牛久市の居酒屋。牛久駅西口から250mと近い。

純和風の2階建てで、平成21年に改築したばかりのまだ新しい店。

平日はお得なランチがあると聞いて行った≫人気blogランキング



国道6号の牛久市役所入口交差から、西に入ってわずか50mの場所にある

玄関のある北側と、東側との2カ所に看板が掛かり、国道6号から見える。

建物脇が8台分の駐車場になってた。

 

玄関周囲は、細かいひび割れのある土壁&木製格子戸になってて、古民家っぽい風情。

扉の脇に日替わりランチの内容が掲示されてた。



2重になってる玄関扉を入ると、民芸調の店内は、正面〜2階へと蹴込み板なしの透かし階段伸びてて、この右手が広めの厨房とそれに面したカウンター席になってた。



階段の左手は、小上がりになってて、(4人卓×2)の部屋がいくつか並んでる。

接客係の女性に、いらっしゃいませと迎えられて、空いてる席に案内された。喫煙の有無は聞かれなかった。



日替わりランチは、AセットとBセットの2種各¥980。周囲の客はほとんどがこれを注文してた。

 

グランドメニューもかなり豊富。居酒屋だけでなく、夜もしっかり食事がとれそう。

少し待ってたら、トレイで料理が運ばれてきた。


 日替わりランチ:Aセット ¥980

日替わりランチ:Aセットは、料理3品(刺身盛り合わせ、豚バラ大根煮、帆立串カツ&かわはぎ唐揚げ)みそ汁、漬物が付いてる定食だった。

刺身は、かつお、マグロ、はまち、鯛、アジなど5点盛り。豚バラ大根煮はちょっと甘めの味付けで、スナップエンドウが添えてあって彩りよく、ほんわか温かくて食べやすかった。帆立串カツは、玉ねぎを間に挟んで油切れよく揚げてあって、かわはぎは唐揚げ粉風の衣を付けて揚げてあって調味なしでもしっかり味が付いてて、揚げ物の脇にはスパサラが添えてあった。

ごはんは、中丼にたっぷりめによそってあって、みそ汁はあら汁で、リッチな内容だった。


 日替わりランチ:Bセット ¥980

日替わりランチ:Bセットは、料理3品(刺身盛り合わせ、海老フライ&ヒレかつ、冷や奴)に、ごはん、みそ汁、漬物が付いてる定食だった。

刺身は、かつお、はまち、鯛、アジなど5点盛り。海老フライは、やや衣大きめながら、海老の身はしっかりしてて、ヒレかつ2ヶは柔らかでカラッと揚げてあった。冷や奴には、ねぎ、かつおぶし、ショウガがトッピングされてて、充実のランチだった。



 地鶏とろとろ親子丼 ¥800

通常メニューの地鶏とろとろ親子丼は、蓋付きの丸重に入ってて、みそ汁、漬物が付いてた。

蓋を開けると、とろとろと言うよりは、しっかりめにとじてあって、半熟の親子丼が苦手な私にはよかった。玉ねぎ入りで、ほんのり甘めのダシ&味付けになってて、三つ葉、のりがトッピングされてた。

見た目よりボリュームがあって、お腹いっぱいになった。



 とまとメンチカツ定食 ¥980

とまとメンチカツは、味自慢と書かれてて、この店の名物メニューのよう。

大きめの和皿に、食べやすいよう半分に切られたメンチが4ヶが、生野菜、スパサラ、レモン、マスタードを添えて盛りつけられてて、これに、温泉玉子(or納豆)、ごはん、みそ汁、漬物が付いてた。

とまとメンチカツは、ランチョンミート風の平べったい肉&チーズをフレッシュトマトで挟んで、パン粉を付けて揚げてあった。トマトが加熱によって、熱々ジューシーになってて、トマトが主役のさっぱりとしたフライになってた。チーズと一緒に、ミートソースも挟んであるようで、ソースなどの調味料を使わなくてもちょうどいい味加減になってた。

実は私はメンチカツは、脂っぽすぎて苦手なのだが、これなら大丈夫。トマトとメンチカツの組み合わせが意外だが、絶妙の組み合わせかも。味自慢とあったのは伊達じゃない。

ランチは、刺身と揚げ物がたっぷりで千円以下で、おじさんたちの夢のランチだが、60代位のおばさまグループも盛り上がってた。牛久駅からも近く、地域の人気店なのは納得できた。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

味処『こまつや』
 茨城県牛久市田宮町184-8
 電話:029-872-0873
 営業時間:11:30~14:00
      18:00~24:00
 定休日:日曜日
   (土祝の昼は休み)