取手市の藤代駅の約700m西にあるとんこつラーメンの店。平成23年9月19日にオープン。

黒い外壁に黄色で店名が表示してある、箱形の建物。西側の玄関に白い暖簾がかかってた。

建物北側に4〜5台分の駐車場スペースがあった≫人気blogランキング



国道6号の鋭角に交わった谷中本田交差点にある。麺屋鎌倉山の200m西にある。

ゆきむら亭のすぐ隣にあった。



玄関入ると、店内は縦に長い長方形型。すぐ左手にレジがあって、レジ正面から奥へ通路がまっすぐに延びてる。

通路左手は、厨房とそれに面したカウンター7席があり、右手は、ボックス風に仕切られたテーブル席(4〜6人×2)と小上がり席(6人卓×2)になってた。

カウンターには、いいちこなどの焼酎の瓶が並び、壁にはつまみ風のメニューが表示されてて、居酒屋を兼ねてる雰囲気。



いらっしゃいませ、と接客係の20歳位の女性に迎えられて、席に座った。

厨房では、あごひげ&黒縁眼鏡の30代位の店主らしき男性と30歳位の女性が働いてた。3人とも黒い野球帽を被ってて、女性たちは、後頭部で髪を結び左右の耳前の髪が後れ毛風にたらしてあって、おしゃれで今風のラーメン店。



カウンター席の上の壁には、各ラーメンの写真、具の説明、トッピングの種類が表示されてた。

壁には、酒のつまみのメニューが貼ってあり、居酒屋のような雰囲気。



ウェブを見ると、開店当初は食券システムだったようだが、接客係に注文した。

厨房では、店主+2人の女性従業員が話をしながらにこやかに働いてた。



メニューは、クリアーファイルに入ってた。

とんこつ醤油+味玉ラーメン¥730と、魚介系煮干鶏だし醤油ラーメン¥650、と夏季限定の冷やしラーメン¥500と、接客係の女性が持ってきてくれた、お得なセットメニューから、Bセット:ぎょうざ6ヶ(orからあげ5ヶ)&白飯を注文した。

ちょっと待ってたら、出来上がったラーメンが運ばれてきた。


とんこつ醤油+味玉らーめん ¥730

・麺…ストレート細麺
・スープ…白濁、背脂&油分多、こってり
・具…焼豚、きくらげ、味玉1ヶ
   のり(8切)、小ねぎ

とんこつ醤油らーめんは、油分、細かい背脂をたっぷり含み、ニンニク風味が効いててぽったり濃厚なスープの中に、白っぽいストレート麺が入ってる。麺は、ゆで加減を7段階から選べた。

焼豚は、豚バラロールで、脂身がとろけるほど柔らか。食べてるうちに、麺や箸と触れるだけで解れる。きくらげは、こりこりとしてて、味玉は、半熟で卵黄が透明感があったが、流れださない固さで、醤油味がしっかり浸みてた。


魚介系煮干鶏だし醤油らーめん ¥650

・麺…縮れ太麺
・スープ…混濁少ない、油分中くらい
・具…焼豚、メンマ、のり(8切)、長ねぎ

魚介系煮干鶏だし醤油は、混濁少なめのスープは、適度な油分と魚介系の香りがほどよく、魚と鶏のどちらも突出することなく、まろやかに仕上がってた。

麺は、縮れた太麺で、もっちり弾力があって、スープがよく絡む。ゆで加減は、好みで3段階から選べる。

豚バラロールの焼豚が大きめで、見た目より、食べ応えがあった。


冷やしらーめん ¥500

・麺…縮れ太麺
・スープ…油分控えめ、魚系風味
・具…メンマ、鶏肉、のり(8切)、長ねぎ

冷やしラーメンは、通常より鋭角な形の丼で運ばれてきた。ヒンヤリという程ではないが、ちゃんと冷めたいラーメンで、シンプルに、4種の具がトッピングされてた。

丼のスープ水面あたりには、細かい粉末が付着してて、スープを口に含むと、やや濃い味仕立て(しょっぱめ)で、ちょっと控えめな油分とともに、魚介のだしの風味が感じられる。

麺はもっちりとした食感の縮れた太麺で、熱がない分、食べ終わるまで堅めの食感が維持できてた。鶏肉は皮や脂身なく、茹(蒸?)でてほぐしてあって、ヘルシーで食べやすかった。


Bセット
 ぎょうざ6ヶ(or唐揚げ5ヶ)+白飯 +¥350

ぎょうざは、もっちり厚みのある自家製っぽい皮に包まれてた。具は下味が付いてて、そのままでも食べられるが、醤油やラー油などの調味料を少しつけるとより風味よく味わえる。ごはんは、半ライス風に茶碗に軽くよそってあった。麺だけだともの足りない時に良さそうで、しっかり食べたい男性にはうれしい。

目立つ場所にあり、気軽に入れるためか、どんどん客が来ていた。ちょっとラーメンを食べる時や、夜にちょっとお酒を飲むのに良さそう。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■九州とんこつラーメン『南木(なみき)』
 茨城県取手市藤代980-1
 電話:0297-82-6399
 営業:11:00~15:00
    18:00~22:00
 土日祝…中休みなし
 木曜…夜営業なし
 定休日:無休