土浦市にある割烹風の居酒屋。荒川沖駅西口の南約600mにある。

降り棟(くだりむね)付き入母屋屋根の平屋建て。玄関両脇には酒樽が置かれ、白地の暖簾がかかってて、風流な店構え。

敷地内奥(東側)に自宅らしき民家があって、店舗&民家をL字で囲むように、西〜南側に駐車場が約15台分あった≫人気blogランキング



国道6号のY字の交差点(荒川沖南区交差点)の脇にあって、6号を北に走ると店が見えるが、あまり目立たない。

土浦駅西口近くにある『いち川』とは関係が無さそう。

店頭にメニューなどは掲示されてなかった。暖簾をくぐり、2重になってる玄関扉を開けて店内へ。

 

中に入ると、すぐ右手に8人用テーブル席があって、その奥に厨房とそれに面したカウンター約4席になってる。

40代位の女性に、いらっしゃいませと迎えられて席に座った。厨房では、店主らしき50代位の細身の男性(髪を後頭部で結わえてる)が働いてて、夫婦?で切り盛りしてる店のよう。



通路を間に、左手が6畳×3間続きのお座敷席になってた。

カウンター席は上部に小屋根があって、お座敷は欄間付きの和室で、各窓に入ってる障子戸から、間接光が柔らかく差し込んでて、少し暗めの店内には、レトロなポスターが貼られてて、昭和っぽい懐かしい雰囲気。

 

テーブルの上のメニューに、ランチ5種と焼魚など、9種ほどの定食があった。

 

他に壁のホワイトボードに、おすすめ定食が掲示されてた。

ちょっと考えて、ほっけの焼魚定食¥750などを注文。

 

お茶&おしぼりが運ばれてきた。カウンターの端のところに、サービス品の生玉子と温泉玉子が準備されてた。

接客係の女性は、動作がゆったりとしてて、少しぶっきらぼうな印象だが、ちょっと親切で、カウンターに玉子がありますからどうぞとすすめてくれた。

ちょっと待ってたら、トレイで定食が運ばれてきた。


ほっけの焼魚定食 ¥750

ほっけの焼魚定食は、色よく焼いたほっけ半身が、たっぷりの大根おろし、レモンを添えて、笹の上に盛り付けてあった。これに、ごはん、みそ汁、漬物、サラダ、小鉢が付いてた。

ほっけは身厚でボリュームがあり、香ばしく焼けてた。ごはんは、丼にたっぷりめによそってあって、三つ葉、なめこ入りのみそ汁は、品のいい味。小鉢は、甘めの切り干し大根で、サラダは、ゆで玉子入りのポテト&マカロニだった。



豚バラ生姜焼き定食 ¥700

豚バラ肉生姜焼き定食は、1口大の豚バラ肉+玉ねぎが、甘からい生姜風味のタレを絡めて炒めてあって、これに、千切りキャベツ、ポテト&マカロニサラダが添えてあって、これに、ごはん、みそ汁、漬物、小鉢が付いてた。肉の量は2人前はありそうなほどのボリュームで、男性客が好きそう。

別な日に、再訪。



とんかつ定食 ¥800

とんかつ定食は、6ヶにカットされたとんかつに千切りキャベツ、ポテト&マカロニサラダが添えてあって、これに、ごはん、みそ汁、漬物、小鉢が付いてた。

とんかつは、油切れよく揚がってて、大きめサイズで、肉の厚みもかなりあった。小鉢は、厚揚げ&鶏挽肉の煮物だった。



ミックスフライ定食 ¥800

ミックスフライ定食は、海老フライ、ヒレカツ、ハムカツの盛り合わせで、千切りキャベツ、ポテト&マカロニサラダ、タルタルソースが添えてあって、これに、ごはん、みそ汁、漬物、小鉢が付いてた。

海老フライは、海老が大きく、透明でない身がふっくらとしてた。ヒレかつは柔らかく、ハムカツは、1cm位の厚切りのハムカツだった。サラッとしたタルタルソースがたっぷりめに添えてあって、しっかり満足できる定食だった。


温泉玉子(サービス品)

温泉玉子は、プルンと滑らかで若干かための温泉玉子だった。

ボリュームたっぷりでお得価格、ばりばり働く人にぴったり。常連らしき、男性グループ、年配のカップル客などが、めがけたように入店してて来てたのも納得できる。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■季節料理『いちかわ』
 茨城県土浦市荒川沖5-1

 電話:029-843-3907
 営業:11:45~14:00
    17:30頃?~
 定休日:日曜、祝日