土浦市のチャイニーズ料理店。土浦駅東口から北へ約400m行くとある。

切妻&グレーの石積み調サイディング壁の建物。奥の2階建てが住居で、西に突きだした平屋の部分が店舗になってる。

以前は同じ道路沿いの、ここから約100m離れた所にあったが、6〜7年前に、新築移転した≫人気blogランキング



駐車場は、建物前〜南側に10台分程。

道路沿いに大きな店看板があり、道側のアプリコット色の壁のところが玄関で、ランチメニューが掲示されてた。

リストランテロッソの30m南にある。ラ・キュイジーヌKすがま半兵衛、の300m北にある。




玄関扉を開けて店内へ。



入ると、店内は縦に長い長方形。右手の窓際にテーブル席(4人×4)があり、通路を広くとって、左手は、レジとその奥は厨房とそれに面したカウンター8席になってた。まだ新しい店内は、清潔感があって、機能的でゆったりとしてる。

いらしゃいませ、と60代と30代位の接客係の女性2人に迎えられて、席に案内された。厨房では、60代位の店主らしき男性が忙しそうに調理をしてて、家族経営っぽい雰囲気。

 

メニューは、フカヒレや鮑料理まで載ってて、本格中華の店のよう。定食メニューは表示されていないが、一品料理+ライスor半ライスで注文すると、スープ、漬物が付いてくるとのこと。

ちょっと考えて、本日のランチ¥756と、メニューから、チャーハン¥540、野菜炒め¥561を注文した。

 

壁に新メニューが掲示してあった。

ちょっと待ってたら、料理が運ばれてきた。



本日のランチ ¥756
(広東麺、ミニサラダ、半ライスのセット)

広東麺は、加水率の高い中太縮れ麺に、油分控えめの醤油スープが合わせてあって、上に、炒めてから、甘しょぱいアンを絡めた具(白菜、人参、豚肉、小松菜、筍、キクラゲ)が載った。

醤油スープはダシ控えめであっさりとしてるが、食べ進むにつれて、甘しょっぱいアンと具と馴染んでボリュームのある味わいになっていく。熱々作りたてで、強火で調理してあるので、野菜のシャキシャキ感が心地よく、半ライスは、かためにふっくら炊けてた。



チャーハン ¥540

チャーハンは、ごはんと一緒に、焼豚、ねぎ、なると、玉子が炒めてあった。油控えめなのに、ちゃんとパラパラとしてて、ごはんも潰れてなくて、弾力があった。チャーハンには、酸味のある醤油スープが付いてくる店が多いが、ふわふわとした玉子が入ってるスープが付いてて、飲みやすかった。


野菜炒め ¥561

野菜炒めは、キャベツ、もやし、にんじん、ニラ、キクラゲ、が艶よく炒めてあった。キャベツは芯の部分まで入ってるが、丁寧に刻んであるので違和感がない。片栗粉で、軽くとろみを付けてあるので、まとまりよく、肉なしなのにコクがあり、口あたりもよかった。

本格的なチャイナ料理がお手頃価格で入りやすく、しかも入ってからもゆったりのんびりできる。昼時だったが、仕事中の男女の客がどんどん出来てたのもの納得できる。おすすめ度7.1。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■中華『匠』
 茨城県土浦市川口2-10-10

 電話:029-826-2278
 営業:11:00~
 ランチ…11:00~14:00
 定休日:月曜日