つくばみらい市にある和食店。

寄せ棟造りの2階建て。道路側に入口が2つあって、暖簾がある中央のが店舗用で、右側のは自宅用のよう。

店頭が駐車場で、いつも車が多数止めてあって目立つ≫人気blogランキング



古川交差点の200m西の、県道3号沿いにあり、看板が遠くからでもよく見える。TXみらい平駅の1.5km西にある。

店のHPによれば、100年以上前に、魚屋として開業し、現店主は4代目だそう。



店頭にメニューの掲示はなかった。

玄関引戸を開けて店内へ。

 

中に入ると、正面がレジ&受付カウンターになってて、右手は暖簾の向こう側に、寿司風のカウンター席があった。

左手には、上がり框&靴棚があって、その先は、廊下がまっすぐ横に伸びてた。

いらっしゃいませ、と接客係の女性に迎えられ、靴を脱いで上がった。



廊下左側には、2〜4人用の部屋があった。



右側には、パーテーションで仕切られた広めの和室が3室が並んでた。その奥の方にある12帖の和室へと案内された。緑色の壁には赤富士が掛かってて、カラオケセットも置かれてて、宴会場の雰囲気。

靴箱に子供用のカラフルな靴が収納されてて、先客は、子供連れのお母さんグループだったよう。パーテーションで仕切ってはあるが、遠くから話し声や元気に走り回る音が聞こえて、賑やかだった。



ランチメニューは、お楽しみ御膳が2種(6種あって、日替わりで2種)と、うどん会席、角煮会席、小会席などがあった。

この日のお楽しみ御膳、1番(壱)と6番(六)とのこと。金曜だったので、角煮メニューが1〜2割引きになるサービスデーだった。

ちょっと考えて、お楽しみ御膳1番(壱)¥980と、角煮御膳¥700を注文した。テーブル上の呼び鈴を押すと、接客係の女性が注文を取りにきてくれた。コーヒー付きで、ホットorアイスから選べた。

少し待ってると、廊下から配膳カートのカラカラと動く音が聞こえてきて、部屋の前で止まり、ノックされた後、料理が大きめのお盆で運ばれてきた。



ランチ:豚の角煮御膳 ¥700(通常¥860)

豚の角煮御膳は、黒い角皿に、大きめの角煮3ヶ、蓮根、里芋、ゴボウが、花麩、きぬさや、マスタードを添えて立体的に盛り付けてあって、これに、茶碗蒸し、小鉢、サラダ、ごはん、みそ汁、漬物が付いてた。

角煮は、看板料理のよう。甘めの味付けで、とろみのある餡がかかってて、脂身がとろけるように柔らか。ボリュームたっぷりで、肉好きの男性なのに人気がありそう。茶碗蒸しは、小柱、海老、しめじ、えのき茸などが入ってた。小鉢は、甘口のひじきで、ごはんには、ごま塩がかかってた。



日替わりランチ(壱):
大粒カキフライ&海老天小盛稲庭うどん御膳 ¥980

カキフライ3ヶは、衣が厚めだが、色よく揚がってて、キャベツが添えてあった。稲庭うどんは、小盛りと書かれてたが、思ったより多めだった。少し麺が固まってる部分もあったが、つるつるとした食感で、平打ち麺で、つゆは醤油色がごく薄く、京風の味付けになってて、海老天、わかめがトッピングされてた。

これに、ごはん、茶碗蒸し、漬物が付いてた。全体的にボリュームは十分だった。


ドリンク

食後、呼び鈴を押すとコーヒーを運んで来てくれた。

食事を終えて、店から出ると、店頭の駐車場は、2台とか3台と縦並びに車が駐車してあって、先に入店した私の車は、出られないようになってた。しかし店内に戻り、接客係の人に告げると、すぐに慣れた様子で、車のナンバーをメモし、店内へと戻っていった。間もなく、重ねて止めてた車の持ち主が玄関から出てきて、車を移動してくれた、これが普通の状態のよう。

宴会場を兼ねてるようで、広めの座敷で、小さい子供が走り回れるほどゆったりとしてているので、子連れのお母さんたちの会食会に使われてた。広くてのんびりできて、ランチはお手頃価格なのに品数が多く、豪華なお膳仕立てのランチなので、地元の人を中心に人気があるのは頷ける。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■日本料理『ねぎしや』
 茨城県つくばみらい市古川533-1

 電話:0297-52-2183
 営業:11:30~13:30
    17:00~22:00
 定休日:火曜日