土浦市の面白い名の和食店。昭和59年創業。

赤丹(あかに)色の外壁&緩勾配の切妻屋根の平屋建て。店頭に、とんかつ、焼魚、麦とろめし、と大きく表示されてる。

建物前〜南側が十数台分の駐車場になってた≫人気blogランキング



この辺は通りかかることがあまりないが、真鍋の飲食店が多い商業地域から、まっすぐ北にわずか1km行くと店がある。そのためか、お昼時間になると、常連らしき客が多かった。

ここから北へkmに行くと寿司政があり、定食ひらまは、ここから西に1kmの位置にある。



玄関前の古木のところに、ランチや季節メニューが掲示されてた。

階段を3段ほど上って、2重になってる玄関扉から店内へ。



正面〜右手へと少し横長の形(長方形)の店内が、伸びてる。

入ってすぐ左手がレジで、正面は、厨房とそれに面したカウンター3席になってた。



右手に行くと、4人テーブル席が2つあり、その向こうが広めのお座敷席があった。



店内は、兎や蛙が墨絵風タッチで描かれた障子戸から、柔らかく光が差し込んでて、旭日旗、日章旗、昭和初期のサッポロビールの美人画ポスターが貼られ、昭和の雰囲気。



いらっしゃいませ、と60代位の男性に迎えられて、席に座った。この男性、髭をはやして昭和の親父の風貌だが、いたって気さくに話しかける。厨房では、50代位の美人っぽい女性が働いてて、店主が接客、奥さんが調理を担当してて、夫婦で切り盛りしてるよう。



お茶は、店名の入った湯飲みで運ばれてきた。座布団にも店名が入ってる。



ランチメニューが18種と豊富。麦とろセットも8種、店頭にも掲示されてた。




もつ煮定食や栗ごはんなどもあって、メニューは豊富。夜は居酒屋も兼ねてるよう。

店頭のけんちん汁&焼魚定食¥850などを注文した。

少し待って、黒いお盆で男性が料理を運んできた。


けんちん汁&焼魚定食 ¥850

けんちん汁定食は、玄関前に、あったか〜いけんちん汁と表示されてて、目を惹かれた。焼魚付きで、何の魚かと聞いてみたら、この日は、サバの塩焼きとのことだった。

けんちん汁が、大きめのお椀にたっぷりよそってあって、これに、サバの塩焼き1/4身、ごはん、小鉢、漬物が付いてた。

けんちん汁は、鶏肉、大根、にんじん、ごぼう、長ねぎ、こんにゃく、豆腐などが入ってて、ほんのり甘めであっさりとした味付けで、体が内側から温まった。サバは脂がのってて、香ばしく焼けてて、大根おろしが添えてあった。

ごはんは、丼にたっぷりめによそってあった。



ランチ:豚肉のしょうが焼き定食 ¥880

豚肉のしょうが焼き定食は、豚肉に小麦粉をふるってから、玉ねぎといっしょに、甘からいタレを絡めて炒めてあった。小麦粉によって、豚肉にトロミがついてて、タレがよく絡んでて、口あたりよく食べやすい。玉ねぎは、輪切り風になってて、食感がよく、千切りキャベツ、レタス、トマトが添えてあった。これに、丼ごはん、みそ汁、小鉢、漬物が付いてた(ドレッシングが添えられてた)。肉の量もたっぷりめで男性向きになってる。



ランチ:ロースかつ定食 ¥980

ロースかつは、肉の厚みは7mm程と、少し薄めだが、表面積が大きいので食べ応えがあった。食べやすく6ケにカットされてて、千切りキャベツ、マスタード、レモンが添えてあって、これに、丼ごはん、みそ汁、小鉢、漬物が付いてた。みそ汁は、舞茸入りで、濃厚でまろやかな味だった。


麦とろ:Iセット ¥1180

麦とろは、とろろの味をシンプルに味わいたかったので、最も基本的でシンプルな、Iセットを注文してみた。A〜Gは、これに、肉or魚料理が付いてる。

とろろ、麦めし、みそ汁、小鉢、漬物が載ったお盆が運ばれてて、いささか質素な印象。運んできた時、とろろには、味が付いてますと説明された。

とろろは、キメ細かくすりおろしてあって、とても滑らか。まろやかだけれど、甘くはない醤油味が若干濃いめに付いてて、麦ごはんにかけて食べると丁度いい味加減になってる。滑らかの中にコクがあって、回転すしなどにある、水っぽい品とは別物で、ちょっとポソポソしてる麦飯にかけると、素朴な中に深い味わいがある。自然薯は自然の恵みなのが実感できた。

手作りで作った料理で、ランチはお手頃価格でボリュームがある。レトロな雰囲気で居心地よくのんびりできる。この地域だけでなく遠くからも客が来ているようだったも納得できる。近くにあったらつい寄ってしまいそう。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■食事処『なにぬねの』
  茨城県土浦市木田余東台2−5−11

 電話:029-822-2662
 営業:11:30~15:00
    17:00頃?~
 定休日:無休