土浦市にある小さな中華料理店。

アイボリー色の寄棟造りの2階建て。店頭には、脇に出前機付きのバイクやおかもちがあって、出前もしてるよう。

路地の奥まった場所にあって、知る人ぞ知る地元の店のよう≫人気blogランキング



以前記事にした『入清そば』のわずか40m奥にある。

ラーメンと書かれた赤い幟を見つけたので、立ち寄った。

サッシ扉が2つ並んでる。左側の赤い暖簾のかかってる方が、店の玄関。右側は、厨房側のサッシとブラ。



店内はとてもコンパクト。右手が厨房の小窓に面したカウンター席、通路を間に左手窓際にテーブル席になってて(4人用×2)、その奥に小さなお座敷席がある。

50代位の女性にいらっしゃいませと、迎えられて席に座った。厨房では店主らしい、同年代くらいの男性が働いてた。夫婦で切り盛りしてるらしく、家庭的な雰囲気。

 

チャイニーズ中心で、かつカレーめん、という珍しいメニューもあった。カレー味が得意のよう。

メニューから、ラーメン¥450、かつ丼¥700、ピーマンと肉の細切り炒め定食¥1000などを注文。

 

店内には、陳健一と一緒の写真や、常陽新聞に掲載された記事などが掲示されてた。


 ラーメン ¥450

・麺…ウエーブした細麺
・スープ…油分控えめ、背脂なし
・具…焼豚、メンマ、なると、のり、ねぎ

ラーメンは、シンプルな内容で、昔懐かしい味。


 たんめん ¥550

たんめんは、作りたての熱々で、大きめの丼で運ばれてきた。

ウエーブした細麺の上に、炒めた具(豚肉、しいたけ、白菜、にんじん、もやし、ニラなど)が多めに載ってた。強火で炒めた野菜は食感がよく、ニンニクとごま油の風味が効いてて、具材はシンプルなのに、味わい豊かなタンメンに仕上がってた。


 ぎょうざ ¥350

餃子は、やや小ぶりのが5ヶ、ちょうどいい焦げ目を付けて焼いてあった。皮がややしっとりとしてて、食べやすかった。


 チャーハン ¥550

チャーハンは、ごはんと一緒に、焼豚、玉子、ねぎ、なるとが炒めてあって、家庭で作るチャーハンとは一味ちがう、香ばしいチャーハンだった。


 かつ丼 ¥700

カツ丼は、揚げたてのトンカツが玉ねぎが、甘辛いダシと卵でとじてあった。卵白の部分がうっすら半熟が残る位にとじてあった。丼物なら、半熟より、生卵っぽさのないこの位のとじ加減の方が、私は好き。ダシの味が甘すぎずちょうど良く、見た目よりボリュームがあった。


 マーボー豆腐定食 ¥800

マーボー豆腐は、浅鉢にたっぷりめによそってあって、ごはん、みそ汁、漬物が付いてた。

アンは、挽肉や長ネギ入りでとろみ滑らか。辛さマイルドで、食べやすかった。


 ピーマンと肉の細切り炒め定食 ¥1000

ピーマンと肉の細切り炒めは、形よく細切りされた、豚肉、竹の子、ピーマンが軽くとろみお付いたタレを絡めて炒めてあって、ごはん、みそ汁、漬物が付いてた。

オイスターソース風味が高級中華って味わいで、ごはんにぴったりのおかずだった。

店主は、料理をしては自らバイクで出前に行ってた。町に古くから馴染んでる食堂のよう。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■『ゆうき食堂』
 茨城県土浦市中央2-3-16
 電話:029-824-6677
 営業時間:
  11:00〜15:00
  17:00〜20:00
定休曜日:月