稲敷市にあるラーメン店。かすみがうら市の『がんこや かるがん』の暖簾分けのよう。

アイボリー色の2階建て「江戸崎センタービル」の1階にある。赤いテント看板&黄色い暖簾がかかってた。

店頭に10数台分の駐車スペースがあった≫人気blogランキング



国道408号の松山交差点から、県道49号に入り、道なりに6km程北上したところの、江戸崎庁舎の南側の交差点にある。つくば市の『がんこや』より古いみたい。

東南側、西南側の2カ所に入口がある。南東側の入り口から、店内へ。



入ると、店内は横に長い長方形型。右手奥が広めの厨房と、それに面したL字のカウンター席が約12席あり、左手前側に、テーブル席が3つ(2〜4人用)が配置されてた。

正午前だったが、作業着姿の男性や年配のカップル客などで、ほぼ満席だった。別グループの客と話をしてる男性客もいて、常連客が多いよう。

 

いらっしゃいませ、と厨房で働いてた店主らしき50代の男性と、30代位の細身の男性に迎えられて、わずかに空いてる席に座った。

 

かすみがうら市の『がんこや』のメニューと似てたが、種類がそれほど多くはない。

メニューから、らーめん¥500、みぞれラーメン¥650、岩のりラーメン¥650、ギョーザ¥300を注文した。

麺は、お湯の中で泳がせながら茹でて、平ざるであげてた。

少し待ってたら、カウンター前の衝立風の段ボールをどかして、カウンター越しにラーメンが渡された。



らーめん ¥500

・麺…黄色のストレート中細麺
・スープ…うっすら白濁、油分やや多め
・具…焼豚、メンマ、のり

らーめんは、黒い丼に入ってた。うっすら白濁したスープの中に、黄色のストレート麺が入ってて、厚めの焼豚、メンマ、のりがトッピングされてた。

かすみがうら市のがんこや本店のラーメンと比較すると、白濁度が軽く、いくらかあっさりとした豚ベースのスープ。ねぎは入って無かったが、焼き豚は煮豚タイプのもので、厚みがあって、がんこや本店の2倍以上のボリュームがあった。


みぞれラーメン ¥650

・麺…黄色のストレート中細麺
・スープ…うっすら白濁、油分やや多め
・具…焼豚、メンマ、大根菜、大根おろし、梅干し、
   のり、パプリカ

本店のみぞれラーメンを、ほぼ忠実に再現してあった。
大根おろしで、おろしがねでおろしてて、もやもや大根おろしらしい食感。刻んだ青菜は、シャリシャリ青梗菜より固めの食感で、大部分大根菜のようだった。

冬大根の甘みが、大根おろし〜スープに移ってて、ナチュラルな甘さのあるラーメンになってた。


岩のりラーメン ¥650

・麺…黄色のストレート中細麺
・スープ…うっすら白濁、油分やや多め
・具…焼豚、メンマ、岩のり

岩のりラーメンは、たっぷり岩のりがトッピングされてて、磯の風味濃厚。岩のりしか見えない。本店のと比べ、岩のりの量がずっと多かった。


ギョーザ ¥300

ギョーザ5ヶは、色よく焼けててた。

確かにかすみがうら市のがんこやの流れを汲むラーメン店で、少し異なる点もあるが、チャーシューや岩のりは、ここの方がボリュームがあった。この地域の人気店らしいのも納得できる。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村   ブログバナー4
       ↑
  応援クリック、お願いします♪

■ 『がんこや 江戸崎店』
 茨城県稲敷市江戸崎甲934-3

 電話:029-892-8115
 営業:10:30~20:00
 定休日:月曜日