稲敷郡阿見町にある、妙な店名の割烹。平成2年創業。

なだらかな勾配の切妻屋根の平屋建て。店頭に15台分ほどの駐車場があり、その奥にゆったりと建つ。

牛久阿見ICの2.5km程西にあり、阿見アウトレットモールから近い≫人気blogランキング



県道25号の大砂交差点から南に約1km行くとある。信太の里の西約1kmの位置にある。

この辺は、雑木林&畑が広がる長閑な地域で、民家はほとんどなく、工場や研究所とその駐車場が広い敷地を占める。

道路沿いに「釜めし」や「日替わり定食」の幟がたってた。



玄関前に、本日のおすすめ(=日替わり定食)のメニューが掲示されてた。紺地の暖簾をくぐり、アルミの引戸を開けて店内へ。

 

入ると、正面左奥に広めの厨房とそれに面したカウンター5席があり、通路を隔てて、右手はレジとその先に6〜10畳の和室が3つ並ぶ。



厨房を囲むように、左手奥〜手前にテーブル席(4人×6)がL字に配置されてた。

店内は、ゆったり和風。大小の水槽では、金魚が泳いでて、もの忘れしたように落ち着いた雰囲気。

黄色いエプロンを着けた50代位の女性にいらっしゃいませ、と迎えられて、席に座った。厨房では、60才くらいの店主らしき男性が働いてて、夫婦で切り盛りしてるよう。

 

定食メニューが豊富でどれもお手頃価格。釜飯もあり、いろいろ食べてみたくなった。



割烹としてのメニューもあり、宴会コースもあった。


本日のおすすめ:チキンカツ定食 ¥785

あまり待たず、黒いお盆で料理が運ばれてきた。

チキンカツは、揚げたて。大きめサイズのモモ肉で、食べやすく7ヶにカットされ、たっぷりの野菜(レタス、千切りキャベツ、トマト、アイスプラント)が添えてあった。これに、ごはん、みそ汁、漬物、小鉢(冷や奴)が付いてた。

ごはんは、茨城米で艶々炊けて、たっぷりめによそってあった。みそ汁は、具が、油揚げ、長ねぎ、わかめで、あっさり品のいい味。漬物は自家製だった。



唐揚げ定食 ¥735

唐揚げ定食は、まんべんなく衣を着けて、色よく揚げてあった。ふっくらとした衣に包まれたモモ肉は、下味が付いててジューシー。熱っ熱っだったので、フーフー冷ましながら食べた。

たっぷりの野菜が添えてあって、ごはん、みそ汁、漬物、小鉢(冷や奴)が付いてた。

のんびりできて、居心地がいいので、何回か立ち寄ってみた。

時々、20代位の若い女性も接客しててた、(娘さんorお嫁さんのよう)。厨房左手の和室から、赤ちゃんの声がかすかに聞こえ、店の手伝いをしながら子育てしてるよう。



本日のおすすめ:穴子の天ぷら定食 ¥890

別の日の日替わり定食は、穴子の天ぷら定食だった。

穴子の天ぷら3ヶ+野菜天3ヶ(ナス、人参、れんこん)が色白の衣で揚げてあって、これに、ごはん、みそ汁、漬物、小鉢、天つゆが付いてた。

穴子の鮮度がよく、くさみなどなく、身がふっくらとしてた。値段を考慮すると充実した天ぷら定食だった。



うどんセット ¥785

いろり鍋の蓋の上に、天ぷらを載せて運ばれてきた。

いろり鍋の中には、薄色のダシ&うどんが(1人前より控えめの量)入ってて、天ぷら、ゆかりごはん、漬物、小鉢、天つゆが付いてた。

うどんは、鶏肉、えのき、長ねぎ、かまぼこ、三つ葉が入ってて、かつおの風味が効いてて上品な味。

ゆかりごはんは、炊きたてごはんに、ゆかりをさっくり混ぜてあって、作りたて(混ぜたて)なので、紫蘇の香りがよく、天ぷらは、野菜天5ヶ(かぼちゃ、茄子、ピーマン、レンコンなど)だった。

品数多く、ボリュームたっぷりで、この店の人気メニューなのも納得。



カツ丼 ¥785

カツ丼は、揚げたてのトンカツが、ダシ&卵でとじてあって、超熱々だった。

ダシはちょっと甘めで食べやすく、トンカツには、厚みのある豚肉が使ってあって、ボリュームたっぷり。これに、みそ汁、漬物、小鉢が付いてた。



焼肉定食 ¥785

焼肉定食は、大きめの豚肉が、焼き色を付けて焼いてあって、バーベキュー風のタレがたっぷりかかってた。ポークソテーのよう。これに、たっぷりの野菜を添えて、ごはん、みそ汁、漬物、小鉢が付いてた。



とんかつ定食 ¥840

とんかつ定食は、ちゃんとした大きさの豚肉(ロース肉のよう)が中目のパン粉を付けて、サクッと揚がってた。

肉は軟らかく表面積と厚みがあって、食べ応えがあり肉の味も楽しめた。とんかつ専門店なら、1000円以上はしそう。



エビ・唐揚げ定食 ¥840

エビ・唐揚げ定食は、エビフライ2ヶ&唐揚げ3ヶの盛り合わせ。

エビフライは、中〜大きめで、中には、透明ではない白い身のちゃんとしたエビが入ってた。

エビフライ&唐揚げが、こんなお手頃価格に味わえるとは得した感じ。



五目釜飯 ¥995

五目釜飯は、注文すると、お米&ダシ入りのお釜が、簡易コンロ&固形燃料と一緒に運ばれてきて、目の前で炊くようになってる。

お釜の蓋は、中央の部分がガラスになってて、炊きあがる過程が見える。さらに沸騰してくると、いいにおいのする湯気が立ちのぼってくるので、期待が高まる。

炊きあがるまで、約30分くらいかかるが、わくわくして待っていたので、そんなに長く感じなかった。炊きあがる頃、タイミングよく、みそ汁などが運ばれてくる。

蓋を開けると、湯気の中に、海老、鶏肉、かまぼこ、山菜、きのこなどの載った、炊きたてのごはんが現れた。ダシがきいてて、底の部分がちょっと焦げてて、香ばしい。

昼時は、スーツ姿や作業着姿の男性グループが、来店してきてて、男性に人気の店。+¥105で、ごはん大盛りで注文して、丼の山盛りごはんを食べてる男性もいた。とんかつ、唐揚げなどが人気のよう。

定食は、良心的価格で、ボリュームたっぷりで、割烹というだけあってしっかりとした料理。ご飯は、直接農家と契約してているコシヒカリを使用しているとのことで、つやつや炊けてた。店内も店の周囲ののんびりしているのでゆったりできる。目立たない場所にあるが人気があるのも頷ける。定食の種類が多く、ドレッシングや、小鉢が毎回変わるので、近くにあったら頻回に通ってしまいそう。すすめ度は、7.2.

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■『ザ・割烹』
 茨城県稲敷郡阿見町吉原3597-118
 電話:029-889-0811
 営業:11:30~13:30
      (LO)
    17:00~19:30
      (LO)
 定休日:日曜日