新潟市中央区東堀通にある、こぢんまりとしたイタリア料理店。平成21年9月11日のオープン。

白いタイル貼りの12階建ビルの1階の3つある店舗の1つ。玄関脇にトリコロールの旗が掲げられててるが、看板が出てないので、店があるとは認識しにくい。

営業時間は、夕方〜深夜3時で、バーを兼ねてるよう≫人気blogランキング



東堀交差点から南100mのところにある。

人情横丁の西端の、『そば処なかむら』から、南へ約50mの位置にある。この通り沿いには、『岡田本店』『東堀 佐々木』などがある。



表にメニューなどが貼ってあった。



ガラスの片開きドアから入ると、正面奥へと通路が延び、この右手の壁&ガラス窓の向こう側が厨房になってて、左手にテーブル席(4人×1、2人×4)が1列に配置されてる。



若い男性従業員に、いらっしゃいませと迎えられて、空いてるテーブル席へと案内された。



厨房の奥には、バー風のカウンター(5席)があって、1人でも立ち寄れそう。

 

小さい店だが、メニューは豊富。ドリンクメニューも多かった。





まず、生ビール¥500と、スワンレイクビールのアンバースワンエール¥800と、農園野菜のバーニャカウダー(ハーフサイズ)¥1000を注文。

肉料理は、30分くらい時間がかかりますとのこと。

厨房で調理してた、川越達也風のちょっと甘い雰囲気の30代くらいの男性が店主のよう。若いスタッフ2人(男性と女性)が、厨房と客席側を行ったり来たりしながら、調理のサポートや接客などを行ってた。


(左)生ビール ¥550
(右)アンバースワンエール ¥800

生ビールは、冷えてて、一気に飲んでしまった。

アンバースワンエールは、新潟県阿賀野市にある「スワンレイクビール醸造所」で作られてるクラフトビール(=地ビールのこと)。2012年、アメリカで開催された「World Beer Awards 」(世界最高峰のビール審査会のひとつ、ビール業界のオリンピックと言われ2年に1回開催)で銀賞を受賞するなど、国内外のビール品評会で数々の賞を穫ってる。どっしりとした苦みのある風味豊かなビールだった。


お通し(テーブルチャージ料)¥300

お通しは、鯖の燻製だった。黒胡椒がピリッと効いてて、青み魚の風味を和らげてて、これだったら鯖が苦手な人でも大丈夫そう。



農園野菜のバーニャカウダー(1/2)¥1000

バーニャカウダーとは、温めたソースに、野菜やパンなどをつけて、フォンデュスタイルで食べるイタリア北部の料理。

ガラスの器に、氷を添えて、じゃがいも、ラデッシュ、パプリカ、カブ、ミニトマト、紫キャベツ、小松菜など10種位の野菜が立体的に盛り合わされてた。別添えの白い器に入ったソースを、たっぷりつけてお召し上がり下さいとのこと。

ソースは、クリーム状の滑らかなソースで、固形燃料で下から加熱されてた。ひんやり冷えてる野菜につけて食べると、アンチョビの風味が口の中に柔らかに広がる。食べ進んで後半になると、ソースが少なくなってくると、加熱によって、縁の部分からちょっと焦げたようになってきて、香ばしい風味でも味わえた。

料理は、やや間を置いて、順番に運ばれてきた。


兵庫赤穂牡蠣とキノコの
 香草バターオーブン焼き ¥900

牡蠣は、香草のペーストを載せて、オーブンで香ばしく焼いてあって、とてもジューシー。キノコもたっぷり入ってて、軽くトーストしたフランスパンが添えてあった。


自家製ピクルス ¥500

自家製ピクルスは、ヤングコーン、カリフラワー、きゅうり、パプリカ、カブなど、6種の盛り合わせ。酸味がさわやかで食べやすい。


ワイン
白:アルトアディジェ・ゲヴェルツトラミネール ¥700
赤:ファルネーゼ ドンカミッロ ¥800

白ワインは、フルーツ風味で飲みやすく。赤ワインは、タンニンが効いてて、密度のある味わい。


スパークリングワイン ¥650

スパークリングワインは、口の中でシュワシュワ炭酸がはじけて、口の中がさっぱりとした。


シャラン産鴨胸肉のロースト
 新潟山わさびのソース ¥2200

鴨胸肉のローストは、厚切りになってた。火が通り過ぎてなくて、外が香ばしく、中はジューシーで、鴨肉らしい弾力&柔らかな食感がしっかり味わえた。フランボワーズの甘酸っぱいソースがかかってて、肉の重さを和らげてる。私の好物のラタトゥイユが添えてあったのも、うれしかった。


ヤリイカと菜の花のアーリオ・オーリオ
 カラスミかけ ¥950

アーリオ→にんにく、オーリオ→オリーブオイル、の意味。

ヤリイカと菜の花は、ニンニク&オリーブオイルで炒めてられ、粉チーズ風にからすみが振りかけてあった。

ヤリイカが繊細な食感で、からすみの風味&塩分がほどよく効いてて、見た目より複雑な味わいの料理になってた。


鮮魚(真鯛)のカルパッチョ 
 たっぷり野菜の菜園風 ¥1200

カルパッチョは、真鯛の上にたっぷり野菜がのってて、サラダ風の料理だった。



カナダ産オマール海老の
 トマトクリームスパゲティ ¥2200

オマール海老のスパゲティは、オマール海老がたっぷり入ってて、トマトクリームソースがしっかりと絡んでた。

海老は冷凍ではなく、生のオマール海老のよう。身がほっくりとしてて、風味濃厚で、贅沢なスパゲティだった。


湯乃谷村深雪もち豚のサルシッチャと
 青唐辛子のスパゲティ ¥1300

もち豚のサルシッチャと青唐辛子のスパゲティは、スパゲティと粗挽き風の豚肉ともに、艶よく絡めてあった。見た目はシンプルだが、青唐辛子の香りがよく、ピリっと辛みが効いてて、赤唐辛子のパスタとは異なる味わい。


ホットカクテル(左)柚ジンジャー ¥680
       (右)自家製サングリア ¥600

柚ジンジャーは、柚の香りがよく、自家製サングリアは、スパイシーでほんのり甘くて、どちらも飲みやすかった。

勢いで、デザートも注文。


(左)ゴルゴンゾーラのチーズケーキ ¥500
(右)おっとな〜のティラミス ¥500

ゴルゴンゾーラのチーズケーキは、カビ臭さなく、塩分少し濃めで深みのあるチーズケーキだった。

ティラミスは、骨太な苦みの、本格的なティラミスだった。


食後酒:グラッパ ¥600

渋くてきりっとした味。最後に飲むのによさそうで、更に酔ってしまった。

こぢんまりしてて目立たないが、おしゃれで本格的なイタリアンで、居心地が良い。中心街からも近く、意外に便利な場所にあり、使いやすそう。店を出て歩き出しても、店員にしばらく見送りされた。良い酔い心地で新潟の中心街を歩いて帰った。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■Rest&Run『Passione』
 新潟県新潟市中央区東堀前通5番町417-1
 トーカンマンション東堀 1F
 電話:025-229-1299
 営業:17:30~翌3:00
    (LO翌2:00)
 定休日:日曜日
 時間分煙
  22:00以降は喫煙可