土浦市の旧水戸街道近くにある小さな寿司店。創業20年になるそう。

店頭の空きスペースに2台駐車できる。

お手頃価格のランチがあると聞いて行った≫人気blogランキング



国道125号から西に入り、300m進んだ突き当たりにある。明るいレンガ色の屋根の2階建ての、1階部分に3軒並ぶ、真ん中の店舗。



店頭にランチメニューが掲示されてた。



店内は横幅が狭く、縦に細長い。正面奥へと1人がやっと通れる程の幅(50〜60cm位)の通路が伸び、この通路の右手が、レジとその奥が厨房に面したカウンター席、左手が卓が一列に配置された小上りになってる。

昭和を思わせるクラッシックな雰囲気。冷房と扇風機を併用し、扇風機の風により風鈴の音色が店内に響いてた。



カウンター内で調理してた、頭に豆絞りの手ぬぐいをキリッと巻いた60代位の男性が店主のよう。調理の手伝いと接客は、2人の女性(60代位の女性と30代位の女性)が行ってて、家族経営的な雰囲気。

いらっしゃいませと、迎えられ、こちらにどうぞと誘導された席に座った。

 
 

ランチメニューは、テーブルの上に置かれてた。通常の寿司メニューや一品料理メニューは、壁やレジ付近に掲示されてた。

夜のおすすめメニュー¥1800は、料理3品(刺身、揚物、焼き物)とお酒(ウーロン杯or生ビールなど)がセットになってて、予算内で飲み食いしたい人にはぴったりのメニュー。

カンター内で調理作業してる店主の後ろに、おすすめランチの内容が表示されてた。

メニューから、おすすめランチ:カレイの煮魚定食¥500を注文した。

あまり待たずに、トレイで料理が運ばれてきた。


おすすめランチ:カレイの煮魚定食 ¥500

煮魚定食は、煮魚はカレイ1尾分が、頭と尾を取った状態で煮てあった。まだほんのりと温かく、開店前に作ったばかりのよう。身がたっぷりめにあって、甘すぎないバランスのいい味で煮てあった。これに、小鉢(もやしの中華風和え物)、ごはん、みそ汁、漬物が付いてた。¥500円とは思えない充実ぶり。

ごはんは、丸いおひつ風の器にたっぷりよそってあった。最初は堅めに感じたが、食べ進むに連れて、余計な水分なく、ふっくら立体的な食感がここちよく、さすが寿司店のごはんって感じ。

この近隣に勤務してる、男性客、女性客などが、1人やグループで入店してきて、正午前から店内は賑わってて、知る人ぞ知る人気店のよう。

常連風の男性客は、おすすめランチを注文してる人も多く、慣れた様子で、ご飯少なめにとか、自分の食べるに合わせて注文してた。こういう注文の仕方って、無駄が抑えられ、客にとっても、店にとっても、地球にとっても良く、合理的。

何度か行ってみた。


おすすめランチ:さんま天ぷら定食 ¥500

別の日のおすすめランチは、さんま天ぷら定食だった。開いたサンマが、青のり入りの衣で、油切れよく揚がってて、たっぷりの大根おろしが添えてあった。包丁で切ってあるので、食べやすかった。これに、小鉢(わかめ&きゅうりの酢の物)、ごはん、みそ汁、漬物が付いてた。

地味だが、和食の原点をしっかり抑えてあり、満足できた


ランチ:にぎり寿し ¥750

にぎり寿しは、握り7貫(マグロ、イカ、サーモン、すし海老、タコ、玉子、コハダ)+かっぱ巻4ヶで、これにみそ汁、ヨーグルト(ブルーベリーソース掛け)が付いてた。

酢飯は、いじりすぎてないので、表面にべたつきなく、いい状態。酸味がやわらかで、食べやすかった。コハダは、酸味が程よく、自家製のよう。

高価格のネタはないので地味だが、値段の割にボリュームがあり、日常的なランチにぴったり。


ランチ:ちらし寿し ¥750

ちらし寿しは、マグロ、イカ、サーモン、すし海老、タコ、玉子、コハダ、たくあん、かまぼこ、れんこんが、青しそ、わさび、ガリを添えてカラフルに盛付けてあって、これに、みそ汁、ヨーグルトが付いてた。


ランチ:海鮮どん ¥980

海鮮丼は、マグロ、イカ、サーモン、鯛?、有頭海老、いくら、玉子が、きゅうり、青しそ、わさび、ガリを添えて盛りつけてあって、少し高級感のある内容だった。


ランチ:うどん&すしセット ¥690

うどん&すしセットは、すしが3種(ネギトロ丼、鉄火丼、にぎり寿し)から鉄火丼をチョイス。

うどんは、作りたての熱々。コシのある太麺&色のやや濃いめのつゆで、かまぼこ、わかめがトッピングされてて、天玉&が長ネギ添えてあった。鉄火丼は、すし飯の上に、マグロ赤身が載ってて、たっぷりの切り海苔が散らしてあった。


ランチ:天どん定食 ¥750

天どん定食は、注文時、ちょっと時間がかかりますが…と言われた。

少し待ってたら、トレイで運ばれてきた。

丼に、多めのごはんがよそってあって、その上に、少し濃い色のタレの絡んだ天ぷら(えび、きす、なす、かぼちゃ、ピーマン)が載ってた。カラッと揚がった天ぷらと、ほんのり甘口のタレ、ごはんとの相性よく、ボリュームたっぷりで、しっかり食べたい男性にぴったり。



 よし富寿司 ¥2000

カウンター上部に表示されてた、よし富寿司も注文してみた。

大きめの四角皿に、握り8貫(トロ、赤身、イカ、鯛、玉子、すし海老、ウ二、イクラ)+手巻き(鉄火)1ヶがきれいに盛付けられてて、みそ汁が付いてた。ウニの鮮度よく、満足できた。


 コーヒー

食後には、コーヒーが付いてる。

昼でも予約客で込み合ってる事も多い。単に安いから流行ってるのではなく、しっかりした寿司の技も堪能できた。席と席が近いが、客同士が片寄せ合ってる雰囲気も何だかここちよく、人と人との距離が近く、助け合ってた時代の良さが感じられる庶民的な寿司店。お手頃価格でボリュームがあるので、近所の人に人気があるのも納得できる。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■寿司『よし富』
 茨城県土浦市大手町5-16
 電話:029-826-5133
 営業時間:
 定休日:
   第1、3日曜日
   第2、4土曜日