土浦市神立にあるジンギスカン食べ放題の店。神立駅の1.2km程西にある。

丸みを帯びた緑色の8角錐形で、特徴ある建物。北側の玄関前に、2台分の駐車スペースがあった。

つくば市の『札幌ジンギスカン 綿羊』で働いてた人が、平成19年にオープンした≫人気blogランキング



国道6号の中貫工業団地入口交差点から東に2km進み、東レの工場を過ぎたところで、北に少し入ったところにある。

カスミ系スーパー「FOOD OFFストッカー」の道を挟んで西隣にある。



玄関入ると、左手〜中央が厨房になってて、ぐるりと3/4周するように、厨房に面したカウンター席と、通路を挟んで、外周に添って、テーブル席&小上り席とになってる。

店内は床&壁が木で造られてて、素朴な山小屋orログハウスのような雰囲気。天井は5m程もありそうな程高く、いちばん高いところにある天窓4つから、光が差し込んでる。

いらっしゃいませ、と30代位の女性に迎えられて、席に座った。奥の厨房で働いてた、30代位の男性が店主で(壁に顔写真入りの記事が掲示されてた)、夫婦で切り盛りしてるよう。

  


ランチメニューから、ぢんぎすかん&タラバガニのクリームコロッケ¥1080、土浦ぢんぎすスープカレー¥1100を注文。


 スープ

先にスープが運ばれてきた。

キャベツなどの野菜の入った、ミネステローネ風のスープだった。

ちょっと待ってたら、オレンジ色のトレイで料理が運ばれてきた。



土浦ぢんぎすスープカレー ¥1100

土浦ぢんぎすスープカレーは、中サイズの浅鉢に多めによそってあって、ライス、サラダ、れんこん(酢漬け風)が付いてた。

土浦カレーグランプリで優勝した料理とのこと。独特のスパイシーさのあるルーで、ラム肉(骨付き、骨なし)がたっぷり入ってた。それに、温玉、グリルした野菜がトッピングされてた。7年前に食べた『綿羊』のスープカレーと似てるが、野菜や温玉と一緒に食べると、どことなく違ってるが、具沢山な食べ応えのあるカレーだった。


ぢんぎすかん
 &タラバガニのクリームコロッケ ¥1080

ぢんぎすかん&タラバガニのクリームコロッケは、この店の昼の定番らしいメニュー:ぢんぎすかんランチ¥880+タラバガニコロッケ1ヶが付いてるランチで、ライス、サラダ、小鉢、れんこん(酢漬け風)が付いてた。

ジンギスカンは、小ぶりな鉄板に、野菜(もやし、にんじん、ニラ)とその上にラム肉を載せ、甘めのタレがたっぷりめにかかってて、ジュージューという音とともに、油煙と香ばしいにおいが立ち上ってた。

タラバガニのコロッケは、ちょっと濃い色に揚げてあった。クリーミーというよりは固めの食感のコロッケで、トマトソースが添えてあった。


コーヒー、山ぶどうジュース

ランチはドリンク付きで、8種から選べた。


 デザート +¥200

+¥200で、デザートを追加した。一見するとアイスクリームしかないように見えるが、平らな容器の底のように見える部分が、平べったくなったはちみつプリンで、その上に、栗の粒粒感のあるアイスクリームが載ってて、黒糖風味のシロップがかかってた。

神立地区は意外に人口密度が高く、飲食店は種類も数も多い。ラム肉は、健康食として最近人気があるが茨城県南で食べられる店は少ない。ラム肉をお手頃価格で食べられて重宝する店。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

洋食ぢんぎすかん『ひつじの小屋』 茨城県土浦市神立中央3-19-6
 電話:029-833-2056
 営業時間:
  11:30〜14:30(LO14:00)
  17:30〜22:30(LO22:00)
 定休日:火曜日