新潟市にある炭火焼きグリル&ワインが看板メニューのビストロ。2010年4月25日オープン。

箱型の黒い板外壁のレトロモダンな建物で、外壁に白く店名が書かれ、親しみやすい。

本町市場近くのメインストリートの鏡交差点にあり、買い物がてら立ち寄るにも便利≫人気blogランキング



昨年11月の写真だが、並木の紅葉が綺麗で、写真を撮ってた通行人もいた。

この店舗を施工した(株)ビーエム企画は、新潟市内の様々な飲食店を手がけており、御米屋東堀佐々木も施工した。ここは以前コンビニだった建物を改装したよう。

 

店頭にメニューが掲示され、その脇の階段を3段程上ったテラス席では、春や秋などには開放的な雰囲気が楽しめそう。

酒樽脇の大きな木の扉が入口になってた。

入ると、正面奥へと幅1m程の通路兼待ち合い風の空間が伸び、右手のガラス窓で仕切られた向こう側が広めの厨房になってた。

 

ガラス越しに、鍋がぐつぐつと煮えてて、男性シェフが忙しそうに調理してた。活気溢れる厨房を覗きながら2〜3m進むと、その先が広めの客席になってた。

接客係の女性にいらっしゃいませと迎えられて席へと案内された。



オープンキッチンに面した客席は、丸や四角いテーブルが配置され、大きな窓(開口部)には縦格子があって光と視線を適度に遮ってて、和洋折衷かつ開放的すぎないカジュアルな雰囲気。



この一角の奥には、落ち着いた雰囲気の個室があった。

 

ランチメニューから、アマトリチャーナ¥780と村上牛のハンバーグランチ¥1280を注文した。


 パン、サラダ、スープ

先に、前菜風に赤皿に載せた、パン、サラダ、スープが運ばれてきた。これは、全てのランチに付いてるとのこと。

かわいい四角形のパンは、ふんわりと温かく、サラダにはオレンジ色の甘口のドレッシングがかかっって、スープはあっさりめのポタージュで、これだけでもミニランチのよう。


 アマトリチャーナ ¥780

アマトリチャーナは、作りたての熱々。中〜やや細めのスパゲッティが、ベーコン、玉ねぎと共に、トマトソーで絡めてあって、ニンニク風味とピリッと辛みが、ベーコンの風味を引き立ててた。


 村上牛のハンバーグランチ ¥1280

村上牛のハンバーグは、表面を軽く焼いてあって、中は肉がまだ赤いレアの状態で鉄板に載って運ばれてきた。

鉄板のペレット(円柱型に出っ張った部分)で、自分の好みの焼き加減にして食べるとのこと。

村上牛100%とのことで、玉ねぎやつなぎの類は全く入っていない、粗挽きの牛肉だけのハンバーグで、肉に含まれてる空気にふんわりジューシーな食感ながら、ステーキっぽく牛肉らしさが味わえるワイルドなハンバーグだった。肉が好きな男性に受けそう。付け合わせの野菜が4種添えてあった。

厨房では、男性スタッフが大きなボールの中で、挽肉を両手で練った後、重さを量って1個づつの大きさのハンバーグに分けてる作業をしていて、既製品や冷凍品ではなく、客席から見える所で作ってて安心した。


 デザート

食後、この時はクーポン券で無料だったデザートが運ばれてきた。スポンジ&ホイップ、チョコレートケーキ、抹茶とケーキの3種盛りで、少しずつ数種を味わえてうれしかった。


 ドリンク 

付いてた食後のドリンクは、コーヒー(ホットorアイス)、カフェラテ(アイス)、アイスティー、オレンジ、ウーロン茶、コーラ、ジンジャーエール、ジャスミン茶から選べた。ホットコーヒーとカフェラテをチョイス。

アマトリチャーナは、¥780のランチだったのに、盛りだくさんな内容で、満足度が高かった。

メインストリートにあり目立ち、ランチはお手頃価格で内容は充実していた。本町市場がある古町の中心部に近く、おしゃれな店なので、買い物がてらにちょっとランチするのに便利。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

 

■ビストロ&居酒屋『椿』
 新潟県新潟市中央区花町1981-1
 電話:025-226-7007
 営業時間:ランチ…11:00~15:00(LO14:00)
      ディナー…17:00~23:00(LO22:00)
       金土祝前日~24:00(LO23:00)
 定休日:12/31