土浦市神立にある寿司店。

入母屋造りのどっしりとした2階建て。似た建物が2棟並び、広い道路に近い方が『寿司政』で、奥側が手打ち蕎麦店『大政』になってた。

駐車場は、店の先などにあった≫人気blogランキング



広めの道路から、コンビニ(COCO)の脇の小路を20m入った所にある。天ぷら店『天塩』の南西500mの位置にある。

店の所在を示すかのように、コンビニ(COCO)脇に2つの店の看板が並んでたってて、そこに「ランチ寿司そばセット800円」と表示されてた。この2つの店、駐車場も共同みたいで、親族経営の店のよう。

店頭の石段を4段ほど上り、紺地の暖簾をくぐって、引き戸を開けて店内へ。



中に入ると、店内は縦に長い長方形型。右手が厨房とそれに面してガラスの冷蔵ケースのあるカウンター席になってて、通路を間だに、左手が縦長のお座敷席になってた。

純和風の店内は、ゆったりとしてて昔懐かしい雰囲気。地域の宴会場を兼ねてたような趣きがある。

60代位の女性に、いらっしゃいませと迎えられて、お好きな席にどうぞと言われた。



席に座ると、接客係の女性が、寿司店らしい大きな湯飲みで、緑茶を運んできてくれた。ランチでいいですね、と言われてランチにぎりセット¥800を注文した。ランチは1種のみのよう。

 

2カ所に分かれてる厨房は、60代位の男性がそれぞれの厨房で1人づつ働いてた。

カウンター内の厨房には、細身の男性がいて、この人が寿司店の店主のよう。通路奥右手の厨房では、それよりやや小柄に見える男性が、大鍋でお湯を沸かして、そばを茹でてた。この人が蕎麦店の店主のよう(この男性の右手にあるドアが開けっ放しになってて、蕎麦店と寿司店がこのドアで繋がってる構造になってるのかも?)

ちょっと待ってたら、料理が運ばれてきた。



ランチにぎりセット ¥800

ランチにぎりセットは、もりそば&にぎり寿司がセットになってるランチで、そばつゆ、薬味、みそ汁が付いてた。

もりそばは、四角い竹せいろによそってあった。思ったよりたっぷりめで、1人前よりやや少ない位の量。そばは手打ちで、黒っぽい粒々が混じってる透明感のある薄茶色をした、3mm程の少し平べったい形で、挽きぐるみ(そばの殻ごと挽いた)粉で打ってあるよう。流水(水道水)でしめてあって、冷た過ぎず、そばの香りがほんのり感じられた。もっちりとした食感の中に、時々、殻の存在が感じられる。

そばつゆは、甘さ抑えた、中口タイプのもので、冷蔵庫で冷やしてあった。この冷たいそばつゆにに付けて食べると、そばの食感と風味がキュッと引き締まって、のどごしよく食べられた。軽いぬめりもあって、常陸秋そばが使われているのかも。

にぎり寿司は、寿司下駄の上に、7貫+中巻2ヶが載ってて、これだけでも1人前のボリュームがあった。

7貫は、まぐろ(めばち?)2ヶ、白身、炙りサーモン、玉子、ねぎトロ(軍艦)、海老で、ネタが大きめで、しゃりが酸味が控えめで食べやすかった。中巻きは、玉子、生姜の甘酢漬け(ガリ)、きゅうり&青しそ、光ものが巻いてあって、生姜と青シソが効いてて、爽やかな巻き寿司だった。回転寿司とは違う本格的な寿司だった。


コーヒー&デザート(サービス品)

食後、コーヒーと一緒に、デザートの芋羊羹が運ばれてきた。デザートはこの日のサービスのよう。

冷えてて口あたりよく、ちょっと大きめに切ってあったのに、ペロリと食べられた。さずが、デザートは別腹。いかなあと思ったが、舟和の芋ようかん(芋羊羹発祥の店)より、甘さ控えめで素朴な味で、手作りらしい芋ようかんだった。

ランチは、若い男性でも十分なボリューム。たった800円で、本格的お寿司と手打ち蕎麦が食べられ、その上コーヒーも付くとは驚きのお得価格。意外にゆったりしてて、居心地も良く、充実したランチがお手頃価格で楽しめるので、近くに住んでたら通っちゃいそう。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■『寿司政』
 茨城県土浦市神立町3698-45

 電話:029-831-8018
 営業:11:30頃~
 定休日:月曜?