つくば市高野台にある喫茶店。

招き&差し掛け屋根の2階建て。

牛久土浦バイパス分岐の400m程北の、国道408号沿いにある≫人気blogランキング



408を挟んで向かい側いには、ドライブイン牧園がある。

10年ぶりに立ち寄ってみた。

 

棟続きになってる住まい用の玄関が408号の反対側にあり、その前に4台分のお客用の駐車スペースがあった。

北側にある店舗用の玄関前にメニューが掲示されてた。階段を4段ほど上り、白い片開きドアを開けて店内へ。



中に入ると、店内は正面奥〜右手がドリンク用のキッチンとそれに面したカウンター席(5席)になってて、右手前〜奥にL字にテーブル席(4人用×3、6人用×2)が縦横の向きで配置されてた。

店内は、出窓には、レースカーテン、鉢植えや花瓶の花、小物が飾られ、天井には、照明のプロペラファンが回転してて、少しレトロで家庭的な雰囲気で、松田龍平のサイン入り色紙なども飾られてた。

カウンター内のキッチンにいた40代位の女に、いらっしゃいませと明るく迎えられて、空いてる席に座った。キッチンの左手が調理用の厨房になってて、60代位の女性が料理を担当してて、母と娘で切り盛りしてる店のよう。



壁に掲示されてるセットメニューがランチメニューとのこと。焼魚、焼肉、揚げ物、カレー、スパゲッティと種類豊富で、ドリンク付きで¥900〜980。

 
 

メニューを見ると、飲み物の種類が多いので、喫茶店であることが分かる。

ちょっと考えて、黒板に書いてあるセットメニューから、焼肉¥980、アジ&いかフライ¥900を注文。焼肉はタレが3種(ニンニク、しょうが、みそ)あったので、しょうがを選んだ。

ドリンクは、コーヒー、紅茶など7種から選べた。

あまり待たずに、料理が運ばれてきた。


 焼肉セット ¥980

焼肉セットは、バラ肉っぽい柔らかめの肉質の薄切り肉が、少し甘さの効いたタレを絡めて炒めてあって、脇に、ごま風味ドレッシングのかかった、生野菜(レタス、キャベツ、トマト、きゅうり)が添えてあって、これに、ごはん、みそ汁、小鉢、漬物が付いてた。

小鉢は大根の煮物で、人参、ツナと一緒に甘しょっぱく煮てあっった。湯気が立ちのぼってる状態で運ばれてきて、作りたてで、大根が熱々でホクホクとしてた。漬物は、自家製のきゅうり漬けで、味噌汁は豆腐&長ねぎのみそ汁だった。

焼き肉は、食べやすい味付けで、ボリュームもたっぷりあって、男性客に人気があるのが納得できる。生野菜も、ごはんもたっぷりめで、しっかりボリュームがあった。


 アジ&いかフライセット ¥900

アジ&いかフライセットは、衣やや厚めのアジフライ、イカフライ(食べやすく4つに切ってある)、に生野菜、タルタルソースが添えてあって、ごはん、みそ汁、小鉢、漬物が付いてた。

常連っぽい男性客が、ごはんの量半分で注文してたので、ごはん少なめで注文したが、それでもしっかりボリュームがあった。


 コーヒー&紅茶

ドリンクは、7種から、コーヒーと紅茶を選んだ。

コーヒーは、豆を挽いてから、ドリップ式で入れてあった。風味よく、さすが本格的な喫茶店の挽き立て、いれたてのコーヒー。紅茶は、上品なカップにいれてあって、ティーパックの紅茶ではないので香りが良い。

入れ立てのコーヒー、料理1品1品が手作りで、料理もコーヒーもしっかり充実してる。こぢんまり家庭的な店だが、ギターの生ライブなどの催しを行うこともあるよう。10年前は愛煙家が多かったが、この日はお昼時間にはほぼ満席になったが、吸う人は少なく煙は気にならなかった。常連客が多いようで、お店の人と言葉を交わしていた。

看板やメニューにチャップリンが載ってて、チャップリンの映画”ライムライト”から、名付けられた店名のよう。

お昼に行くと、充実したボリュームたっぷりの手造りランチが食べられる。そのため定食屋のような印象を受けるが実は古典的な喫茶店。向かいにあるドライブイン牧園もいいが、ここは家庭的雰囲気でくつろげて、本格的なドリンクも付いてるので、ランチをゆったり楽しみたいに人にはお得であろう。おすすめ度は、7.1。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■『茶房 来夢来人(らいむらいと)』
 茨城県つくば市高野台3-19-1
 電話:029-837-1438
 営業時間:10:00~21:00
 ランチタイム:11:30~14:30
     (月〜土)
 定休日: 日曜日
 全席喫煙可