テクノパーク桜にある博多牛もつ鍋とつくば鶏の串焼きが看板料理の居酒屋。平成24年12月オープン。

焦茶&亜麻色のツートーンカラーの2階建て。外壁の一画にアートに板を施した1階部分が店舗になってる。

7月からランチ営業してると聞いて立ち寄った≫人気blogランキング

 

建物前が10台分程の駐車場になってた。

すぐ西隣には、最近人気の和食店『つくば食堂 花』がある。

玄関の木製格子戸を開けて店内へ。



中に入ると、正面〜右手奥へと鈍角描きながら通路が延びてて、右手が厨房とそれに面したカウンター6席、左手が2カ所に分かれた小上がり席が4つほどあった。すっきり和風で落ち着いた雰囲気。

ここは、10年程前、『玉寿司』だった時と店の構造は同じ。

いらっしゃいませと、40代位の接客担当の男性に迎えられて、席に座った。厨房では、それよりやや年輩の男性が働いてて、男性2人で切り盛りしてた。

 




ランチメニューから、親子丼¥700と唐揚げ定食¥700を注文。

ちょっと待ってたら、料理が運ばれてきた。


親子丼 ¥700

親子丼は、ごはんの上に、鶏肉&玉ねぎが、甘めのダシで半熟加減にとじた玉子が載ってて、小ねぎ、刻みのりがトッピングしてあって、これに、みそ汁、漬物が付いてた。

親子丼の中には、食べやすい大きさ(2〜3cm程)の鶏肉が多めに入っていた。つくば鶏で作ってあるとのことで、淡泊でくさみなく、柔らか。玉子はよく攪拌してあって、ふんわりとしてた。みそ汁は、ほんのり甘い鶏肉&長ねぎのみそ汁だった。



唐揚げ定食 ¥700

唐揚げ定食は、カラッと揚がった唐揚げ5ヶで、ボリュームたっぷり。それに、千切りキャベツ&イタリアンドレッシング、トマト、きゅうり、マヨネーズが添えてあった。これに、ごはん、みそ汁、漬物が付いてた。

唐揚げは、揚げたて熱々でとてもジューシー。肉もごはんの量もたっぷりで、お腹いっぱいになった。

外見は入りにくい印象だが、店内はゆったりしてて、接客も愛想よく、のんびりランチが楽しめた。ラーメン1杯程度の値段でしっかりお昼を食べて、夜に飲みに行く下見を兼ねるのもいいかも。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■ 居酒屋『華族亭』
 茨城県つくば市上野701-2

 電話:029-896-3455
 営業:11:30~翌1:00
 定休日:火曜日