牛久市の小さなチャイニーズ食堂。昭和46年(1971)創業。

切妻屋根の2階建て。道路に面した、急勾配の瓦屋根のある部分が店舗になってる。

駐車場はなさそうだが、路駐したり、斜め向かいの空き地に車を止めて客が来てた≫人気blogランキング



この辺りは、牛久市の昔からの住宅地。国道6号を少しそれた、水戸街道の牛久宿だった通りの、本牛久郵便局近くの交差点で西に入り、150m行くとY字路に面して店はある。

赤い暖簾はあるものの、看板はあまりなく、店は目立たない。



引き戸を開けて、中に入ると、手前がテーブル席(8人)で、正面奥が厨房で、右手に小上がり席(4人×3)がある。

いらっしゃいませと、60歳位の女性に明るい声で迎えられて、席に座った。厨房では、白い調理着姿の70歳位の男性が働いてて、この人が店主で、夫婦2人で切り盛りしてるよう。

店内は、こぢんまりとしててて家庭的で、古いが手は行き届いているよう。カレンダーが複数はってあった。

壁側にミネラルウォーターのサーバーがあった。そこから汲んで運ばれてきたが、水は美味しかった。



メニューは麺類がお手頃価格。

注文受けると、店主は、厨房で調理を始めた。

客席側との間のカウンターのすぐ向こう側にコンロがあり、店主は客席側を向き立って調理してた。カウンターの上には、直径10cm程の円柱型のシルバー色の調味料入れが4つ並び、ここからお玉ですくって調理してた。

中華鍋とお玉のぶつかる音や、炒めものをしてる音などが聞こえてきた後、料理が運ばれてきた。


ラーメン ¥450

・麺…少しウエーブした細麺
・スープ…油分少〜中、澄んでる
・具…焼豚、ナルト、わかめ、ねぎ

ラーメンは、普通のラーメン丼で運ばれてきた。
混濁のないスープ表面には、油分が控えめに浮いてる。飲んでみると、ダシの風味軽やかで、塩分がしっかりめに効いてて、あっさりとした風味。麺は、白っぽい色の少しウエーブのある細麺で、つるつるとした食感で、やや柔らかめに茹でてあった。

自家製の焼豚は、煮豚タイプのもの。脂身が適度に混じってた肩ロースっぽい焼き豚で、豚肉らしい食感と風味。

オーソドックスな、昔懐かしいラーメン。


タンメン ¥600

タンメンは、作りたての熱々。細麺の上に、炒めた具(豚肉、キャベツ、もやし、人参、玉ねぎ)がたっぷりと載ってて、スープが澄んでて、シンプルであっさり系のタンメンだった。豚肉も多めで、男性客にも受けそう。


広東麺 ¥700

広東麺は、麺&醤油風味のスープの上に、炒めて餡を絡めた具がたっぷり載ってて、冬にぴったりの体が温まるラーメンだった。


五目そば ¥750

五目そばは、麺の上に、たっぷりの野菜+焼豚、ゆで玉子、ナルト、かまぼこが載ってて、カラフルでボリュームがあった。丸ごと入ってる椎茸の風味が効いてて、和風味のラーメンになってた。


野菜炒め ¥600

野菜炒めは、豚肉、キャベツ、もやし、にんじん、玉ねぎがマイルドな醤油風味で炒めてあって、水分が出すぎてなくて、香ばしく炒めてあった。もやしの量が、キャベツより控えめになってて、水分が出すぎてなくて、ちゃんとした野菜炒めだった。深皿なので見た目よりボリュームがあり、2人前くらいはあった。


炒飯 ¥700

チャーハンは、量がたっぷりめだった。豚肉、ナルト、玉子入りで、豚肉とごはんに焦げ色が付いてて、香ばしかった。ナルトが大きめに切ってあって、存在感があった。使ってある油が多すぎないので、クドさがなくて食べやすかった。

お手頃価格でボリュームもあり、懐かしい味で気軽に食べられる。近所の客に人気があるのも納得。この付近は、人口が多いのに飲食店が少ない。目立たない店だが、この近くに行ったらちょっと寄ると便利。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■中華料理『清竜』
 茨城県牛久市牛久町2496-1

 電話:029-872-3701
 営業:11:30~20:30
 定休日: 月曜日