つくば市の研究学園駅近くの、しゃぶしゃぶ&すき焼きの店。2009年9月オープン。

竹塀をあしらった純和風の大きめ平屋建てで、まだ新しい。

駐車場は共同で約60台分と広い≫人気blogランキング

経営する(株)どんは、1976年、前橋市に「ステーキのどん」の1号店をオープン。1990年に「しゃぶしゃぶどん亭」をオープンし、チェーン店化。2005年、日本で初めて「サラダバー」を導入したステーキチェーン『フォルクス』の筆頭株主となり、子会社化し、『フォルクス』の56店舗を『ステーキのどん』『しゃぶしゃぶどん亭』へ転換。

2008年、株式の買収により(株)吉野家ホールディングス(吉野家、京樽、はなまるうどん、カレーうどん千吉などを擁する)の連結子会社となった。



すし&創作料理『一幸(いちこう)』と玄関が向かい合わせに建ち、その間から筑波山がのぞく。



イーアスつくばの南を走る、片側2車線の広い道路に面して建つ。

TXの開通当初は、この辺りは建物もまばらだったが、最近はマンションや住宅が出来て、店が増え、ようやく町めいて来た。

 

玄関前には白地の暖簾が掛かり、日本料理店らしき高級感が漂う。店頭にランチメニューを掲示されてた。



入ると、左右両脇に靴箱があり、正面にレジと受付カウンターがあった。ここで靴を脱ぎ、靴箱に収めて扉の木札を取って上がる。

奥から出てきた女性に、いらっしゃいませ、と声をかけられ、喫煙か否かを尋ねられ、禁煙を伝えると、右手へ案内された。

 

玄関右のサラダバーの前を通って、その先へと案内されていくと、通路の両脇に、床の一段低いボックス風の席が並ぶ。



テーブル式と掘りごたつ式テーブルの中間のこの席は、見かけは良いが、座る時に段差があって、一連の動作がやや取りにく座りにくい。各席の間は、曇りガラスと柱で仕切り、閉塞感のない半個室風の造りで、ハンガーもあって、ジャケットやなどがかけられて機能的。



この他に、堀こたつ式のテーブルの置かれた個室もあって、人数に応じて宴会ができそう。

 
  
  

ランチメニューは、しゃぶしゃぶorすきやき定食が3種(豚¥880、牛¥980、特選牛¥1420の3種)と鍋膳メニュー¥790が6種、他に、しゃぶしゃぶorすきやきの食べ放題¥1980もあった。

アルツハイマーや狂牛病の疑いがあるので、私は米国牛はできるだけ避ける。また、薄切り肉だと、牛も豚も大差ないので、豚肉中心で注文した。

 

テーブルのIHヒーターに白い紙が敷かれ、その上の鍋と鍋に蓋をするように“おいしい玉子雑炊の召し上がり方”の書かれた紙が置かれてた。

少しして、接客係の女性は、ピッチャー風の容器を運んできて、ダシの準備をさせていただきますといいながら、紙をどかして鍋の中にダシを注ぎ、IHヒーターのスイッチを入れた。

ダシは水の中に昆布とゆず(破片)の浮かんだシンプルなものだった。

 

また、一緒に運んで来た、小鉢2ヶ&すり鉢(ゴマが入ってる)、タレ(ごまだれ、ポン酢)2種&薬味などをセッティングすると、初めてかどうかを尋ねられ、初めてと答えると、すり鉢のゴマはすって、そこにはゴマだれを入れて、薬味はポン酢に入れて使うよう、説明された。

その後、ガラガラ音がして手押しのワゴンで肉と野菜が運ばれ、しゃぶしゃぶ定食は、ごはん、うどん、中華麺のお変わりができます、と言われた。



豚ロースしゃぶしゃぶ定食 ¥880

豚ロースしゃぶしゃぶ定食には、直径30cmの金皿にきれいに盛付けられた薄切りの豚ロース肉(11枚位)、一回り小さいお皿に、白菜、えのき、水菜、マロニー、木綿豆腐、人参、極太うどんが盛られて、ごはん、漬物が付いてた。

ごまタレは、トロリと滑らか&まろやかなで、ポン酢は酸味が強すぎず食べやすかった。

思ったより、肉も野菜もたっぷりめ。ごはんなどが御代わり無料なの、牛肉にしたとしても千円以下で男性でもお腹いっぱいになれる。


 中華麺

しゃぶしゃぶしの途中、中華麺(無料)を注文した。ダシの中に全部一度に入れたが、伸びるかと心配で、1〜2分で食べたら生麺だった。10分以上茹でると、ようやくふっくらと食べ頃になった。

 

すきやきを注文すると、鍋→すき焼き鍋(ラード入り)に替えてくれて、割り下が2種(水&昆布、甘めの醤油)と、小鉢と生玉子が運ばれてきた。

ちょっと待ってると、肉と野菜が運ばれてきた。すきやき定食は、ごはん、うどん、生玉子がおかわりできますと言われた。



豚ロースすきやき定食 ¥880

肉は、しゃぶしゃぶと肉厚、枚数がほとんど同じだった。野菜は、白菜、水菜、玉ねぎ、長ネギ、ごぼう、木綿豆腐、しいたけ、あわ麩という内容で、しゃぶしゃぶとは内容が違っていた。

しょうゆ味なので、しゃぶしゃぶよりご飯に合い、たっぷり食べられる。


 うどん

途中、うどんを追加(無料)した。平麺で食べにくそうに見えたが、すき焼きによく合う。つい食べ過ぎてしまいそう。


 カキフライ鍋膳 ¥790

カキフライ鍋膳は、白菜を入れた甘口の醤油タレの中に、玉子を流し込み、卵とじ状になった上に、中くらいのサイズのカキフライ3ヶがトッピングされてて、固形燃料で加熱してる状態で運ばれてきた。

カキフライは、衣が厚めでボリュームがあった。ぱりぱりとした衣と、牡蠣の味が、ごはんのおかずにぴったり。下の白菜の卵とじは濃い味なので、みそ汁とか小鉢は付いてなくておかずの量は少ないが、ごはんが進んだ。


 豚チゲ鍋膳 ¥790

豚チゲ鍋膳は、絹ごし豆腐、キムチ、ねぎ、豚肉の入ってて、玉子を落として固形燃料で加熱してる状態で運ばれてきた。

甘めの味付けで、辛さは抑え気味なので、辛いのが苦手な人でも食べられそう。豚肉の量は多くはなかったが、お手頃価格なので気軽に食べられる。

お昼だったが、回りの席でも数組が食べ放題のしゃぶしゃぶを注文してた。その上に、別料金のランチサラダバー¥410を注文してる人が多かった。

ぐるなびのサイトからメールでクーポンを携帯に送ってもらって行ったら10%割引で(1月末まで)、しゃぶしゃぶランチなどが800円以下になった。

高級感のある真新しい店内で、お手頃価格でしゃぶしゃぶやすき焼きが食べられるのは嬉しい。特にランチメニューは千円以下で、1人前でも野菜の量たっぷりで、ごはん、麺類がおかわりできるので、しっかり食べたい男性にもよさそう。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

しゃぶしゃぶ・すき焼『どん亭』
 茨城県つくば市東平塚1187-186
  研究学園C30街区11

 電話:029-855-8821
 営業時間:11:00〜24:00
 ランチ:11:00〜15:00
 定休日:無休