牛久駅の南東約200mにあるカフェ。

高さの異なる2つの箱を連ねたような、モダンな黒い建物で、赤い扉と白い窓脇が映えてる。

店内にギャラリーを併設してて、以前は『ギャラリーカフェ』という店名だったよう≫人気blogランキング



交差点を挟んで、斜め向かいに8台分の駐車場がある。



店頭のランチメニューを見ながら、赤い扉を開けて店内へ。



中に入ると、左手は奥がキッチンに面したカウンター席、通路を挟んで手前中央にカウンター様の長テーブル、さらに手前窓側にテーブル(4人×2)が配置されてた。左手奥の、暖簾の向こう側がギャラリーになってる。



右手は、大きめのシート席になってて、個室っぽく使えそう。

店内は、扉や柱など黒を基調に、アクセントカラーとして、色相の異なる赤いテーブルが配置されてて、モダンな雰囲気。

30代位の女性に、いらっしゃいませと、にこやかに迎えられて、空いてる席に座った。

 
  

ランチメニューの、パスタ2種(週替わり)各¥1000を注文。ランチは、サラダ、スープ、デザート、ドリンク付き。


 サラダ&スープ

先に、サラダとスープが運ばれてきた。

サラダは、レタス、キャベツ、人参、コーン+白ごまの振りかけてあって、スープはかき玉風の滑らかなスープだった。


Aランチ:
 ベーコン&きのこのトマトソース ¥1000

ちょっと待ってたら、パスタが運ばれてきた。

ベーコン&きのこのトマトソースは、細めのスパゲッティが、厚切りベーコン、しめじと共に、トマトソースで絡めてあって、生バジルが散らしてあった。麺と具のボリューム感が割とあるパスタだった。


Bランチ:
 えび&れんこんの塩パスタ ¥1000 

えび&れんこんの塩パスタは、細めのスパゲッティが、れんこん、小海老とともに、塩味で和えてあった。れんこんが6〜7mmの厚切りになってて、歯ごたえがあって、あっさり塩味のちょっと和風感覚のスパゲッティになってた。


 デザート

デザートは、苦みが香ばしいコーヒーゼリーで、アイスクリームがトッピングされてた。


 コーヒー

この店のコーヒーは、80℃で入れてあるよう。ちょっと薄めのコーヒーで、苦みなく、マイルドな風味で、以前飲んだことのある有機栽培のコーヒーにちょっと似てた。小さなチョコレートケーキが添えてあった。


 紅茶

紅茶は、小さなチョコレートケーキを添えて、ポットで運ばれてきた。

パスタは、黒いシャツを着た30代位の男性が運んできてくれて、この人が店主で、調理も担当してるのかも。

併設のギャラリーは10帖程の四角い空間で、書&焼物が展示されてた。地域文化の振興目的で開放しているよう。

常連らしき女性客が多く、カウンター席で店主らと話ししてた男性客もいた。おしゃれでゆったりでき、千円でパスタにサラダと本格的コーヒーが付いてるので、優雅なランチが楽しめる。この地域の人気のカフェのよう。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

自家焙煎珈琲『サイトウコーヒー』
 茨城県牛久市南1-3-13
 電話:029-872-8951
 営業時間:
  10:00〜17:00
 ランチ11:00〜15:00
 定休日:月曜+不定休あり
     店内禁煙