つくば市サイエンス通り沿いの居酒屋。平日は、ランチの定食もある。

白い箱形の2階建てで、1階部分が店舗になってた。

建物南側に、3〜4台分の駐車場があった≫人気blogランキング



店名の看板はあるものの、店は目立たない。

すぐ南隣には、手打そば『さらしなの里』があり、北隣のビルには、季酔、という居酒屋がある。100m南には、デッシュビートがある。

何年も前からあるようだが、つい最近まで店があるのに気がつかなかった。



店頭の大きな招き猫の脇にランチメニューが小さく表示されてた。

玄関扉を開けて店の中へ。



店内は横に長い長方形型。入って右手奥に厨房とそれに面したカウンター6席があり、通路を挟んで手前側に小上がり席(4人×2、円卓1つ)があった。

 

店内は、窓にすだれ風の日よけが掛かってて少し暗め。壁に象神(ガネーシャ)が祭ってあり、タイor東南アジア風の暖簾やタペストリー、照明のシェード、窓にはモンステラの葉っぱが掛かってて、エスニックなインテリア。

いらっしゃいませ、と30代位の長い黒髪のきれいな女性に迎えられて席に座った。この女性、タイorインドを思わせるエキゾチックな印象の人で、1人で切り盛りしてるよう。店名から、いかつい男性が切り盛りする店かと思ってたが、店内は女性らしい雰囲気。

 

カウンター席上部に、メニューが掲示されてた。ランチメニューは、地鶏ハーブ焼きが加わってて、店頭のより1種多く、どれも¥600。

熊本産の霜降馬刺しなど、夜のメニューも表示されてたが、割とお手頃価格。



テーブルの上にドリンクメニューがあった。すぐに、冷たいお茶を持って来てくれた。

少し考えて、自家製メンチカツ、地鶏からあげのランチを注文。

注文受けると、厨房で料理を作りはじめた。ちょっと待ってたら、料理が運ばれてきた。



地鶏からあげランチ ¥600

地鶏からあげは、揚げたてのが7ヶ、とボリュームたっぷり。楕円の長い皿に、キャベツとレタスを添えて、盛りつけてあった。あっさり和風の下味が付いてて、片栗粉をまぶして、カラッと揚げてあって、竜田揚げって感じる。キャベツには、チーズ風味のドレッシングがかかってた。

これに、家庭的な総菜2品(こんにゃく甘辛煮、玉子焼き)、ごはん(炊きたて)、みそ汁(油揚げ入りの薄味仕立て)、キムチが付いてた。



自家製メンチカツランチ ¥600

自家製メンチカツは、直径6〜7cmの丸形で、色よく揚がってて、ジューシー。キャベツ&レタスが添えてあって、2品(こんにゃくの甘辛煮、玉子焼き)、ごはん、みそ汁、キムチが付いてた。

正午頃、厨房にもう1人30〜40代のエプロンを着けた女性が現れて、接客などをしてた。

たった600円の定食なのに、品数多く、ボリュームもある手作り料理が食べられるのは嬉しい。外観からは入りにくい店だが、女性が切り盛りしてる和やかな雰囲気の店で、居心地がいい。そのためか、女性客に多かった。夜もお手頃価格の定食があるので、気軽に使えそうな店。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■ 創作ダイニング『無門(むもん)』
 茨城県つくば市上横場253-3

 電話:029-836-7839
 営業:17:00~23:00
 平日ランチ11:00~14:30
 定休日:月曜、第2日曜