つくば市吾妻にある定食店。平成24年4月にオープンした。

友朋堂書店吾妻店の20m程東の2階建て雑居ビル1階にある。

駐車場は店の前に3台分ほど≫人気blogランキング



少し離れたところから見ると、店があるのはわかりにくい。

ここは、その昔、『こよみ』だった店舗。この近くにはフランス料理店ポンヌフがある。



暖簾などは掛かってないが、玄関脇にメニューが掲示されてた。

玄関扉は2重で、外側の自動ドアは故障中で、さらに2つめの自動ドアも故障だった。開かないので営業してないのかも思ってしまった。手で開けてみて営業中とわかった。



何とか店内に入ると、正面奥へ通路が延び、この右手が小上がり席になってて、左手は、奥が厨房とそれに面したカウンター席、通路を隔てて、手前は個室にもなりそうな小上がり席があった。

いらっしゃいませ、と通路中ほどのレジのところにいた30〜40代のエプロン姿の女性に迎えられて、空いてる席に座った。

厨房では、店主らしきロマンスグレーっぽい年代(50〜60代?)の男性と40代位の女性が働いてた。

 

ランチメニューは、定食が10種ほどあって、どれも¥600。レジ前には、2種ランチ(日替わり)の見本(本物の料理)が置かれてた。

ちょっと考えて、豚の生姜焼き定食と肉野菜炒め定食を注文した。

10分強ほどで料理が運ばれてきた。


豚肉の生姜焼き定食 ¥600

豚の生姜焼きは、小間切れの豚肉が、たっぷりの玉ねぎと一緒に、甘さ控えのタレを絡めて炒めて、千切りキャベツ、グレープフルーツを添えて盛り付けてあった。これに、ごはん、みそ汁、小鉢、漬物が付いてた。

みそ汁は、人参、大根、玉ねぎの、やや甘口のみそ汁で、小鉢は切り干し大根だった。


肉野菜炒め定食 ¥600

肉野菜炒めは、楕円の金属皿にたっぷりよそってあった。豚肉、もやし、ニラ、人参、玉ねぎ、キャベツ、きくらげを、強火で炒めたようで、水っぽくないプロらしい野菜炒めだった。これに、これに、ごはん、みそ汁、小鉢、漬物が付いてた。


コーヒー

メニューには、書かれてなかったが、食後アイスコーヒー(微糖)が運ばれてきた。

正午頃になると、おそろいのユニフォームを着た女性グループや、スーツ姿の若い男性グループなどが、慣れたように入店してきてて、近くの会社の人たちのようだった。

暖簾がないので、営業中かどうか分かりにくく、しかも玄関ドアが壊れてて入りにくいが、ラーメン1杯(最近流行の高額ラーメンより)くらいの安価で手頃な価格で、野菜もたっぷり入ってる定食が食べられるのはうれしい。近所で働く人に人気があるのも納得。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■『キッチン ミズホ』
 茨城県つくば市吾妻3-13-9

 電話:029-858-3383
 営業:11:45~14:00
    18:00~21:30
 定休日:日曜