土浦駅東口から、南北に通る広い道路を、400m南に行くとあるカフェ風の食事処。

テラコッタ風タイル貼りのおしゃれな建物。煙突風に突き出してる四角柱のてっぺんに看板がある。隣の美容院の建物(白壁造りの2階建て)と棟続きで、両方とも1階が店舗、2階が住まいになってるよう。

店頭に3台くらい駐車できそうなスペースがあった≫人気blogランキング



桜川にかかる水郷橋を渡って、南側の河畔にある。南隣にある8階建てマンションと色合いが似てて、南側から眺めると、保護色みたいで目立たない。

以前、昼時に通りかかったら、ちょうど、めがけたようにやってきた車が、店頭に駐車してたのを目撃して以来、気になってた。

同じ並びに間に2軒挟んで土浦ラーメンがあり、広い道路の反対側には、めいけん亭結城寿司など、お手頃価格のランチの店が近くにある。

  

店頭にランチメニュー(日替わりで2種)が掲示されてた。デザート、ドリンク付きで880円とはお手頃価格。



白い窓枠の玄関ドアを開けて、中へ入ると、縦に長方形型の店内は、意外にも明るくてお洒落。

すぐ正面の小窓のある壁の前に、透明のコレクションケースが2つ置かれ、中には、プーさんやミッキー、ペコちゃんなどのミニチュアがいっぱい並んでた。

この右手は、レンガで縁取った小壁で緩やかに仕切った空間になってて、グループランチができそうな6〜7人用テーブルがゆったりと配置されてた。

小窓のある壁の向こう側にある厨房から出てきた40代位の女性に、いらっしゃいませ、と丁寧に迎えられて、どうぞと、奥の席へと案内された。



小壁の向こう側は、衝立風間仕切りに面したカウンター席(4席)と、縦長の窓に沿って、4人用テーブル席、2人用丸テーブルが配置されてた。

窓には、カフェカーテン、壁には、色や形の異なるリースが飾られてる店内は、柔らかな雰囲気が漂ってて、おしゃれなカフェにいるような気分。

厨房には、30〜40代位の女性もいて、女性2人で切り盛りしてる店のよう。

 
 

メニューは割と豊富で、たべものや、と看板にあったが、カフェのよう。

2種の日替わりランチ、各¥880(スープ、デザート、コーヒーor紅茶付き)を注文した。

厨房から聞こえてくる、ジュージュー炒めものをしてる音などを聞きながら、ちょっと待てたら、料理が運ばれてきた。


ランチ:焼肉どんぶり、フライ・サラダ添え ¥880

焼肉どんぶりは、スープ、フライ、小鉢、漬物を添えて、トレイで運ばれてきた。

焼肉丼は、ごはんの上に、玉ねぎ、人参、ピーマンと一緒に、甘しょっぱいタレで炒めた豚肉がのってて、刻みのりがトッピングされてた。甘めのタレの絡んだ肉が軟らかで、刻みのりによって、和風の焼肉丼になってた。食べやすい味付けだった

スープは、白菜たっぷりの野菜スープで、丼っぽい大きなカップに入ってて、ボリュームたっぷり。フライは揚げたてコロッケで、熱々のホックホックで、生野菜がたっぷりめに添えてあった。小鉢はもやしのナムルで、漬物はシャキシャキとした食感の桜漬け。

高騰してる野菜が多めに使われてて、焼肉がメインなのに、ヘルシーさも兼ね備えた内容。


ランチ:オムライス、チキンカツ・サラダ添え ¥880

オムライスは、大きめの丸皿に、チーズチキンカツ、生野菜、フライドポテト、もやしのナムル、桜漬けを添えて、ワンプレート風に盛り付けられてて、野菜たっぷりのスープが添えてあった。

オムライスには、ソースがかかってて家庭的な味。ほんのり半熟の玉子の下に、ケチャップライスが入っててた。ケチャップライスは、ピーマン、赤パプリカを入れて、しっかりケチャップを入れて炒めてあった。チキンカツは、とろけたチーズが淡泊な鶏肉に、濃厚さを加えてた。スープは野菜がたっぷり入ってて、体が温まった。


デザート

食後、女の子の描かれたお皿で、コーヒーゼリー&りんご運ばれてきた。コーヒーゼリーには、ホイップクリームが載ってて、りんごは、うさぎりんごに切ってあって、切ってもらう立場は久しぶりなので、ちょっとうれしかった。


ドリンク

ドリンクはコーヒーor紅茶から選べた。ホットコーヒーはお替わりできる。

野菜がたっぷり使ってあって、家庭的な内容のランチで、ボリュームもあった。お手頃価格でデザートとドリンクもついてて、おしゃれな店内でゆったりできる。お昼時には、勢いよく客が入って来てたのも納得できる。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■たべものや『KATO屋』
 茨城県土浦市蓮河原新町1-31?

 電話:
 営業:11:00~19:00
 ランチ:月〜金
    11:30~14:00
 定休日: 土曜日