土浦市の寿司店。土浦駅東口から約500m南にある。『ゆうきすし』の看板があるが、あまり目立たない。

寄棟ストレート&白壁の今風の和モダンな建物で、寿司店には見えない。2階部分が住居で、北側に張り出した平屋の部分が店舗。

玄関前が約4台分の駐車場になってる≫人気blogランキング



表通りから、少し入った場所にある。アパートなどが立ち並ぶ住宅街で、駅にかなり近いのに、昼時でも人通りがほとんどなく、近所の人しか来店しなさそう。

『めいけん亭』があるビジネスホテル明建のすぐ近くで、その通りの1本北の道路沿いにある。

 

玄関には、黄色いメニューがペタペタ貼られてた。

駐車場の一画の物置風の建物には、値段毎にメニューが列記されてて、回転寿司のような印象をうけるが、実は普通の寿司店。

好評ランチの幟は出てるが、統一性のない外観で、やや入りにくい。

玄関扉は2重。1つめの自動扉は開けっ放しになってたので、その先の型板ガラスの引き戸を開けて、店の中へ。



入ると、店内は思ったよりこぢんまりとしてた。右手が厨房とそれに面したカウンター5席になってた。

厨房の壁全面に、赤や黄、緑のメニューが貼られてて、びっくりするとともに圧倒されてしまう。

厨房にいた60歳代位の細身の男性がいらっしゃいませと迎えてくれて、この人が店主のよう。よく気がつく人で、感じが良かった。



左手はテーブル席(4人用×1)と電気ポットやジャー、スープ保温器などが置かれた棚があって、その間の通路の先が、小上がり席(4人卓×2)になってた。

席に座ると、店主が客席側に出てきて、棚のところで、お茶を入れて運んできてくれた。さらに、保温釜と冷蔵庫の中に準備してあった、小鉢、茶碗蒸しorゆで卵(どちらがいいですかと聞かれた)も出してくれた。

小鉢、茶碗蒸しはジャーの中でラップをかけた状態で保温されてて、そのラップをとりのぞいて運んできてくれた。

  

厨房の壁のメニューからどうぞと言われるものの、メニューがありすぎて迷ってしまった。

迷ってるうちに、30代位の男性が1人で入店してきて、慣れた様子でカウンター席に座り、すぐにサービスセット¥500を注文。そして立ち上がって、棚のところで自分でお茶を入れ、保温釜から小鉢と茶碗蒸しを取り出し、スープ保温器を開けて横のお椀に注ぎ、自分の席まで運んでた。常連客のよう。

この店は、お寿司全品に小鉢、茶碗蒸し、みそ汁が付いてて、お茶とともにセルフサービスになってるよう。

 

かなり豊富なメニューから、サービスセット¥500とにぎり10貫¥900を注文した。

注文後、常連客にならって、棚のところに、スープを取りに行くと、スープ保温器に準備されてたのは、味噌仕立てのアラ汁だった。

アラ汁は、うすはらなど、魚の脂の載った部分が多めに入ってて、豆腐、長ネギ、臭み消しに生姜なども加えて作ってあった。魚のダシがしっかり効いてて、チェーン店や割烹でさえも、めったに食べられない、コクのあるアラ汁だった。

茶碗蒸しは、卵が多めのようで、ちょっと堅めに蒸してあった。小鉢は、鶏の手羽中と大根の煮物で、甘過ぎないバランスのいい味付けで煮てあった。

ちょっと待ってると、お寿司が運ばれてきた。


 サービスセット ¥500

サービスセットは、にぎり8貫(玉子、イカゲソ、いか&青紫蘇2ヶ、さんま、ほたて、ブリ2ヶ)に、小鉢、茶碗蒸し、みそ汁、漬物が付いてた。

ブリは漬け(しょうゆ漬け)になってて、一見色が悪く見えるが、実は新鮮な状態のを漬け込んであるので、プリプリと身がしまってて、醤油味が程よく付いてて、食べやすく素材の味も生きてた。

イカゲソも鮮度よく活き活きとした食感。予め甘からいタレが塗ってあって、安価なネタながら、丁寧に手をかけてあって、さながら江戸前の高級寿司のような味わい。

イカは、青しそのさわやかな風味が効いてた。さんまは、しょうが&小ねぎがトッピングされてて、光り物特有のくさみなく食べられた。

たった500円なのに、信じられないくらいちゃんとした内容だった。500円でこれほど充実した寿司ランチの店は初めて。


 にぎり10貫 ¥900

にぎり10貫は、玉子、寿司海老、ブリ、いくら、イカゲソ、ほたて、さんま、まぐろ2ケ、いか&青紫蘇という内容。サービスセットもよかったけれど、こっちは、いろんなネタが味わえて、いくらもしっかりと入ってて、普通の寿司屋よりもずっとお得な値段でたっぷり握り寿司が食べられた。


海鮮ばらちらしを食べてみたかっったので再訪。



 海鮮ばらちらし ¥800

見た目は、いくら、たくあん、きゅうり、山ごぼうばかりが目立ち、ネタが少ないような印象である。しかし、その下には、まぐろ、イカゲソ、コハダ、サーモン、ブリ、などが散らしてあって、実はとても充実した内容のばらちらしだった。刻んだネタには、醤油がまぶしてあって、そのまま食べられるようになってて食べやすかった。

これに、セルフサービスの小鉢(豚肉入りおでん風煮物)、茶碗蒸し、アラ汁と漬物が付いてて¥800ならこれも豪華でお得だろう。


 よくばりセット ¥990

よくばりセットは、ミニ漬け丼+巻き寿司3本のセットで、巻き寿司は6種からカッパ、梅しそ、かんぴょうを選んだ。ミニ漬け丼は、ごはんの上に大きめのマグロ4ヶが載ってた。巻き寿司(細巻き)は、紫蘇やきゅうりがたっぷり入ってて、具沢山な細巻きになってた。ボリュームがたっぷりで、たくさん食べたい人向き。

店内も料理も派手ではないため目立たないが、鮮度のいいネタを、とっても割安価格で提供してる店。小鉢、茶碗蒸しも開店前にしっかり準備してあって、手がかかってる。店主1人で切るもりしてるからこそ、この値段が実現可能なのかも。ランチタイムは、近所の人で賑わってたのも納得。

1人で営業してるため、昼など客がたて込む時は、やや時間がかかることもありそう。サービスセット、にぎり10貫は、夜も同価格なので、時間のある時に行って、ゆっくり味わいたい。知る人ぞ知る、ワンコインランチの寿司店。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■寿司割烹『結城寿司』
 茨城県土浦市蓮河原新町7-8
 電話:029-824-4399
 営業時間:
  11:00〜22:30
 定休日:月曜日