つくば市のジンギスカン料理の店。西洋料理レストラン『カプリス』の店主が、息子の店として平成16年秋にオープンした。

切妻造りの和風の2階建て。看板などにトレードカラーの緑色が使われてる。

何年か、夜のみの営業だったが、去年初めからランチを始めたよう≫人気blogランキング



つくば国際会議場の200m程南西にある。

石丸電気が撤退した場所に、新しい民家が建ち、つくばに住み始めた15年ほど前は、サトームセン、石丸電気、第一家電などが立ち並ぶ電気街として賑わっていたのが、昼時でも人通りなく、めっきり静かな住宅地になってしまった。10年ひと昔って感じ。

店頭が15台分ほどの駐車場になってて、奥まって建ってるので目立たない。

開店当初に行ったことがあるが、ランチのスープカレーがお気に入りだった。

ここは以前、和食『いしだや』だった建物。フレンチの『カプリス』は、2010年12月に閉店したので、その店主は今はここいる。



玄関前に、ランチメニューが掲示されてた。

暖簾をくぐり、引き戸を開けて店内へ。



入ると、右手はL字のカウンターに囲まれた広めの厨房、左手がテーブル席(4人×2)になってた。



テーブル席の左手には、お座敷席2室(4人卓×2、4人卓×1)になってる。2階にも席があるようだが、昼は、1階席のみで営業してるよう。

黒いユニフォーム姿の30代位の男性にいらっしゃいませ、と迎えられて空いてる席に座った。

厨房では、白い調理着を身につけた60代位の男性が調理をしてて、この人がカプリスの店主のよう。
黒いユニフォーム姿の30代位の男性が息子みたい。



 

ランチメニューから、札幌スープカレー¥850、ジン丼¥780、タラバ蟹のクリームコロッケ¥580、オニオングラタンスープ¥420などを注文した。


(左)オニオングラタンスープ ¥420
(右)冷たいカボチャのクリームスープ ¥300

先にスープが運ばれてきた。

オニオングラタンスープは、熱々の状態で運ばれてきた。
飴色に炒めた玉葱がたっぷり入ったスープに、フランスパンを浮かべ、チーズを散らし、軽くオーブンしてある。玉葱が丁寧に炒めてあって、甘さに奥ゆきのあるスープになってる。

冷たいカボチャのクリームスープは、カプリスで一番人気だったスープとのこと。鮮やかな黄色をした滑らかな口あたり上品なスープで、カボチャらしい青くささがほんのり漂う。フレンチレストランの風格漂う、さすがのスープ!


 タラバ蟹のクリームコロッケ(2ヶ)¥580

タラバ蟹のクリームコロッケは、サクッと油ぎれよく揚がってた。

クリーム色かかった濃度のあるクリームコロッケで、蟹の味がしっかりと感じられた。


 札幌スープカレー ¥850

札幌スープカレーは、とろみのないサラサラとしたスパイシーなカレーで、ルーの中には大きめの鶏肉2ヶが入ってて、かぼちゃ、カブ、タマネギ、れんこん、ブロッコリー、人参などの野菜がトッピングされてて、サラダ、ライスが付いてる。

ルーはさらさらしていながらも、香味野菜がしっかり入ってて、クミンなどのスパイスの風味が効いてる。食べてるうちに、じんわりと辛さが効いてくる。

トッピングされてる野菜は、おのおのの食材に合った方法(茹でる、焼く、揚げる)で火が通してあって、野菜そのもの味が生きてて、カレーの中の箸休め的存在になってる。

ごはんは、お皿にたっぷりめによそってあって、見た目よりお腹いっぱいになった。


 ジン丼 ¥780

ジン丼は、ジンギスカン丼のこと。和風の丼ではなく、長楕円の深皿に盛られてて、サラダが付いてた。

ごはんの上に、ちょっと甘口のタレで炒めた、ラム肉、キャベツ、玉ねぎ、にんじん、ピーマンが載ってた。ラム肉が多めに入ってて、食べ応えがあって、もやしが入ってないので、ちょっと品のいいジンギスカン丼になってた。


 小海老のパキスタンカレー ¥780

小海老のパキスタンカレーは、左右の尖った長楕円の深皿に、反対側にサラダを添えて盛りつけてあった。

ぽったり濃度のある辛さマイルドなカレーで、具(玉ねぎ、ピーマン、海老)がたっぷりめに入ってた。海老は、ちょっと大きめで、小海老というより中海老って感じ。


 ラム肉のパキスタンカレー ¥780

ラム肉のパキスタンカレーも、ぽったり濃度のある辛さマイルドなカレーで、具(玉ねぎ、ピーマン、ラム肉)がたっぷりめに入ってて、ボリュームがあった。


入ってすぐに新聞のコピーが貼ってあった。店主親子の写真や経歴などが載ってた。

土浦市の神立地区にある『ひつじの小屋』の店主は、この店で働いた後に開店した。比べてみると、カレーもジンギスカン料理も、この店の方が師匠らしく本格的だった。

この店の札幌スープカレーは、やっぱり私のお気に入り。つくば付近でインドカレーも含めていろいろ食べ歩いたが、これほど微妙で丁寧でスパイシーに仕上がったカレーには出会わなかった。おすすめ度は、7.2としよう。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■札幌ジンギスカン『綿羊』
 茨城県つくば市東新井33-30
 電話:029-858-6578  営業
 ランチ:11:30~14:30
  (月火休み、LO14:00)
 夜:月~土…17:00~24:00
    (LO23:00)
   日 …16:30~22:30
    (LO21:30)
 定休日:不定休 (主に月曜)
 全席喫煙可