守谷市にある居酒屋。味噌焼が看板料理で、北海道〜九州まで20種以上の味噌を常備する。平成23年7月にオープン。

窓のない錆色の縦目板張りの建物。店頭に店名入りの小さな灯籠と味噌樽らしき一斗樽が置かれてた。この灯籠があると営業中のよう。この他には、看板など店名を示す物は見当たらなかった。

駐車場は建物前に、2〜3台分程≫人気blogランキング



十字路に面して居酒屋が2−3店あり、その中の錆色の板張りの建物が、この店。守谷駅の約400m南東にあり、『手打ちそば あゆ川』の約500m南にある。

住所をたよりに行ったら、暖簾がなく、建物前に車が止まってて灯籠も見えず、店がどこにあるのかわからなかった。通りすぎて、しばらく周辺をうろうろしてようやく見つけた。



営業中の表示がないので、確認のため、玄関前まで行った。玄関脇の壁に、ランチメニューが掲示され、玄関扉の向こう側から女性たちの賑やかな話し声が聞こえてきて、どうやら営業しているよう。

玄関扉を開けて店内へ。



入ると、右奥が、厨房とそれに面したカウンター4席で、右手前が、個室風小上がりになってて、通路を夾んで左手が小上がり席(4人×3)になってた。電球で照らされた店内は、ほの暗く、天井には縦横に梁が通ってて、柱時計もかかってて、古民家風の素朴なしつらえ。

いらっしゃいませと、20〜30代位の女性に迎えられて、空いてる席に座った。厨房では30代位の男性が働いてて、この人が店主のよう。この2人(夫婦?)で切り盛りしてた。

接客係の女性がランチメニューを持ってきてくれた。



ランチメニューは4種。3人で異なるのを注文。

厨房には、炭火のコンロがあって、店主が肉などを焼いてた。



夜のメニューは、割と豊富。



ドリンクもいろいろあった。

先にミニサラダがきてから、それぞれの料理と、みそ汁が運ばれてきた。



つくば美豚、味噌漬け炙り焼き ¥900

つくば美豚の味噌漬けは、四角皿に唐辛子を添えて盛られてた。味噌に漬け込んであった豚肉は、ほどよく下味がついてて、柔らかく、炭火で焼いてあるので香ばしく、肉の量もたっぷりだった。3種類の味噌を使ってあると説明された。

ミニサラダは、大根、水菜、トマトのシンプルな和風サラダだった。

みそ汁は、油揚げと根菜(大根、人参、ごぼうなど)がしっかり入ってて、素朴で懐かしい味わいのものだった。

これに、ごはん、漬物が付いてる。



地養鶏もも肉、炭火焼き味噌照り重 ¥900

地養鶏もも肉は、丸いお重で蓋をした状態で運ばれてきた。蓋を開けると、ふんわりと山椒の匂いが漂い、ごはんの上に、5cm強位のもも肉が2つとシシトウが載ってて、

ごはんと鶏肉には、やや濃い色のタレが適度に絡んでた。鶏肉は焼き鳥などより大きいサイズなので、食べやすいよう真ん中で半分に切ってあった。蓋をしてあり、身が厚いため、パリッと感は控えめで、しっとりしてて、鶏肉らしい弾力。

これに、ミニサラダ、みそ汁、漬物が付いてる。



本日の鮮魚 西京焼き ¥950

本日の鮮魚は、めだいとのこと。半月皿の笹の葉の上にやや小ぶりな魚が載ってた。皮には濃いめに、身にはうっすら焼き色が付いてて、焦げたかぐわしい匂いが漂ってる。身はふっくらとしてて、程よく水分がぬけてて、熟成感があり、炭火焼きの香ばしさから皮まで食べられた。

これに、ミニサラダ、みそ汁、漬物が付いてる。

それぞれの料理に合わせた、味噌を使っていて、料理を運んできてくれた時にどこの味噌を使っているか説明してくれる。古民家風の店内は、隠れ家っぽい。主婦らしき女性グリーがおしゃべりで盛り上げって、長居をしてた。ランチはボリュームがあり、肉と味噌の味がしっかり楽しめた。隠れ家的店だが常連客が多そう。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■ 『かげろう』
 茨城県守谷市本町522-1
 電話:0297-44-8832
 営業:11:30~14:00
    (LO13:30)
    17:00~23:00
    (LO22:30)
  日曜は~21:30まで
 定休日:月曜日
 全席喫煙可