牛久市役所の前にあるラーメン店。

1階建てと2階建てが連なるテナントビル1階にある。大きな赤い看板が出てた。

平成25年10月オープン≫人気blogランキング



店頭が共同で十数台分の駐車場になってるよう。

ここは以前、『麺屋MARU』だった店舗。『いっとく』で修行した人が店主のよう。



玄関脇に、学生ラーメン¥500と表示されてた。

赤い暖簾をくぐって、玄関引戸を開けて店内へ。



中に入ると、店内は縦に長い長方形型。右手が縦長の厨房とそれに面したカウンター10席になってて、通路を広く取って、左手の壁寄りにテーブル席(4人×2、2人×1)がゆったりと配置されてた。派手な演出はなく、機能的だが、ゆったりした造り。

厨房で働いてた、30歳位の男性にいらっしゃいませと迎えられて、席に座った。開店直後だったせいか、接客係の人はいなくて、店主が1人で切り盛りしてた。その後、30歳くらいの女性が接客係に来た。

 

メニューは、ラーメン、油そば、つけ麺とそれらのチャーシュー麺バージョンのみ。塩も味噌もなく、とてもシンプル。



メニューから、ラーメン¥750と、つけメンチャーシュー¥1000を注文した。

ちょっと待ってたら、ラーメンが運ばれてきた。



ラーメン ¥750

・麺…黄色の中太縮れ麺、
・スープ…混濁、油分多め
・具…叉焼、メンマ、ほうれん草、ナルト
   のり、焦がしネギ、ねぎ

スープは混濁してて、表面には油分がたっぷりめに浮いてる。飲むと、いろんな味がスープの中にマイルドに溶け込んでて、味に深みがあり、焦がしネギによって、香ばしさが加わってる。

麺は、濃い黄色の中太縮れ麺で、もっちり&つるつるとしてる。

チャーシューは、濁りのない淡いピンク色に仕上がってて、素材の良さがわかる。囓ってみると、しっとりとしてて、豚肉らしい弾力がある。切り込みが入ってるので、食べやすい。いっとくで修行したらしさが出てて、しっかり作った焼豚。

店主が、丼にスープを注ぐときに、スープの中で煮出してた昆布+αが見えた。



つけメンチャーシュー ¥1000

・麺&具…黄色の中太縮れ麺
     炙り叉焼5枚、ナルト、ねぎ
・つけ汁…ほうれん草、刻み叉焼、ねぎ、一味唐辛子
     甘さなく、酸味が効いてる

つけチャーシューメンは、麺の脇に、チャーシューが5枚載ってて、豪華だった。チャーシューは、ラインor編み目状の焦げ目が付いてて、燻製っぽい風味。ラーメンに入ってたのよりもの肉の味が濃厚で、焼き肉定食と同じくらい、肉好きの男性がうけそうな味。茨城県南では、最も上手な出来の『いっとく』の焼豚の味。

つけ汁は、甘さなく、酸味がちょっと強めに効いてて、一味唐辛子の辛みがピリッと効いてて、麺やチャーシューをさっぱり味わえる。
     

味玉(紅孔雀)¥100

味玉は、卵黄中央が半熟状で、味もしっかり浸みてた。

値段が高めだが、スープと叉焼が、上質な素材でしっかり手間をかけて作ってあって、味わい深い。

県南のラーメン店のつけ麺は、つけ汁が甘い店も多いが、ここのはすっきりとした味で意外なくらいで、健康にも良さそう。『いっとく』のチャーシューの技を受け継いで、比較的シンプルなラーメンに仕上がってる。ラーメンは750円と、高価格な印象があるが、最近流行は『龍介』のように安価な鳥チャーシューでも750円は普通の値段。便利な場所にありゆったり広く、豚肉が好きな働く男性の好みに合ってて、学生は500円と地域にも貢献しているので、おすすめ度は、7.0。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■ラーメン『喜楽』
 茨城県牛久市中央3-16-1

 電話:不明
 営業:11:00~14:30
    17:30~21:00
 定休日:日曜の夜