宮ノ下富士屋ホテル併設のベーカリー。

胡桃色の箱形の建物。普通のパン屋さんにしか見えないが、建物横面に、富士屋ホテルの系列を表す懸垂幕が出てた。駐車場はない。

国道1号の宮ノ下交差点近くにある。ピークシーズンだったので、店の前の道路は、ひっきりなしに車が行き交ってた≫人気blogランキング

「富士屋ホテル」は、明治11年(1878)
、日本初の本格的リゾートホテルとして開業した。

前身は、箱根宮ノ下で500年存続し、豊臣秀吉も宿泊したという老舗温泉旅館『藤屋旅館』で、これを山口仙之助が買収し、洋風に改築した。現在は、国際興業(株)の子会社が営む富士屋ホテルチェーンの直営ホテルの1つである。

2万坪の敷地に、本館、西洋館、華御殿、フォレスト館の4棟、別館「菊華荘」と5000坪の庭がある。

・本館…明治24年築
    ホテル内で最も古い和洋折衷の建物、
・西洋館…明治39年築
    明治時代の面影のある洋館
・花御殿…昭和11年築
    千鳥破風の屋根、校倉造りを模した壁が特徴
・フォレスト館…昭和35年築
    高台に建つ、最も新しい建物
・菊華荘…明治28年築の純和風の建物
    皇族の宮ノ下御用邸として建てられた

お城のような形の青碧色の屋根、黄金色の外壁&赤い欄干が麗しい、クラシカルな鉄筋5階建ての客室棟「花御殿」を象徴に、今年、創業135年を迎えた。ジョン・レノンとオノ・ヨーコ、ヘレン・ケラーやチャップリンが宿泊したことでも知られてる。

明治26年〜大正元年までは、外国人客専用ホテルであった。大東亜戦争後9年間は、アメリカ占領軍のレストホテルとして接収された。花御殿地下1階には、それらの歴史が詰まった史料展示室があり、宿泊客には、館内案内ツアーが催されている。

20ン年前、情報通の友人に連れられて、このホテルに初めて入った。
当時は、外壁や欄干の色が今ほど鮮やかではなく、少し鄙びた風情だった。建物内は、木のフロアーに靴音がコツコツと響き、レストランに入ると、従業員に折り目正しく接客されて緊張した。ここのカレーが有名なんだよ、と勧められ、カレーを食べたように思うが、20年以上前のことなので、味のことは全く覚えていない。

今回は、昼食後だったので、パン屋さんのみに立ち寄った。



店内は縦に長い長方形型で、かなり混雑してた。

右手はレジカウンターで、その奥が、冷蔵ショーケースのあるケーキコーナーになってた。



左手は、壁面の陳列棚に、食パン、レーズンパン、カレーパンなどが並んでた。

 

売れ筋パンには順位がついてて、目立つ場所には新作パンが置かれてた。

 

TBSのはなまるマーケットで紹介された、伝統のビーフカレーや伝統のコンソメスープ、とクッキー、ラスクなどが並んでて、お土産になりそう。

「伝統のビーフカレー」は、富士屋ホテル不動の人気メニュー。1964年、今上天皇(当時は皇太子殿下)が来館された際にお召し上がりになった。

 

レジ近くには、店の紹介記事と、冷やしたホテルの天然水¥160が置かれてた。

この天然水は、箱根山系から汲み上げた軟水で、厨房でも使ってて、ホテルの料理は全てこの水がベースになっているとのこと。



冷蔵ショーケースには、ホールケーキ(アップルパイ、モンブラン、クラッシックショコラ、チーズケーキなど)と、ロールケーキ、カットケーキ、プリンが並んでた。値段はいくらか高め。



午後3時頃だったせいか、並んでるケーキは少なめ。ちょっと考えて、ケーキ3ヶ+プリン、ショーケースの端の方にあった、冷やしオレンジパンを購入した。



上:宮ノ下プリン ¥315
  ショコラ   ¥500
下:レアチーズケーキ  ¥500
  カットアップルパイ ¥500

宮ノ下プリンは、少し濃い色(ほんのり茶色かかってる)のプリンで、上にも下にもカラメルソースは入っていなかった。とろけるように滑らかな食感で、メープル風味が上品なやさしいプリンだった。

ショコラは、生地にチョコがしっかり入ってて、堅めで密度があり、チョコレート味濃厚。生クリームがたっぷりめにトッピングされてて、ハードな食感が和らぐ。

レアチーズケーキは、プルプル弾力のあるチーズ風味のムース層が厚めで、薄めのスポンジ層&キュンと酸味のあるベリー系ソースが支えてた。酸味によってダレず、引き締まった甘さのレアチーズケーキになってた。

アップルパイは、ホール(大、小)でも販売されてて、カレーと並ぶ人気の品。ジョンレノンが滞在時、ホテル特製のこのアップルパイがお気に入りだったそう。

大きめサイズで、中にはシナモン風味のりんごがたっぷり詰まってる。パイ表面には、つや出しのジャムなどが塗布されてなく、素朴な味に仕上がってる。ボリュームたっぷりで、2人で分け合ってもよさそう。


冷やしオレンジパン ¥300

冷やしオレンジパンは、ドーム型のパンの中に、爽やかなオレンジ風味のクリームが入ってた。形やパンの食感が、メロンパンに似てて、クリームの入った高級メロンパンのオレンジバージョン的なパンだった。

宮ノ下富士屋ホテルのレストランは、伝統のビーフカレー¥2400、オムライス¥2600と、とても高級で、子供連れなどには敷居が高く、気楽には立ち寄れないが、ベーカリー&スイーツ『PICOT』なら、パンもケーキも少し高めだが、十分に手が届くので、立ち寄りやすい。伝統の味を気軽に楽しむのに便利。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

富士屋ホテル ベーカリー&スイーツ『PICOT』
 神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下359

 電話:0460-82-5541
 営業:8:30~11:00
 定休日:無休