茨城県龍ケ崎市の、釜飯をはじめメニュー豊富な和食処。

和風の平屋建てで、玄関脇に強火で炊いてる釜めしのイラスト入りの大きな看板が置かれてた。

広めの駐車場があり、店頭には送迎用のバスがあった。宴会場&送迎バスを完備してるよう≫人気blogランキング



関鉄竜ヶ崎線とほぼ平行に走る県道5号沿いにあり、道路脇に大きな看板がある。

しかし、なだらかなカーブを描きながら、分岐するY路路の手前にあって、自動車学校、ガソリンスタンド、コンビニなど、派手な看板が立ち並び、車で行くとこの店はあまり目立たない。



2重の玄関扉を入ると、すぐ左手がレジとその奥が厨房になってて、右手に、ゆったりとしたテーブル席と小上がり席があった。

いらっしゃいませと、接客係の女性に迎えられて、空いてる席に座った。

 
 

ランチメニューは11種あって、この他、釜めし、うなぎ、松花堂弁当、そば&うどんなど、常時メニューがいろいろ揃ってた。

ちょっと考えて、ランチメニューから天丼定食¥720、常時メニューから、特製釜めし¥1050、とり釜定食¥1000などを注文した。

20分程待ってると、料理が運ばれてきた。


特製釜めし ¥1050

釜めしの蓋を開けると、湯気と共に、お醤油の焦げた香ばしい匂いが立ち上る。

特製釜めしは、ごはんの上に、小えび、カニ、鶏肉、うずら玉子、きのこ類、竹の子など、具が多めに彩りよくトッピングされてて、ごはん茶碗、漬物、お吸物が添えてあった。

海老は、身が不透明で、ほっくりとした食感で、今時のPH調整材漬けの品ではなかった。カニも身がふっくらとしてて、具沢山のリッチな釜めしだった。

ごはんは少し濃い色で、しっかりめに味付けされてた。しゃもじで、混ぜつつ、ごはん茶碗に取り分けた。お焦げの鍋底のごはんまで、きれいにたいらげた。


とり釜定食 ¥1000

釜飯を定食ににすると、煮物&茶碗蒸しが付く。

とり釜めしは、色の濃いめのごはんの上に、2cm大くらいの鶏肉がたっぷり載ってる、シンプルな釜めしだった。単品だと¥650円とお得価格で、肉類の好きな男性向き。

煮物は、1口大の野菜(かぼちゃ、こんにゃく、いんげん、しいたけ、人参)が柔らかく煮てあって食べやすく、茶碗蒸しは作りたてで熱々だった。


五目釜めし ¥730

五目釜めしは、海老、鶏肉、竹の子、きのこ、三つ葉がトッピングされてて、特製ほどではないが、いろんな具が味わえた。

今時のラーメンと同じ値段で五目釜飯が食べられるのはうれしい。ラーメンも悪くないが、五目釜飯を食べるのも良さそう。


かき釜めし ¥850

かき釜めしは季節料理で、ごはんの色はほんのり薄めに上品に炊けてて、この上に牡蠣が5〜6ヶくらいトッピングされてた。熱が上手に通ってて、牡蠣の味がしっかり楽しめた。


ランチ:天丼定食 ¥720

ランチメニューの天丼定食は、天丼、漬物、吸物付き。

ごはんの上に、6点の天ぷら(えび、いか、きす、茄子、しいたけ、ししとう)が載ってて、ごはんは、たっぷりめで、天ぷらとごはんには、甘めのタレが絡んでて、お手頃価格なのに、しっかりボリュームがあった。


ランチドリンク(サービス)

お昼に来店すると、ランチメニューだけでなく、常時メニューにもドリンク付いてて、コーヒー、ウーロン茶、オレンジジュースから選べた。

釜めしって、炊きたて御飯を、マイペースにじっくり味わえて楽しい。心も体も温まって、これからの季節にぴったり。単品でもいいが、煮物&茶碗蒸しの付いた、釜めし定食にすれば、より満足できる。ちょっと時間があるお昼に、優雅に釜飯を楽しむのによさそう。おすすめ度7.1。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■釜飯・和食処
 『釜遊膳(かまゆうぜん)』店のHP
 茨城県龍ケ崎市川原代町
    3996-1
 電話:0297-64-7336 
 営業:11:00〜14:30
    17:00〜21:00
 定休日:月曜日