つくば駅から100メートルの至近にある居酒屋。ランチもあるが意外に目立たない。

「はい、よろこんで」の合言葉で注文を受ける、『庄や』グループの店。(株)大庄が30年以上前から営む。

2008年夏、つくば駅至近にオープンしたダイワロイネットホテルの付帯施設として、その2階に出店。宿泊客のための朝食として、朝7時からは和食バイキングを提供している≫人気blogランキング

『庄や』グループは、
1968年、東京都大田区で若鳥焼「とき」として開業。
1973年、千代田区に大衆割烹「庄や本家店(庄や1号店)」を開く。
1976年、「有限会社大庄」を設立し、「日本料理専門学校」「株式会社やる気茶屋」などを設立。
1989年「株式会社大庄」となり、居酒屋「949」チェーンの「株式会社イズプランニング」買収し、店舗数を拡大。
1997年東京証券取引所第二部に株式上場。

大衆割烹「庄や」「やるき茶屋」「日本海庄や」を中心とした、9業種の飲食店チェーンを展開し、直営店・FC含めると965店舗(平成22年12月末)を有する。



10階建て、建物の2階にある。1階には、三井住友銀行、レストラン『ブラッセリー ドゥ・プラ』があって、2階には、ホテル入口と、『白木屋(居酒屋)』『おいで屋(ホルモン)』と『庄や』がある。

三井住友銀行の上にあり、2階のやや奥まった位置にあるホテル玄関の左手にある。すごく便利な場所にあるが、見えにくいので、認識されにくい。

つくば駅の改札からは近いが、地下にある駅から行くと全く気がつかない場所にある。つくばQ'tの北側の駐車場からの歩道橋からは、三井住友銀行2階の外通路を通ると、店に近い。



店頭にランチメニューが掲示されてた。



店内は意外に広い。正面が木&ガラスの胸丈程の衝立で大きめに仕切られたテーブル席(2人用テーブル×14)になってて、左手が厨房とカウンター席(厨房内は見えない)になってた。

接客係の女性にいらっしゃいませと迎えられて、店内奥右手にあるボックス風のテーブル席へと案内された。



  
 

メニューは意外に種類豊富。日替わり定食¥680と、お魚定食¥780を注文した。

ちょっと待ってたら、料理が運ばれてきて、ごはんとみそ汁はお替わり無料と言われた。


 日替わり定食:コロッケ ¥680

日替わりのコロッケ定食は、大皿にコロッケ3ヶが、キャベツ、トマト、マヨネーズを添えて盛付けてあって、これにごはん、みそ汁、小鉢(冷や奴)、漬物が付いてた。

コロッケは、小判型の冷凍コロッケながら、サクッと揚がってて、みそ汁は、いろんな具が入ってて庶民的で、ごはんはふっくらと炊けててた。コロッケは派手さは無いが、意外に充実感があるメニュー。


 お魚定食:鯛の塩焼きと煮物 ¥780

お魚定食は、一匹ものの鯛の塩焼き、厚揚げの煮物、にごはん、みそ汁、小鉢(冷や奴)、漬物が付いてた。鯛は鮮度よくボリュームがあった。厚揚げ煮は多めで、これだけでもおかずとして十分な量があった。しっかり満足できた。

後から入店してきた若い男性が、常連っぽく迷わずに豚炙り焼丼を大盛りで注文してたので、再訪した。


 豚炙り焼丼 ¥680

豚炙り焼丼は、ごはんの上に、韓国風の甘辛い味付けのタレを絡めて炙った豚バラ肉が載ってて、これに、生卵、みそ汁、小鉢(切り干し大根)、漬物が付いてた。

バラ肉は、少し厚みがあって、ニンニク風味の効いた、ちょっと濃いめの味付けで、生卵を入れて崩しながら食べると、辛さと味の濃さが中和されたマイルドな味になった。


 特上海鮮丼 ¥1000

特上海鮮丼は、酸味控えめの温かい酢飯の上に、5〜6種の刺身(まぐろ、たこ、ブリ、サーモン、トビウオなど)が各2切れ、いくらが載ってて、青シソ、わさび、が添えてあった。一切れが非常に大きく、ボリュームがあった。



店の前から筑波山が見えた。その脇に、つくば中央公園のエキスポセンターのロケットが見えた。

『庄や』に入るのは、何十年ぶり。ランチだったせいか「はい、よろこんで」の合言葉は聞かれなかったが、新宿3丁目の店舗によく通って、定番料理の鶏の唐揚げを注文してた頃のことを思い出した。

しっかり昼食を食べた後、つくばQ'tを見て、筑波西武で買い物をした。つくば駅の近くにあるのに目立たないので隠れ家的な店になっているが、買い物や所用のついでにランチをするのに、とっても便利な店。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

くつろぎの里『庄や』
 茨城県つくば市吾妻1-5-7
 ダイワロイネットホテルつくば2F
 電話:029-852-5701
 営業時間:7:00~24:00
 モーニング…7:00~10:00
 ランチ  …11:00~15:00
 ディナー …15:00~24:00
 定休日:無休