茨城県守谷市の、昼のみ営業の手打蕎麦店。

深栗色の3階建ての民家の、1階西側の一画が店舗になってた。

表札灯に小さく店名が表示されてる≫人気blogランキング



守谷駅のわずか200m北の、明治神宮裏手の公園の道路を挟んで東側にある。

北側の自宅玄関前に2台分の駐車スペースがあった。



店頭に新そばの幟とメニューが掲示されてた。鴨汁そばの木札が掲げられてて、看板メニューのよう。

階段を3段ほど上って、黒い引き戸を開けて店内へ。



入ると、店内は明るく、まだ新しい感じ。正面奥にそば打ち部屋があり、手前が正方形(約2間×約2間)のタイル貼りのフロアーの客席になってて、テーブル席(4人×2、4人×1+2人×1)が2列に配置されてた。

いらっしゃいませ、と40〜50代の女性に迎えられて、空いてる席に座った。そば打ち部屋の左隣が厨房になってて、60歳位の男性が働いてて、夫婦で切り盛りしてる店のよう。

 

右手テーブル席の手前側にあるレジのところに、現在使用している蕎麦粉のポスターが貼られてた。出窓のところには、サイン入り色紙が飾られてた。

 

麦茶が運ばれてきた後、メニューから、鴨ねぎの梅肉和え¥600、せいろ¥600、鴨汁そば¥900などを注文した。

そばがき、そばぜんざいは、後からでいいですか?と尋ねられたので、はいと答えた。

少し待って、料理が運ばれてきた。



鴨ねぎの梅肉和え ¥600

鴨ねぎの梅肉和えは、鴨肉ロース5枚が、さっと茹でた長ねぎ(縦切り)+きのこ類(しめじ、えのき、しいたけ)と、梅干しを崩した梅肉で和えてあった。

味付けは、ほぼ梅肉のみでとてもシンプル。梅肉の酸味と塩分がやさしく肉ときのこに絡んでて、温サラダ風の薄味仕立てのさっぱりとした和え物だった。お手頃価格の割にボリュームがあった。



せいろ ¥600

せいろは、黒い粒子の混じった茶色の田舎風そばで、太さ3mm程に揃ってて、丸笊にきれによそってあった。食べると、そばの香りは控えめだが、表面がざらざらとしてて、みっちり密度があって固めの食感だった。

そばつゆは、甘さ控えめの中口〜若干薄め。先にほんのりとした甘さが、後を追うように醤油のしょっぱさが伝わってきて、少し熟成が浅いタイプのつゆで、そばとっくりに多めに入ってた。

薬味は、わさび、ねぎ、辛味大根。ねぎはきれいに薄切りし、水にさらして、きちんと水切りしてあった。



鴨汁そば ¥900

鴨汁そばは、冷たい黒い粒子の混じった茶色の田舎風そばに、熱々の鴨汁が添えてあった。

鴨汁は、甘さ&しょっぱさが程よく、少し濃い味仕立てのもので、細切れ風の鴨肉と縦切りの長ねぎがたっぷりめに入ってた。

表面が少しざらざらとしたそばに、鴨汁がよく絡み、熱を含んだ長ねぎがほんのり甘く、炒め油など使ってないので、シンプルに鴨の風味が味わえた。


そば湯

そば湯は、2層になってた。さらっとした白湯風の下に、ぽったりとした層があって、2種類のそば湯が楽しめた。


(左)そばがき ¥200
(右)そばぜんざい ¥200

そばがきは、水分控えめに練ったそばがきの周囲に、そばつゆを控えめに注ぎ、わさびがトッピングしてあった。もっちり固めで、素朴な味わい。量が控えめなので、注文しやすい。

そばぜんざいは、水分控えめに練ったそばがきに、小豆餡が掛かってた。小豆餡は、こしあん〜粒あんの中間のつぶし餡。甘さ少し控えめなので、そばを1人前食べてからも、ぺろっと食べられた。

接客はおっとりとしてて、とても丁寧。麦茶が減るとすぐに注ぎ足して、テーブル上の水滴もその都度きれいに拭いてくれる。

個人の住宅を改造したようなこぢんまりした店だが、守谷駅からも近い住宅地にあり、のんびりと、お手頃価格で手打ち蕎麦が食べられる。近くにあったらちょくちょく行きそう。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■手打そば 『あゆ川』
 茨城県守谷市中央2-8-1

 電話:0297-46-2949
 営業:11:30~14:30
 定休日:日曜、月曜