算した風味は保たれてて、上質ではないがほどほどの品で。値段を考慮すれば豪華な海鮮丼。

冷たいミニそばは、ぶっかけ風でかつお節、刻みのりがトッピングされてた。そばは、会津産そば粉を使用とのこと。太さ2mm位の形の整った機械の細打ちそばで、そばの香りはあまりないが、コシが適度にあって、甘めの中口〜やや薄めのタイプのそばつゆとの組み合わせで、マイルド&のどごしのいい、万人向けするそばになってる。



豚の生姜焼き ¥590 +みそ汁¥50

豚の生姜焼きは、ごはんの上に、千切りキャベツ+6cm位の大きさの豚肉が6枚も載ってて、中央に温泉玉子がトッピングされてた。

豚肉表面には、軽く小麦粉(たぶん)がまぶしてあって、滑らかで、タレとの絡みよく、ボリュームもアップしてた。

みそ汁は、即席のみそ汁で、ちょっと味噌が粉っぽく、これだったら、白だしを具なしで飲んだ方が、吸い物っぽい。



白だしは、かなり熱く、ダシだけなら、少しフーフー冷ましてから飲める位の温度だが、茶碗にごはん&具を取り分けて、その上から、注ぐと、熱めだが冷まさなくてもいいような、だし茶漬けになる。

白だしは、その名の通り、醤油色薄め。粉末っぽさなく、料亭のだし程ではないが、鰹の香り良く、割と上質の鰹だし。あつた蓬莱軒のひつまぶしに添えてあった、即席っぽいダシより、風味がよかった。

ここは、うな丼もあるので、低価格でうなぎひつまぶしが食べられる

豚の生姜焼きは、薬味と白だしで、ひつまぶし風に3つの食べ方で堪能できた。海鮮にぎわいは、ダシを注ぐのは、やや抵抗があった。

ごはんの量は、普通で注文したが、しっかり食べたい人は、大盛りで注文し、隣の丸亀製麺で購入した天ぷらを追加して、その4:本格的なオリジナル天茶漬けを味わう、のもフードコートならではの上手な食べ方かも。

白だしは、お替わりができる。レジにポットをもっていかなければならないので、行列してる時間帯は、やや面倒なので、混雑してる時間帯を外していくのがよさそう。

海鮮丼だが、意外にボリュームたっぷりで、調理に時間がかからないので、仕事中の男性客でも満足できそう。お茶漬けにしたりいろいろ楽しめるので、家族連れでもいろいろ楽しめそう。買い物がてらにも行けるので便利に使える店。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

おひつごはん『四六時中』
 茨城県 つくば市稲岡66-1 イオンモール3階

 電話:029-896-6128
 営業:9:00~22:00
   (LO21:30)
 定休日:無休